Xbox Oneの2018年10月度アップデートが一般向けに開始、Xboxアバター機能の拡張やナレーター機能に5言語が追加

本日(2018年10月12日)より、Xbox Oneの2018年10月度アップデートが一般向けに順次開始された。

 本日(2018年10月12日)より、Xbox Oneの2018年10月度アップデートが一般向けに順次開始された。おもな新機能は以下の通りで、Xboxアバター機能の拡張やナレーター機能に5言語が追加されている。

・従来Kinectやヘッドセットで実現していた音声入力機能を拡張し、コルタナとAlexa対応デバイスを音声で操作することができるようになった。(米国のみ)
・Xboxアバター機能を拡張。
・Netflixアプリなどのメディア ストリーミング アプリで Dolby Vision 形式のビデオ ストリーミングをサポート。
・ナレーター機能にスペイン、ポルトガル、ポーランド、スウェーデン、オランダの5言語を追加。

 Xbox One オペレーティング システムのバージョンとシステム アップデートの詳細については、こちらをご参照のこと。