2018年12月14日、一般社団法人横須賀市観光協会の主催で行われた“シェンムー聖地巡礼視察ツアー”の模様をリポートする。

ゲームファンが思う横須賀とはどんな街だろうか

 突然だが、皆さんは神奈川県横須賀市という街にどのような印象を持っているだろうか。軍港、米海軍基地、『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』……。いろいろ思い浮かぶものがあるだろう。

 しかし、ゲームファンが思い浮かべるのは、1999年12月29日に発売された伝説的アクション・アドベンチャーゲーム『シェンムー 一章 横須賀』ではないだろうか。なぜならタイトルに横須賀と書いてあるから。

 やや強引かもしれない。

 なにはともあれ、本稿では、2018年12月14日、横須賀市観光協会により行われた“シェンムー聖地巡礼視察ツアー”の模様をリポートする。『シェンムー 一章 横須賀』にまつわる場所を巡り、街なかからシェンムーの面影を追い求めた行程を詳しく紹介しよう。

芭月涼は横須賀港から船に乗り、旅立った

 よく晴れた冬の日、京急線汐入駅に集合した我々は、まず“YOKOSUKA軍港めぐり”に参加することにした。これは、横須賀湾から海上自衛隊基地、そして米海軍基地を解説のアナウンスとともに見られるという珍しいツアーで、出発の波止場にはすでに玄風丸(芭月涼が乗る船)のような感じの遊覧船が待ち構えていた。

出航時は係のお姉さんが手を振ってくれる。出立時に両手を合わせて無事を祈っていた稲さんの姿を思い起こさせるようだ。
3台並んでいるのはかなり珍しいという潜水艦と、いま話題の“護衛艦いずも”。

 芭月涼もこの海風を肌で感じ、すこし不安な気持ちを感じながら香港へ向かったのだなあ……と感慨にふけっていると、倉庫街が見えてきた。このあたりが『シェンムー 一章 横須賀』でバイトをしていた港のモチーフになっているとのことで、なるほど、確かに、倉庫の扉には“アルファ貿易”と書いてあってもおかしくない。

港にはフォークリフト。フォークリフトの現代性についてこれまで考えたことはなかったが、時代が変わればフォークリフトも変わる。シルエットが曲線的で、現代的なデザインだ。

米兵が愛する肉汁たっぷりのバーガー

 船は香港には向かわず、小一時間で再び横須賀に戻った。12月の潮風にすっかり冷え切ったカラダを温めるべく、昼食のお店に向かう。

 そのお店は、店主が脱サラして始めたバーガー屋“ファニーベア”……ではなく、

 そのモデルとなったお店、ハニービー。この店の名物料理と言えば、

  “ハニービーバーガー”。ふかふかのバンズ、肉厚のパティ、シャキシャキのレタスにトマトの輪切りを挟み、手に持つとほかほかと温かい。全高15センチはあろうかという巨大なバーガーを食べるには作法がある。

 まず全体を裏返し、バンズをめくって現れるパティにマスタードとケチャップを思う存分振りかけたら、両手で上下にぎゅぎゅっと潰してから、かぶりつく。そうしないととてもじゃないが口に入り切らない。水兵さんが食欲のおもむくままに食べつくす、海の男のバーガーなのだ。


がぶり。外れそうなほどにアゴを広げて放り込む。焦げ目がつくまで鉄板で焼かれたパティは香ばしく、噛むほどに肉汁が溢れ出す。これが本場のバーガーなのか! アメリカ味。男子高校生でも腹いっぱいになりそうなボリュームは、きっと芭月涼を虜にしたに違いない。
店内には年代物のジュークボックスが鎮座。残念ながら故障中とのことで再生はできない。

いざ“聖地・ドブ板”へ。スカジャンとアーミーウェアが待ち受ける

レトロなフォントがかわいい看板。

 おなかいっぱいになったところで、いよいよドブ板通りへ向かう。ドブ板通り商店街では現在、“シェンムー聖地巡礼キャンペーン”として、対象の店舗で500円以上の買い物をすると、特製“シェンムーオリジナルコースター”がもらえるのだ。

