井上喜久子さん、茅原実里さん、水橋かおりさんも参戦! 『シャドウバース』ステージ“CygamesFes2018出張版 しゃどばすチャンネルSP”リポート

2018年12月15日、16日、千葉県・幕張メッセにて、サイゲームのコンテンツが一堂に会する大型リアルイベント“CygamesFes2018”にて、『シャドウバース』のステージ“CygamesFes2018出張版 しゃどばすチャンネルSP”が行われた。その模様をリポート。

 2018年12月15日(土)と16日(日)の2日間にわたり、千葉県・幕張メッセにて、サイゲームのコンテンツが一堂に会する大型リアルイベント“CygamesFes2018”が開催。12月15日のステージでは、デジタルカードゲーム『シャドウバース』の公式番組『しゃどばすチャンネル』の公開放送“CygamesFes2018出張版 しゃどばすチャンネルSP”が行われた。

 ステージに登壇したのは、優木かなさん(アリサ役)、石上静香さん(エリカ役)、佐倉 薫さん(イザベル役)のおなじみの3人。さらに、今回は井上喜久子さん(イリス役)、茅原実里さん(オーキス役)、水橋かおりさん(メドゥーサ役)といった出演陣のほか、『シャドウバース』プロデューサーの木村唯人氏を迎え、豪華な顔ぶれがステージに揃った。

 最初のコーナーでは、『シャドウバース』にまつわるデータをもとにトークを展開。今回は、『しゃどばすチャンネル』でこれまでくり広げてきたネタがデータとして集約。“やけどヴォイスの長さ最長ランキング”や、お絵かきコーナーでおなじみの“わーい”の長さを測ったりと、『しゃどばすチャンネル』ファンにはたまらない内容となっていた。

 つぎのコーナーの準備をする幕間には、ステージに登壇しなかった声優陣からのボイスメッセージを公開。諏訪部順一さん(ユリアス役)は、クリスマスといえば昔はバタークリームケーキが主流だったとしみじみ。柿原徹也さん(ユアン役)は、自信の誕生日が12月24日なので、クリスマスが来るたびに自分も歳を重ねられることがうれしいと語っていた。

 また、小倉 唯さん(ルナ役)は、幼少期にサンタへ欲しいものを書いた紙を用意したが、字が汚すぎて何をプレゼントしていいのかわからなかったから、1万円をくれたというエピソードを披露。杉田智和さん(ローウェン役)は、知人の家にサンタ役をやってほしいとお願いされたが、黒い衣装を自作して“サタン”として訪れたそうだ。

 続いては、石上さん&佐倉さんペアVS井上さん&木村Pペアで、『シャドウバース』で対戦するコーナー。ルールは2Pickで、通常は自分のデッキを構築していくものだが、今回はなんと相手のデッキを構築して対戦するという一風変わったものに。より強いデッキを目指してカードを選択するのではなく、弱いデッキにすることが勝利のカギとなるわけだ。

 そして使用することになったのは、石上さん&佐倉さんペアがロイヤル、井上さん&木村Pペアがビショップ。コンボなどが狙えないので、ビショップは2Pickを苦手としているが、ロイヤルはフォロワーの大量展開を得意としているため、コンボをせずとも殴り勝てる2Pick向きクラスだ。勝負はやはり、大量のフォロワーを井上さん&木村Pペアがどう対処していくのか、という戦いになり、結果的には手も足も出せないことに。石上さん&佐倉さんペアが圧倒的な強さを見せて勝利した。

 ここからは、茅原さん、水橋さんを迎え入れての最新情報コーナー。第11弾カードパックに封入される新カードが続々と発表され、おもにストーリーモードに登場するキャラクターたちが、今回カードとして収録されることが分かった。また、水橋さん演じるメドゥーサの新カード“スウィート★メドゥーサ”が発表された。メドゥーサはこれまでだと低い声の悪役だったが、スウィート★メドゥーサは甘い少女のような声になっており、水橋さんが生セリフを披露するシーンも。そのメドゥーサの違いを、しっかりと声色を変えて演じ分けていた。

 ストーリーモードでは、エリカの最新エピソードが追加されることも発表された。石上さんいわく、なぜエリカが人に勝負を挑み続けるのかがわかる、涙なしでは語れないような真実が描かれるとのこと。そのほかにも、リーダースキンとして、茅原さん演じる“オーキス”と平野 綾さん演じる“ブローディア”が登場することに。なおオーキスはチョイスによって、闇か光かに分かれるキャラクター。そのふたつの違いを、茅原さんが実際に演じるひと幕もあった。

 最後には、『Fate/stay night』とのコラボイベントが復刻することが明らかになり、これにてイベントは終了。本記事の締めくくりとして、“Shadowverse World Grand Prix 2018”の会場の様子をお届けしよう。

『シャドウバース』世界大会“Shadowverse World Grand Prix 2018”もとなりのホールにて開催。1日目は予選が行われ、8人の選手が決勝トーナメントに臨む。

世界大会のホールには、おなじみのバハムート像が。

開催1日目は生での観戦は不可。それでも、モニター越しでの観戦を楽しんでいるプレイヤーが多かったのが印象的。

イベント恒例のミニトーナメントも開催された。

アンケートに参加するとクリアファイルが。トーナメントに勝つと、プロモカードがゲットできる。

『シャドウバース』の歴史が分かるヒストリーパネルも。

フードコーナーは、“CygamesFes2018”との併用スペースといったところ。『シャドウバース』にちなんだハンバーガーが販売されていた。

“卵の大爆発”にくるまれた、月見バーガー(笑)。

“RAGE”などでもおなじみの、公式コスプレイヤー撮影会は毎回長蛇の列。撮影のためだけに参加している人も多数いるほどの人気ぶりだ。

いつもの公式コスプレイヤーに加えて、今回はLeoさん(ローウェン)、Maulさん(ユリアス)といった海外からの特別ゲストも登場。メチャクチャイケメンで雰囲気バッチリ。