森Pの鋭い眼光がメニューを美味しくする!? その場でメニュー名も決定した『ブレイブルー』STORIAコラボカフェ監修会に潜入!

『ブレイブルー』のコラボカフェが、2018年10月15日より開催。その監修会に潜入した様子をお届け!!

 東京・池袋のTheater Cafe & Dining“STORIA(ストーリア)”にて『ブレイブルー』シリーズ10周年を記念したコラボカフェ“ブレイブルー10周年記念コラボカフェ ~蒼の祝宴~”が、2018年10月15日より開催予定。その監修のために『ブレイブルー』シリーズプロデューサーの森 利道氏と、“勝ちたがり小澤”の名でも知られる、プランナーの小澤 陸氏が試食を行いました。ファミ通.comは、その監修会に潜入!! メニューの紹介とともに、監修を行うおふたりの様子をリポートしていきますよ~! また、筆者も試食をさせていただいたので、そのお味もご紹介します! なお、メニューはすべてその場で監修しているものなので、実際に提供されるメニューとは異なる場合があります。ご注意ください!

■開催概要
イベント名:ブレイブルー10周年記念コラボカフェ ~蒼の祝宴~
開催期間:2018年10月15日(月)~11月20日(火)
営業時間:17時30分~23時00分 (ラストオーダー22時30分)
開催場所:Theater Cafe & Dining“STORIA”
(東京都豊島区西池袋1-15-9 第一西池ビル6階)

小澤 陸氏(左)と、森 利道氏(右)。提供予定のフード&ドリンク表を見ながら、その出来栄えのチェックや、メニュー名を考えます。

まずはEsをイメージしたプリンアラモード。Esの大好物がプリンということ、そして誕生日が10月15日であることから、バースデイプリンとなっているのです。また、ハロウィンシーズンということで、一部メニューには“ジャク・オー・ランタン”のチョコが乗っています。プリンとクリームの甘さに、オレンジの酸味がアクセントになっていてとっても美味!

「味とコンセプトはオーケー! あとは名前だね。うーむ……!」とシブいポーズで考え込む森Pですが、食べているものはとってもキュート(笑)。そのかわいさを込めて、メニュー名は“Esのプリンはしあわせ”に決定!

こちらは、ニュー・サーティーンをイメージしたブルーハワイジュース。背中に浮遊するソードの飾りが超カッコイイんです(※飾りのお持ち帰りはできないとのこと)。スカッとしたお味で、スッキリ爽快!

小澤氏もそのお味をチェック! ズズッ。

小澤氏は「うまっ! 蒼に染まるね!」とニッコリ(笑)、森Pは「底がいちばん蒼くて、グラデーションになっているのがいいね!」と、その見た目を大絶賛。それにあやかり、メニュー名も“ニューの蒼き深淵への誘い”とクールなものになりました。

おつぎはテイガーをイメージしたエナジードリンク。タンブラーにはどどんと、テイガーが描かれています(※タンブラーもお持ち帰り不可です)。キリリと冷えたエナジー系のお味が、あなたを充電してくれること間違いナシです!

森Pは「ふむふむ。おっ、いいねぇ! 俺の充電ゲージが溜まっていくよ! 名前はもう“テイガーのジェネシックエメラルドテイガーボトル”に決定だな!」と即決!

4品目は、ユウキ=テルミのかぼちゃのムース。どちらにするか、ということで中はムースのみのものと、甘いホイップで2層になったふたつのムースが用意されました。黄色がテルミのパーカーを彷彿とさせますね! しかもその中からは、蛇烙閻獄穿が飛び出ているのです(笑)。かぼちゃ感満載の濃厚なムースが、クッソうめぇーッ!

森Pは「うーん、色も味もいいんだけど、やっぱりテルミのカラーといえば、黒もあるよなぁ……。何か、黒を足せないかな?」と、見た目を気にして料理へ追加の要望。

そして出来上がったのが、チョコレートソースがかかった完成版! たしかにコッチのほうがテルミっぽいかも! 名前も“テルミの起動しろ…ウロボロムース!!”と、シャレの効いたものに!

続いては一見カレーのように見えますが、ライチをモチーフにした黒い麻婆茄子。白いご飯と黒い麻婆が陰陽を表しており、見た目に凝った一品なのです。ピリ辛な味付けとフワフワの茄子がマッチして、バクバク食べられちゃいますよ! あ、あと麻婆って単語に“婆”って単語が入っているところがライチっぽ(頭部に棒が飛翔)……ウッ!(死)

小澤氏も、ガッツリともぐもぐ。

小澤氏は「うまい。辛い。でもうまい」と大満足。麻雀の九蓮宝燈にあやかって、メニュー名は“ライチの九蓮麻婆”に!