第1期2018年12月4日~2019年1月11日は、『シェンムー 一章 横須賀』。トム、マーク、ゴローの暑苦しいトリオが最高だ。
第2期2019年1月12日~2月24日は『シェンムーII』キャラクター。秀瑛さん、芳梅、ジョイの美女トリオが華やか。
ドブ板通り商店街。ゲームとはかなり異なるが、なぜか『シェンムー』らしいムードを感じる。

 前述したハニービーもキャンペーン協力店となっているので、ドブ板を訪れたらどんどん食べてコースターを受け取ろう。ほかのキャンペーン加盟店をいくつか紹介する。

 コースタープレゼント協力店について詳しくは、キャンペーン公式サイト(https://www.cocoyoko.net/event/shenmue.html)をご参照いただきたい。

昭和を感じさせる街の定食屋 一福

庶民的な価格とほっとする味わいがうれしい“一福”。稲さんの朝食をほうふつとさせる素朴な“焼き魚定食”がオススメだ。
気さくなご主人。『シェンムー 一章 横須賀』の舞台になっていた1980年代のドブ板について「米軍の空母が寄港しているときは、人波もすごかった。当時はサイレンが鳴ったらすぐにフネに戻らなくちゃいけなくて、海軍さんは港から離れられなかったけど、いまはスマホがあるからみんな東京まで遊びに行っちゃう。だから当時に比べると人は減ったよね。昔はドブ板で軍人がケンカしようもんならMPがすっ飛んできて、檻のついたクルマに入れられて運ばれていくんだ。まぁ、活気があったよね(笑)」。
※画像はイメージです。

原崎望が待っている生花店 花松

ビルの一角に入る生花店“花松”には……
花屋の娘・原崎望(声:安めぐみ)の立て看板が! 実物大で見てもかわいい。店主に1980年代のドブ板について話を聞く。「やっぱりいまより活気はあったよね。このビルの中にもゲームセンターがあってさ。みんな遊びに来ていたよ。(原崎望について)あの看板の子? かわいいね……うちの看板娘のほうがかわいいけどね(笑)」。看板娘にぜひ会いに行ってみよう。

海軍払下げ品がミッチリ! ミリタリーショップカキタ

 米海軍の放出品が数多く並ぶミリタリーグッズショップ“カキタ”は、キャラクターの立て看板があるように、ゲーム中に出てくる“クリタ”のモデルとなった店だ。

いつもイカしたポーズで立っている栗田さん。
店内には米海軍で実際に使われているフライトジャケットなどがところ狭しと並んでいる。
涼が着用しているようなレザージャケットや、もともと海軍の下士官が着る服だったピーコートも並ぶ。ピーコートがボタンを左右どちら側でも止められるようになっているのは、風向きに応じて寒くない方で止められるようにするためだったんだってさ。へえ。

 ちなみに、カキタでは扱っていないものの、横須賀で生まれた独特のファッションアイテム“スカジャン”を扱う店も近隣には多く並ぶ。

“ウォータードラゴン”っぽいたたずまいのお店MIKASA VOL.2。
ゲーム中で“三刀”について教えてくれるマリー商会の糸井さんと、ドブ板通りに実在する大将ミシンししゅう店。(※写真提供:横須賀市)横須賀といえばスカジャンだ。
街なかで見つけた、トラの刺繍が入ったスカジャン。

 ゲーム中で主人公の芭月涼はトラの刺繍が入った革のジャケットを着用しているが、厳密に言うと刺繍入りの革ジャケットというのは街のどこにも売っていない。なぜなら革ジャケット(軍用品)と刺繍は、それぞれ別個の文化だからだ。当時の開発陣は、本来はスカジャンに入れる刺繍と、海軍の革ジャケットを組み合わせることで、“横須賀”という街の特徴をあの一着に閉じ込めたのだ。たぶん。

近くにタトゥーショップもあるようだ。チャーリーはいるかな?

