海外アーティストによる『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』のカバーアルバムが11月30日より配信

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』のオーケストラアレンジによるカバーアルバム『Children of Termina』が、海外レーベルより11月30日に配信される。

 海外ネットレーベルのMateria Collectiveは、Rozenによる任天堂のアクションアドベンチャー『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』のカバーアルバム『Children of Termina』を2018年11月30日にリリースする。

 アルバムは全17曲収録で、音楽配信サイトBandcampで予約受付中。なお同サイトでの価格はデジタル版が12ドル。そのほかCD盤やレコード盤なども存在する。

 『Children of Termina』では、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』の名曲の数々を土台に、メドレーやオリジナル曲なども交えたオーケストラアレンジで17曲にその冒険の軌跡が込められている。演奏はSofia Session Orchestra、Julie Elven(『Horizon Zero Dawn』ほか)、Celica Soldream (『World of Warcraft』ほか)によるもの。

 トラックリストは以下。なおレーベルとRozen氏により簡単な曲紹介やベースとなっている曲名(英題)を教えてもらったので、対応する公式サウンドトラックの日本盤に準拠した曲名を追記している。

1. The World That Ends in Three Days
ゲームの冒頭に迫りつつ、闇が近づきつつある雰囲気が感じられます。 ベース曲: “オープニングデモ”、“ムジュラのテーマ”、“誓いの号令”
2. Majora's Mask
タルミナに潜む恐ろしい力が見えてきます。 ベース曲: “ムジュラのテーマ”
3. Down the Rabbit Hole
ベース曲: “追跡のテーマ”
4. Termina Field
ベース曲: “タルミナ平原”
5. The Four Regions
この曲は沼地、雪山、海岸、渓谷の4つの地域のコンピレーションになっています。 ベース曲: “沼地”
6. Deku Palace
南のウッドフォールにあるデクナッツ族の城へ潜入していく場面です。 ベース曲: “デクナッツの城”
7. A Moment's Peace
この曲はタルミナのみんなとの愛と友情を表現しています。闇が支配する前の束の間の平穏でもあります。 ベース曲: “チャットとトレイル再会”
8. Stone Tower
この曲の途中で神殿が逆さまになるのを耳にするでしょう。 ベース曲: “ロックビルの神殿”
9. Masked Monsters
すべての神殿のボスバトルの曲です。 ベース曲: “ボス戦闘”
10. Moon's Tears (Astral Observatory)
ベース曲: “天文台”
11. Clock Town
クロックタウンでの3日間の冒険を追っていきます。 ベース曲: “クロックタウン”各曲
12. Final Hours
ベース曲: “終末”
13. March of the Giants
クロックタウンの危機を前に、落下する月を食い止めるべく、4人の巨人が召喚されます。 ベース曲: “巨人4人集合”
14. I Shall Consume Everything
このメドレーでは、月が世界を破壊していく中での絶望を表現しています。
15. Inside the Moon (オリジナル)
このオリジナル曲では、タルミナの運命を発見するに連れて抱くはらはらした感じを描いています。
16. Song of Healing
ベース曲: “「いやしの歌」デモ”
17. Children of Termina
この物語の結末として、アルバムに込めたさまざまなテーマをメドレーにしました。