『FFXIV』ファンフェスを終えてスーザン、Keiko、THE PRIMALSがコメント!「各会場で新しい何かをやると思います」

『FFXIV』ファンフェスティバルを終えた、スーザン・キャロウェイ、Keiko、THE PRIMALSがコメント。

 2018年11月16日〜11月17日(現地時間)の2日間、アメリカ・ラスベガスで開催された『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の大規模ファンイベント“ファンフェスティバル 2018 in Las Vegas”。開催初日のラストはKeikoさんによるピアノコンサート、そして2日目の大トリは『FFXIV』のオフィシャルバンド“THE PRIMALS”のライブが開催され、大成功のうちに幕を閉じた。

 今回は、ステージを終えた後の出演者からコメントが寄せられているので、紹介しよう。

『FFXIV』ファンフェスでKeikoさんのピアノが響き渡る! 新アレンジ曲で構成されたあっという間の1時間

『FFXIV』ファンフェスティバル 2018 in Las Vegasでのピアノコンサートの模様をリポート。

左から祖堅正慶(文中は祖堅)とKeiko(敬称略)。

スーザン・キャロウェイ(文中はスーザン)。

──ステージを終えての感想をお願いします。

祖堅 色々ありましたが、初日(ピアノパート)が無事に終わって良かったなと。いつも通り、スーザンさんはすごいなと思いましたし、Keikoさんもすごいな…というか、どうやったらあんな上手に弾けるの?(笑) 実は連弾の為にコッソリ練習したんですけど、結局上手に弾けませんでした(笑)。

あと、オタマトーンが意外とウケたので、やって良かったですね。アメリカの方には、もしかしたら理解されないんじゃないかなって思っていたんですけど、爆笑してくれたので、コンポーザーとしても、エンターテイナーとしても満足しました。

Keiko 『Dragonsong』以外の曲は、人前で演奏するのが今回初めてで、皆さんの反応がどうなるか不安でしたし、緊張しました。ただ思っていた以上に、お客さんの反応が温かくて驚きました。そもそものメロディに魂がこもっていますので、それをどう色付けして、どうアレンジして、どう演奏しようか…、ということを考えていました。お客さんは、何回もゲーム中に聴いている曲ですので、ピアノのメロディで、1曲の中に静と動を入れ込むことを意識しながら弾いてみました。

スーザン いつもこの音楽を楽しんでいるファンの皆さんの前で歌えることが、ファンフェスの素晴らしいところです。普段はゲームの中でしか私の歌を聴くことはできませんが、それをいつも聴いて下さっているファンの皆さんの前で実際にライブ演奏する事で、一人一人と繋がっていくことができたことを、とてもうれしく思います。特に今回のピアノとボーカルのアレンジは、より自由に自分の感情を表現できたので、素敵な演奏になっていると思います。また、とても素晴らしいミュージシャンと共演ができました。彼らと同じステージで歌えたことはとても素晴らしい時間でした。

──(スーザンさんへ)『美の謀略 〜蛮神ラクシュミ討滅戦〜』と『Revolutions』のアレンジを聴いて、歌ってみてどうでしたか?

スーザン どちらも素敵でした! 『美の謀略 〜蛮神ラクシュミ討滅戦〜』はメロディーが複雑ですが、とても芸術的な曲ですので、うまく歌えるかとても心配でした。歌うのは難しかったのですが、とても美しい曲に仕上がっていると思います。もう1曲の『Revolutions』もとても温かくて素敵な曲です。どちらの曲も生で歌うのは今回が初めてでしたが、ここで歌えることができてうれしかったです。

──(Keikoさんへ)今回のピアノアレンジで苦労したことはありましたか?

Keiko 一番はグブラ(『万世の言葉 〜禁書回収 グブラ幻想図書館〜』)ですね…。アレンジする時は、参考データとしてMIDIファイルをもらうのですが、基本的には耳コピで音をとっていきます。グブラに関しては、拍子感や、チューニングもわざとずらされていたりして、色々な工夫が詰め込まれた曲なので、カフェでずっと聴いてました(笑)。

耳コピにすごい時間がかかった曲ですね。そのままピアノにしてしまうと、アレンジとしてはつまらないものになってしまうので、原曲の工夫をピアノアレンジに取り入れるのが、苦労しました。キツかった(笑)。それと、グブラだけでなくて新曲は、前作、前々作のピアノアレンジとは変化をつけることを意識してアレンジしました。

──(祖堅さんへ)連弾はどうでしたか?

