『雪ん娘大旋風』中古市場でプレミアが付いた幻のアクションシューティングがSwitchで12月13日に配信

ジョイフルテーブルは、Nintendo Switch用アクションシューティングゲーム『雪ん娘大旋風 ~さゆきとこゆきのひえひえ大騒動~』を2018年12月13日に配信開始する。

 ジョイフルテーブルは、Nintendo Switch用アクションシューティングゲーム『雪ん娘大旋風 ~さゆきとこゆきのひえひえ大騒動~』を2018年12月13日に配信開始する。

幻のアクションシューティングがSwitchで復活

オリジナルより、少し遊びやすくなった移植版

 ジョイフルテーブルは、Nintendo Switch用アクションシューティングゲーム『雪ん娘大旋風 ~さゆきとこゆきのひえひえ大騒動~』を2018年12月13日に配信開始する。

 本作は、2007年にスターフィッシュ・エスディからWiiで発売され、翌年プレイステーション2で発売されたゲームの移植版。発売当時、諸事情あってあまり流通せず、中古価格が高騰するなど“幻のソフト”と化していた。

 オリジナル版は一度全ステージをクリアするまでステージセレクトが一切できず、ライトユーザーには厳しいものであったが、今作ではクリアした次のステージから再開できる。

タイトル:『雪ん娘大旋風 ~さゆきとこゆきのひえひえ大騒動~
プラットフォーム:Nintendo Switch ダウンロード専用
発売日:2018年12月13日
価格:1500円[税込]

キャラクター

沙雪(さゆき)
この物語の主人公。好きな男のためならどんな苦労もいとわない。妹の小雪とはよく喧嘩するが、仲は良い。プレイヤー1の操作キャラクター。

小雪(こゆき)
沙雪の妹。音楽好きでバンドを組んでいるらしい。雪女族の美少女コンテストで姉と対決することに。プレイヤー2の操作キャラクター。

ゲーム内容

強くてかわいい雪ん娘が、モンスターたちと大バトル!
 人間に一目ぼれした雪ん娘が、片思いしている彼の呪いを解くため、“呪い消しの霊薬”の材料探しの旅に出ることに。ところが行く手には、妖怪がうじゃうじゃ。武器“つららショット”やお供の雪ウサギをつっこませる必殺技“都兎乱舞”などを駆使して、襲いかかる妖怪をカッチンカチンに凍らせ、やっつけて進んでいこう。

 全方向スクロールなので、マップを自由自在に動き回れるぞ。マップに隠された“ユキンコ”を集めれば、さらに新しい楽しみ方ができるのだ。

スクリーンショット



(c)STARFISH-SD Inc.
※画面は開発中のものです。