2018年12月15日(土)と16日(日)の2日間にわたって、千葉県の幕張メッセ3〜6ホールにて“グラブルフェス2018”が開催。会場の様子をリポート。

 2018年12月15日(土)と16日(日)の2日間にわたって、千葉県の幕張メッセ3〜6ホールにて“グラブルフェス2018”が開催。今年もVR四騎士や縁日、ジュエルリゾート、リアルガチャなど、これまでも人気を博した企画に加え、主人公たちの騎空挺グランサイファーに乗れる“グランサイファーライド”、多彩な体験型アトラクションに挑戦できる“マリー&カルバのトレハンダンジョン”など、新たなコーナーも登場。数多くの騎空士が会場に集い、アトラクションを楽しんでいた。本記事では、会場の雰囲気を写真とともにお伝えしていく。

4-6ホールをぶち抜いて行われている“グラブルフェス2018”。3ホールにもグラブルコーナーが用意されている。
開場して2時間ほど経った様子がこちら。すごい賑わい。
『グラブル』のキャラクターに扮したオフィシャルキャストが、会場のいたるところにいるので、どんどん撮影しよう。クオリティー高すぎ。
アイルスト王国に関わるキャラクター、(左から)ヘルエス、スカーサハ、ノイシュ、セルエルのオフィシャルキャストも!
作中の武器も展示されている。
縁日コーナー。左の写真は開場直後に撮影したもの。開場から2時間ほどで長蛇の列に。
“ソーンの弓射”、“ミリンの一刀入魂チャレンジ”など、新たなアトラクションも。
ミリンの一刀入魂チャレンジで3体の的(敵)を見事倒すと記念グッズがもらえる。
今年も会場に登場したジュエルリゾート。
新アトラクション、グランサイファーライドも大人気。その内容は体験した人のみが知ることができる。
こちらも新アトラクションの“マリー&カルバのトレハンダンジョン”。
マリー&カルバのトレハンダンジョンには、4種類の体感型アトラクションが用意されている。電○イライラ棒のようなものから、ミミックにボールを投げ込むものまで、その内容はさまざま。
ここからは3ホールの展示内容。3ホールは物販のほか、撮影エリアが用意されている。こちらは“カリオストロの錬金実験室”。
こちらの撮影エリアは作中でおなじみのシーンを再現できる。
アルバコアやレスラーのベルトなどもある! 『グラブル』世界を満喫しよう。