祖堅 Keiko先生はね……攻めてきましたね。キタキターッて(笑)。本番はわりとノリでやっているので、リハの時とも違いますね。お客さんに乗せられて楽しめたかなと。ただ、今までで一番難しかった。こんな練習したのは、中学生以来でした。無事に終わって良かった…(笑)。

──今後の公演への意気込みやメッセージをお願いします。

スーザン また世界中のファンの皆さんの前で歌えるのをワクワクしています。パリと東京は素晴らしい都市なので行けるのが楽しみです。普段できない特別な音楽体験をしに是非来てください。心を込めて歌います。

Keiko 東京まであと4か月くらいあるので、さらに演奏の精度を上げつつ、もしかしたら祖堅さんから新たなリクエストがあるのかな? と思っています。私自身も何か出来たら良いなって思っていますし、楽しみにしています。やれればですけど(笑)。

祖堅 パリも東京も頑張ります! 今回、次の拡張版が発表されたので、『紅蓮のリベレーター』までの集大成といえるコンサートにしたいと思っています。また是非お2人にも来ていただいて、素敵な演奏をしてほしいなと思ってます!

音楽でお客さんと繋がる機会を作っていきたい

左からイワイエイキチ(文中はイワイ)、たちばな哲也(文中はたちばな)、祖堅正慶(文中は祖堅)、マイケル・クリストファー・コージ・フォックス(文中はFOX)、GUNN(敬称略)。

『FFXIV』ファンフェス“THE PRIMALS”のライブを134枚の写真で振り返る(セットリストのネタバレなし)

『FFXIV』ファンフェスティバル 2018 in Las Vegas のラストに行われた、“THE PRIMALS”ライブのフォトリポート。

──ステージを終えての感想をお願いします。

GUNN アメリカで初めてやる曲もあったので、ぼくらも準備する段階から楽しみにしていました。もう3回目ということもあるかと思いますが、ライブが始まる前のお客さんの熱気と歓声がすごかったです。それを聴いて、うれしいなと思ってステージに立ちました。ファンフェスなので、曲数は少ないですが、良い感じに皆で盛り上がれました。

イワイ たくさんのお客さんがあれだけ盛り上がるということはなかなか無いので、良い体験をさせてもらいました! 以上!

たちばな 個人的には、アメリカでのファンフェスの参加は2回目なのですが、前回とまた雰囲気が違っていて、会場によって色が違うなと感じました。そこも楽しかったです。新曲があり、不安もあったのですが、ファンの皆さんの盛り上がりに助けられましたね。次もまた呼んでください!

FOX 今回初めてのアメリカ…、いや違いますね(笑)。私は生まれも育ちもアメリカなので、本拠地というかホームなので、とても楽しかったです! それと、放送禁止用語を3回も言ってしまいました(笑)。

祖堅 2日間通して、音楽ライブがトリということですが、普通のMMORPGはなかなかサウンドが注目されないんですよね。でも『FFXIV』のサウンドは違っていて、皆さんがサウンドも求めてくれる稀有なタイトルだと思います。ピアノ、バンド、歌でお客さんが盛り上がってくれます。またこれからも、音楽のエンターテイメントということで、皆さんが喜んでくれるゲームサウンドを作っていこうと思います。とにかく、頑張ります!
なんですけど…(笑)頑張るにプラスで、音楽でお客さんと繋がる機会を作っていきたいと思います! それは、オーケストラコンサートかもしれませんし、THE PRIMALSのライブかもしれませんが、また皆さんが集まってくれるととても嬉しいです!

──それでは、パリと東京へ向けての意気込みとメッセージをお願いします。

GUNN パリと東京に向けて、ぼくらも仕込んでいるモノがいくつかあります。ラスベガスとは違ったモノになると思っていますが、全ては言えません(笑)。色々、僕らも企んでいますので、是非、一緒に楽しんでもらえたらと思っています! よろしくお願いします!

イワイ 今後もっと良くなっていくと思います! 楽しみに待っていてください! 以上!

たちばな パリは個人的にも初めて行くところなので、予想がつかなくて楽しみですね。東京は何度もやらせてもらっていますし、母国なので当然盛り上がってくれると思っています(笑)。期待してます! よろしくお願いします!

FOX んー、何回、放送禁止用語を言えるか、フランス語も調べないとなー(笑)。

THE PRIMALSはステージが増えることで、進化していくバンドなので、今回のうえに、パリ、東京、とやっていけば、最後にはボワーッとオーラも出ると思います! みんなの手からも(笑)…ちょっと何言っているか、分からないですね。とにかく頑張るということです。よろしくお願いします!

祖堅 ピアノもバンドも自分以外のみんなが凄いから、頑張って練習します! あと、新しい曲はやろうとしています。新しい曲をやるのは、ファンフェスっていうセオリーになっているので、各会場で新しい何かをやると思います。なので、ラスベガスで見た人も、パリと東京に来ると良いと思います(笑)。

ピアノもバンドもすげーよ! きっと! お楽しみに!!