『ドラゴンクエストビルダーズ2』“ビルダー体験ツアー”で新たな冒険の舞台などの新情報が明らかに!

千葉県・イオンモール幕張新都心で行われた、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の先行試遊イベント“ビルダー体験ツアー2018”。ここで判明した新情報などをまとめてお届け!

休日のショッピングモールに『DQビルダーズ2』がやってきた!

 2018年10月13・14日、千葉県・イオンモール幕張新都心で行われた“ビルダー体験ツアー2018”。これはスクウェア・エニックスより2018年12月20日発売予定のNintendo Switch・プレイステーション4向けソフト、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の先行試遊イベントだ。同イベントには、東京ゲームショウ2018で試遊できたものと同内容の試遊版が出展され、会場を訪れたたくさんの人々が先行体験を楽しんでいた。

待ってました! 触れる『ドラゴンクエストビルダーズ2』がついにお披露目!!【TGS2018】

東京ゲームショウ2018のスクウェア・エニックスブースに出展された『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の試遊台プレイリポートをお届けします!

いろいろなコーナーが用意されているが、いちばん人気はもちろん試遊体験! 多くの人が順番を待っていた。Nintendo Switch版かプレイステーション4版か、試遊したいハードは選べるぞ。

キッズも楽しめるブロックチャレンジコーナー。段ボール製のブロックを組み立ててスライムを作る遊びです。

特別販売商品も用意された物販コーナーは大充実。本作のTシャツやパーカーなどもおしゃれ!

会場で行われているスタンプラリーで条件をクリアーするとゲットできる、ゴーレムのペーパークラフト。再現度はかなりヨイです!

会場には、おなじみキングスライムとの記念写真コーナーも。ちなみに、会場のどこかにおおきづちがいるというウワサも……!

 2018年10月13日のステージでは、13時30分から、動画クリエイターのMASUO氏をゲストに迎えた公式生配信番組“『ドラゴンクエストビルダーズ2』ビルダーズスクール 課外授業”が開催された。こちらは配信されたのだが、配信されなかったイベントを含めて、明らかになった新情報(ストーリーも含む)をまとめたので、少しでも情報をゲットしたいという人は目を皿のようにしてチェックしよう! ちなみに、このステージでは体験版の配信が決定したことも発表されたが、気になる配信日はまだ明らかにされていない。それまで、あえて本作の情報を封鎖するというのも手だが……筆者的には、できれば読み進めていただきたい。

MCの福島蘭世さん(写真左)、プロデューサーの藤本則義氏(左から2番目)、“ブロックマン”こと白石琢磨氏(写真右)というおなじみのメンバーに加え、あのMASUO氏が降臨!(右から2番目)

ふたつめの冒険の舞台“オッカムル島”が公開!

 ひとつ目の冒険の舞台は、緑を求めて訪れるモンゾーラ島だったが、そのつぎに訪れることになるのがオッカムル島。主人公はこの島に“金属”を求めてやってくることになるようだ。オッカムル島では、ペロという女性やマッチョな荒くれたちと知り合い、地下に広がる閉鎖された巨大な坑道で冒険をくり広げることになる。地下のダンジョンで冒険をするということで、BGMもトルネコの曲になっているところもポイント

主人公が緑色の服を着ているところに注目。着替えもたくさん楽しめそうだ。 ※以下のゲーム画面は配信動画をキャプチャーしたものです。

モノ作りを禁じるハーゴン教団の影響はこんなところにも! マッチョな彼らだが、性格は気弱だったりする。

オッカムル島で最初に復活させるのは? そして、坑道で出会う“守り神”とは!? 

