いやもう、マジデカいッス。これはスライムじゃなくて、キングスライムなんじゃなかろうか。『ドラゴンクエストビルダーズ 2』の発売を記念し、横浜・みなとみらいに巨大なスライムがあらわれた!

横浜・みなとみらい駅直結のクイーンズスクエア横浜 クイーンズパークに向かうと……ん?
何やら見覚えのある顔が……?

でっ! でけえええええええ!! スライムでけぇえええええ!!

 取材があるというのに、朝までプレイしてからこの会場に来た西川くんです。さてさて、2018年12月20日に『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』が発売されましたね! 皆さん、どこまで進みましたか? 僕はからっぽ島が終了し、つぎの島に到着したところです!

 そんな本作の発売を記念して、2018年12月20日~24日の期間中、横浜・みなとみらいにあるクイーンズスクエア横浜 クイーンズパークでは、“ドラゴンクエストビルダーズ2 夢のスライム巨大化プロジェクト”というイベントが開催中。開催日当日の朝、ゲームの続きを遊びたい欲を抑えつつ、さっそく会場へ向かってみました!

でかい。
デカい。
デ カ い。

 いやもう、見ればわかるのですが、とにかくスライムがデカい!! お話を聞くと、全長約8メートルとのこと。中には鉄骨なども組まれており、あたりまえですが安全面もしっかり考慮された、わるいスライムじゃないわけであります。なお、このスライムは『ドラゴンクエストビルダーズ2』内でブロックを積んで組み立ててから、それを実際の設計図におこし直したのだとか! 通りすがりの人たちも、ついつい巨大スライムを目の前にして「でけぇ!」、「スライムでかっ!」と言っていたのが印象的でした。

ちなみに、今回のイベントを担当した裏方の皆様もパシャリ(笑)。

 巨大スライムの前では、記念撮影も楽しめちゃいますよ。記念撮影用のブロックや、スライムのぬいぐるみ、おおきづちのハンマー&マスクなど、さまざまな撮影アイテムも用意されています。スタッフさんの誘導に従って、筆者も記念撮影に参加してきました!

いろいろなパネルが用意されていますよ。看板型のパネルには、ペンでメッセージなどを書くことが可能です。
ってあれ!? 白石琢磨プロデューサーじゃないですか! ってことで看板に記念のサインをしてもらいました!(消えちゃうのが残念ですが!)
よーし、だったらいっしょに記念撮影だワーイ!
(おおきづちっていうか、僕あらくれものだった……)

 ということで、会場に訪れていた白石琢磨プロデューサー(以下、白石P)に、今回のイベントについていろいろと聞いてみましたので、皆さんにお伝えしていきましょう!

――いやー、『ドラゴンクエストビルダーズ2』が、いよいよ発売となりましたね!

白石P うれしい限りです。12月20日の0時からサーバーがしっかりと動くようにしていて、それが本当に0時からちゃんと動くのか、ドキドキでした。なんとか無事に動いていることを確認し、今日はぐっすりと眠れました(笑)。

――ユーザー皆さんの反応などは、もうすでに届いていますか?

白石P そうですね。体験版のときからすでに、すごいものを作ってる人がたくさんいて。製品版ではさらに、さまざまな機能が使えますので、よりすごい作品が産み出されるんじゃないかとワクワクしています。Twitterなどでプレイヤーの皆さんのプレイを見ていますが、すでにかなり進んでいる人とかもいて。ユーザーの皆さんが楽しんでいるのを見るのが、こちらも楽しくて仕方がありません。

――ついでにですが、今後の展開なども教えてください!

白石P イベント面では、今後、コンテストなども定期的に開催していきます。ゲームとしては、ダウンロードコンテンツの配信を予定しています。まだ詳細は明かせませんが、前作以上にゲームが盛り上がるようなものを配信する予定です。そちらについては、2018年12月22日より開催される“ジャンプフェスタ2019”で情報を出せると思いますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

――ありがとうございます。では、今回のイベントについてですが、なぜこれだけデカいスライムを置こうと考えたのでしょうか(笑)。

白石P Twitterなどで、大きく話題になってほしかったんですね。だったら、どんなことをすればいいのかを考えました。『ドラゴンクエストヒーローズII』では東京・新宿駅で黒板アートを展示したことがあって、そういうのもいいかなとも思ったのですが、『ドラゴンクエストビルダーズ』ですから、やはりブロックを使ったモノづくりがしたかった。ならば、やはり『ドラゴンクエスト』のマスコット的な存在であるスライムを巨大にしてしまおうと(笑)。

――制作時の苦労などはありましたか?

白石P 最初は「30メートルのスライムを!」とか言っていたんですよ(笑)。でも、あまりにも巨大すぎると安全面から見ても危ないですし、そもそも物理的に可能なサイズがありますから。ですので、今回は『ドラゴンクエストビルダーズ2』で1度組み立てたものを、現実で可能な限り大きくしてみました。スライムらしい曲線などの形状が保てるブロック数を考えたり、ブロックの積み上げかたも大変でした。じつは、スライムの頭のとがった先端部分は吊っているんです。

――場所を横浜・みなとみらいに決めた理由も教えてください。

白石P やはり公開時期が12月20日~24日なので、クリスマスシーズンですよね。買い物や観光、デートなどを皆さんが楽しめる場所に置きたいと考えて、クイーンズスクエア横浜のクイーンズパークに場所を確保させていただきました。

――最後に、この巨大スライムを見て本作を遊びたくなった人たちにひとことお願いします!

白石P この巨大なスライムは、ゲーム内でも実際に作れちゃいます! ぜひ年末年始のお供に、じっくりと遊んで挑戦してみてください。

 なお、イベントは2018年12月20日から12月24日までと、短期間の開催となっています。興味のある方はいますぐ『ドラゴンクエストビルダーズ2』のプレイをいったん止めて、横浜に行ってみましょう!

ちなみに夜はライトアップされてスライムがムーディーに……いや、ちょっと怖いかな(笑)。