『スプラトゥーン2』更新データ Ver.4.3.0が12月5日に配信決定! 新ブキ8種類や新ギアパワー“メイン性能アップ”などが追加

任天堂より発売中のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、“更新データ Ver.4.3.0”が2018年12月5日に配信されることが発表。

 任天堂は、2018年11月23日~24日、京都府・国立京都国際会館にて同社の人気タイトルのゲーム大会“Nintendo Live 2018京都大会”を開催。その中で行われた“「第4回スプラトゥーン甲子園」近畿地区大会 DAY2”にて、『スプラトゥーン2』の“更新データ Ver.4.3.0”が2018年12月5日に配信されることが発表。さらに、更新内容の一部も公開された。

 まずは、新たなギアパワーとして“爆風ダメージ軽減”と“マーキング時間短縮”がセットになった“爆風ダメージ軽減・改”が発表。“爆風ダメージ軽減・改”を装備すると、“爆風ダメージ軽減”と“マーキング時間短縮”をひとつずつ装備しているのと同様の効果が得られる。なお、“更新データ Ver.4.3.0”以降は、“爆風ダメージ軽減”と“マーキング時間短縮”は、自動的に“爆風ダメージ軽減・改”に変更にされるとのこと。

 さらに、完全に新規のギアパワーとして、“メイン性能アップ”が追加。文字通り、メインウェポンの性能がアップするギアパワーだが、アップする性能はブキによって異なるとのこと。たとえば、同じシューターのカテゴリであっても、スプラシューターであれば“ジャンプして射撃したときの弾がブレにくくなる”、プロモデラーMGであれば“塗りの性能がアップする”という感じ。以下に、今回発表されたメイン性能アップの画像を掲載しているので、詳細はそちらを確認してほしい。

 そして、ブキに関する情報も公開。今回は、クーゲルシュライバー・ヒュー、ノーチラス79、エクスプロッシャーカスタム、オーバーフロッシャーデコの4種類に加えて、ベッチューコレクション第4弾を4種類の計8種類のブキが12月5日に追加されるとのこと。

 なお、ブキの追加は今回で最後になることが告知されているが、ブキのバランスを始めとするゲームバランスの調整などは、今後も継続的に行われる。

※画像は配信をキャプチャーしたものです。