 オッカムル島での目標のひとつになるのが、かつてペロたちが営んでいたバーを復活させること。そのためには、閉ざされた坑道をビルダーのチカラで開かなければならない。

飲料ダルを作ってから、素材となるアイテムを集めると……タルでチャキーラという飲み物が作れる! 料理のシステムも前作よりパワーアップしているぞ。

 向かった坑道の入口では、かつて坑道の守り神だったというストーンマンのゴルドンと出会うことになる。ただし、彼は弱っており、鉱山で手に入れた金、銀、銅を渡してチカラを取り戻させなければならない模様。彼が完全にチカラを取り戻せば、鉱山にふたたびゴールドラッシュがやってくる……!? ビルダーはバーの再建と坑道の復旧を、並行して行うことになりそうだ。

坑道の入口をボタン長押しからの“ドッカンハンマー”で破壊。前作では回転斬りだったが、本作では縦スイングも可能に。

“ふるびたまほうの玉”を使えば、ド派手な爆破で土砂を吹き飛ばせる!

爆破のおかげで大量の素材ブロックが! その中には石炭も。これでモノ作りの幅も広がるはずだ。

鉱石のある場所まで進むと、あらくれたちが採掘を手伝ってくれる。今後は彼らに採掘を任せていきたいが……大丈夫か?

より広くなった世界でも移動はラクラクに。地下にいても、気軽に拠点までワープできる。これは便利!

ストーンマンに鉱石をあげると……一部だけ復活。銅を集めて彼を完全なカッパーマンにしなければならないのか? ゴールドマンに復活できれば鉱山もかつての隆盛を取り戻すはず!

坑道の奥底には地底湖も!

 さらに“ビルダーズスクール 課外授業”の終盤では、坑道の奥にある地底湖も公開! ここでも、細かく新情報が明らかになった。以下では、画面からわかった本作ならではのポイントを解説していくぞ。

雰囲気抜群の地底湖。ほかにもアレコレが地下に眠っているようだぞ。

このシーンでは、本作の追加DLC第1弾・第2弾付きパック(ダウンロード版)で入手できる“ゆうぼんのサングラス”も公開。ポーズメニューにある“さつえいモード”の文字も気になる。

水中で泳ぐアクションも! 写真ではわかりにくいが、このアクションを使えば滝を上っていくこともできる。

気になるモンスターたちもたくさん登場!

本作では、レベルアップ時に突然レシピを思いつくことも! このときにひらめいたレシピは銅のつるぎだった。

 今回の“ビルダーズスクール 課外授業”の模様はコチラ(YouTube)でも視聴できるので、気になる人はチェックを!

“ビルダーズスクール 課外授業”以外でも気になる情報が……!

 “ビルダーズスクール 課外授業”終了後に開催された3回目のステージでは、MCの福島さん、白石氏、MASUO氏に加えて、本作のアシスタントプロデューサーを務める岡谷氏が登場! ゲーム内に作られたアクション要素たっぷりのコースにMASUO氏が挑戦することになった。トロッコに乗ってジェットコースターのようなコースを突き進むのだが、先に進むにはとあるクイズに答えないといけない……! という内容だったが、じつはそのコースの中にもいくつかの気になる情報が見え隠れしていたのだ!

写真のいちばん右にいるのが岡谷氏。ダンスが得意な、踊れるアシスタントプロデューサーだ。

トロッコに乗る前に、なかなかハードなアスレチックコースが用意されており……。空中に配置された柱をジャンプして進んでいくのだが、落ちれば当然ダメージが! 自由度の高い本作だからこそ、こういう遊びかたができるというワケ。

柱の上に設置されたのはジャンプ台! こういったアトラクションみたいな建築物も作れるっていうこと!!

水中をトロッコで進めるようにもなっている。線路の敷設でいろいろ工夫して、オリジナルのコースを楽しめそう!

 駆け足ではあったが、今回の“ビルダー体験ツアー2018”で得た情報をお伝えしてきた。体験ツアーは引き続き北海道、愛知、埼玉で行われる予定なので、コチラのサイトをチェックして日程や場所を確認し、ぜひとも足を運んでいただきたい。試遊版を遊べるのはもちろん、いろいろな体験が楽しめちゃうしね!

ステージを観覧した人がもらえるスタンプ。超キュート!