お土産もの&フォークリフト顔出し看板でインスタ映え 艦マニア

 しらせペンギンソフト(左/400円)と迷彩ソフト(右/380円)が人気のお土産ショップ“艦マニア”も、『シェンムー』ファン必見のお店だ。なぜなら……

 芭月涼の立て看板と、フォークリフトの顔出しパネルがある。世界広しと言えども、フォークリフトを運転している風に写真が撮れる顔出しパネルは唯一ではないだろうか。

顔出しパネルを実際に使うとこんな感じ。かなり運転している感が出る。ちなみに、フォークリフトの運転免許はおよそ40000円くらいの費用で取得できるようです。いっそ取ろうかな……。

坂の上にあります 諏訪大神社

“山ノ瀬神社”っぽい諏訪大神社には、巡礼記念のスタンプが置いてある(※天候によって置いてない日もあるとのこと)。激レアなフォークリフト柄のスタンプを手に入れよう。

なんでもない駐車場も『シェンムー』の聖地に見える

「ここなら、練習できそうだな」。テンションが上がってきたため、思わず裡門頂肘の練習をする。ところでドブ板はつねに海からの風が吹いてくるのか、寒い。この日もダウンジャケット+マフラーという防寒装備で取材に望んだが、それでも寒かった。涼が着ている革ジャケットというのは横須賀の冷たい風を防ぐ実用品なのだろう。
単なる自販機での買い物も、ドブ板でやると特別な意味を帯びる。一気に飲み干して、なぜか缶をにらみつける一連のムーブを再現したかったが、“あったか~い”おしるこを一気飲みするのは無理だった。熱いしあずきの粒が残る。

舞台は倉庫街へ……

 続いて、涼と望も通ったであろう国道16号を通って、倉庫街へ向かう。この倉庫街は、ふだんは入れないところを取材ということで特別に立ち入りが許可された場所だ。そんな貴重な倉庫の写真をどうぞ。

倉庫である。押しても引いても倉庫である。それでも横須賀に建つ倉庫というだけで、『シェンムー』プレイヤーにとっては特別な感じがする。中にはきっと中国の美術品とか謎のツボとかが置いてあると思う(置いてない)。※一般の方は入場できません。

 この倉庫の近くには、門のような形が特徴的な“ガントリークレーン”が、2013年まで設置されていた。

(画像提供・横須賀市)

 うわーこれ、見たことある! 涼がこの近くでお弁当食べたりしていたよ!

ガントリークレーンを見上げて食う弁当はうまい。美人なお弁当屋さん、ホクホク弁当のひさかさんから買ったと思うとなおうまい。
撤去されてしまったのが惜しい。港の雰囲気だけを楽しもう。
倉庫街と言えば旧第8倉庫だ。警備員相手のスニーキングミッションを思い出す。生来の方向音痴でまず倉庫の場所がわからない。警備員の動きかたも把握できない。死ぬほど失敗した。思わず警備員がいないか覗き込む記者。

夜のドブ板は雰囲気が一変する

 そんなことをしているうちに日が沈んだ。「ドブ板は、昼と夜とでは雰囲気がガラリと変わって、まったく違った表情を見せるんです」と、市観光課の古崎さんは語る。なるほど、ゲームでも確かに19時で短いムービーがムーディーなBGMとともにインサートされ、ドブ板は“夜モード”になる。

米兵たち憩いの場(バ)ーを巡る 

 ドブ板通りには、短い商店街の中に、乱立と言っていいほどバーが多く建つ。その中の何軒かを訪れた。1軒目の“BUFFALO”。

客の多くは外国人。
壁には隙間がないほど落書きや写真がびっしりと貼られていた。ダーツがあったので思わず矢を手に取る。写真では伝わらないが、主観視点だとかなり『シェンムー』感があった。
壁どころか天井にいたるまで、1ドル札が貼り付けられている。「ここに来たという証に米兵たちが貼って、サインをしていくんです」のだそうだ。