森P「小澤……お前食ってばっかりだな?」
小澤氏「うまいっす」

つぎは、ジン=キサラギをモチーフにした、ラムネのアイス部分に氷を感じるレモンスカッシュ。ラムネ味とレモン味で、ちょっと懐かしい味が楽しめますよ。こちらは森Pが「ドリンクらしくない」ということでアイスの量が減るとのこと。名前は“ジンの凍菓氷刃”に決定。兄さん……。

獣兵衛のオレンジジュース。ホイップクリームとチョコレートが添えられているので、スイーツのような感覚でいただけます。また、上に飾られた家紋の旗はお持ち帰りオーケーとのこと! メニュー名は某オレンジジュースと、そしてポンポンポンポン! と効果音の鳴るドライブ技“不知火・鋼”にかけて、“獣兵衛のポン×4不知火・甘”に決まりました。その場でコレを思いつくのがスゴい……!

ハクメンのホワイトソーダ。剣にチェリーが刺さっているだけでも、かなりハクメンっぽさが出てるズェァ! 名前は“ハクメンの我、白き一口のソーダ”とシブいメニューに。

小澤氏「“一口”なんですね。一杯とか一献じゃないんですか?」
森P「ハクメンは昔の言葉を使うだろう? だから一杯じゃダメなんだ。一献はお酒の場合だけに使う。そして一口は、ひと振りの刀という意味もある。ここがコダワリよ」
小澤氏「へぇ~(このオレンジジュースうめぇー)」。

ワイルドなチキンの丸焼きは、ラグナをイメージしたフード! ラグナの得意料理が丸焼きということで、ガッツリチキンを味わえます! これが本当に美味しくて、調理師免許を持つ森Pも「いやコレはマジで美味い!」と大絶賛するほどでした。

小澤氏は手掴みでガブッー! ワイルドッ!

森P「俺はマジメにメニュー名考えているのに、お前は本当に食ってばっかりだな! “食いたがり小澤”に名前を変えろ!」

森P「っていうか、ナイフとフォークで切り分けようよ……」
小澤「でもラグナはそんなことしなくないですか?」

森P「た、たしかに(ま、マジで美味い……)。よし、メニュー名は“ラグナの見せてやるよ、肉の力を”に決定!」と、ワイルドに命名!

最後はレイチェルの好物であるクレープ! ナゴも傘の姿で添えられていて、食べられます(笑)。フルーツも盛りだくさんかつ、クリームやラズベリー系のソースもあり、いろいろな味が楽しめますよ!

森Pは「レイチェルはナイフとフォークを使うでしょ!」と、口調は豪快ながらも淑女ような作法でクレープをペロリ。合わせて「ベリー系の味が、ベリーベリーしてるね! ベリーグッド!」とコメント(笑)。メニュー名は、“レイチェルのバーデン・バーデン・クレープ”に決まりました。

 というわけで、これにて監修会は終了。命名の理由やメニューのモチーフなど、しっかりとおふたりが監修している様子を見ることができました。なお、今回のコラボカフェはメニューにノベルティグッズが付属するほか、限定グッズの販売なども行われます。詳細は後日正式に発表されるので、続報をお待ちください。最後に、監修を終えたおふたりのコメントをどうぞ!

小澤氏 STORIAさんとはすでに1度コラボカフェを開催していますので、メニューの味は全部お墨付きです。グッズも販売しますので、ぜひそちらも買っていってください。また、“獣兵衛のポン×4不知火・甘”の旗はぜひ持ち帰ってほしいですね! ちなみに個人的にオススメなのは“ライチの九蓮麻婆”。ピリ辛で本当に美味しいですよ。

森P 『ブレイブルー』もおかげさまで10周年を迎えることができました。STORIAさんでこんなに素敵なコラボカフェをやっていただき、ありがたいと思っています。『ブレイブルー クロスタッグバトル』なども展開していますが、本編の『ブレイブルー』も皆さんの応援があれば、もっともっと先へ進めると思います! ぜひ僕たちを応援すると思って、コラボカフェに来てください! 僕のオススメは、やはり“ラグナの見せてやるよ、肉の力を”ですよ。皮がパリパリなチキンをガブリと“食らって”ください。そして! 重要なのは! メニュー名を全部口で言って注文しないと、絶対に注文できないように店員の皆さんに言いました! とくに“テルミの起動しろ…ウロボロムース!!”は、中村悠一さん(ユウキ=テルミ役)のモノマネをしながら、叫んで注文してくださいよ!! 絶対に口に出して言ってくださいね!!

ワイワイと楽しみながら行われた監修会ですが、名前を決める際は真剣モード。『ブレイブルー』への愛が伝わってきました。

メニュー名は絶対フルで言って頼んでね! by森P