 バーである。「ハッハ、スクーゥボーイにはミルクがお似合いだぜぇ↑」と言われたい気持ちが胸の中に生まれる。もちろんワイワイガヤガヤと騒いではいるが、ガラの悪い人はいない。

仕方がないので(?)コンビニで牛乳を買ってきて飲む。※通常、お店ではミルクは販売していません。
2軒め、george’sにはビリヤード台も置いてあり、ゲーム中に登場するバー“MJQ”を思い出さずにはいられない。「ヘイボーイ、ゲームをしないか? ワンショットで落としたらユーの勝ち↑」と声を掛けられるかなと身構えたが、そんなことはなかった。外国のボトルビールが数種類揃っており、お客さんの半分以上が外国人ということもあって、非日常感がすごい。
キューを持つ芭月涼の姿は、素人とは思えないほどサマになっている。
3軒目のBAR CANTINAには、“どぶ板コーク”というカクテルが。飲んでみると、なんとも独特の風味。店内には、ダイヤル式の公衆電話も。おわーピンク電話だ! 懐かしい……。試してないが現役と思われる。

そんなこんなで横須賀の夜を満喫していると……

「ん? もうこんな時間か……」。

 バーを3軒ハシゴすれば、それはもう足取りもふらつき千鳥足になる。交通標識にぶつかりそうになるところをQTE気分で避けつつ歩く。気づけば夜も更け、取材の終了時間となった。そのとき、空から白くチラつくものが……。

 雪だ!

 写真に映らないほど細かな粒だったが、間違いなく、雪が降り始めた。これが本場のマジックウェザーか!(※『シェンムー 一章 横須賀』に実装されていた、天気が自然に変わっていくシステム)

 稲さんが心配するといけないので、走って帰った。

取材を終えて

 『シェンムー 一章 横須賀』にはドブ板商店街が登場するが、それは決して街を精密に再現しているものではない。ゲームでは、街を再現するというベクトルは希求しておらず、再現度を求めて街を訪れると、すこし肩透かしを食うかもしれない。

 しかしそれでも、『シェンムー』らしさを感じるポイントは随所にある。それは“どこそこ”とポイントを挙げて紹介するというより、なんというか、街全体の雰囲気だ。急にあらわれる登り坂といったような、細かなニュアンスだ。

 そもそもが発売された1999年からもう20年近く経っているし、その中ではさらに1986年という時代が描かれている。1986年というのは昭和61年で、平成が終わらんとしているいま思うと、それはもう大昔だ。だから、ゲーム中の街がそっくりそのまま現実にあるということはない。

 だけど、だからこそ、2018年のドブ板通りを歩くと、リアルさを感じる。街を歩きながら「いまは時間が経って街並が変わってしまったけど、きっと1986年までさかのぼれば、ドブ板はゲームのああいう感じだったんだろうなあ。ああだったに違いない」と想像してしまうのだ。

 それはたとえば、『竜馬がゆく』を読んだ後に現代の京都や高知を訪れて、主人公の坂本竜馬の活躍を想像することに近い。現実とフィクションの舞台は同一のものではないけれど、自分の想像力でふたつを結びつけることができる。それは知的好奇心を刺激して不思議な楽しさがある、すこし知的な遊びだ。

 街の中に芭月涼の影を見つける。彼はこの街で育って、壮大な目的のために、この街から旅立った。おしゃべりなおばさんがいて、ちょっと怖いゲームセンターがあって、夜になると船員が酔っ払って千鳥足で管を巻く。花屋にはかわいい看板娘がいて、公園では子どもたちが遊び、軍のアイテムを売る店の前ではとっぽいお兄ちゃんが立っている。

 この街がそうだ。あの街が30年経つとこうなるのだ。

 横須賀・ドブ板を訪れたら、きっとそう感じることができる。『シェンムー』ファンならぜひ一度訪れてみてほしい。

オマケ

汐入駅にはポスターも掲出されていました。隣のポスターは関係ないのですが、「旅に出よう!」って、シェンムーっぽさある。