小高和剛氏×打越鋼太郎氏、小学生がデスゲームをくり広げる『デスマーチクラブ』PCで2020年発売――開発者インタビューで詳細判明【先出し週刊ファミ通】

小高和剛氏や打越鋼太郎氏らが中心となって立ち上げたゲーム制作会社“Too Kyo Games(トゥーキョーゲームス)”。週刊ファミ通2018年10月18日号(10月4日発売)では、その“Too Kyo Games”が手掛ける4つのプロジェクトのうち、小学生がデスゲームをくり広げる『デスマーチクラブ』の最新情報と開発者インタビューを掲載。

 『ダンガンロンパ』シリーズの小高和剛氏や、『ZERO ESCAPE』(『極限脱出』)シリーズの打越鋼太郎氏らが中心となって立ち上げたゲーム制作会社“Too Kyo Games(トゥーキョーゲームス)”。週刊ファミ通2018年10月18日号(2018年10月4日発売)では、その“Too Kyo Games”が手掛ける4つのプロジェクトのうち、小学生がデスゲームをくり広げる『デスマーチクラブ』の最新情報を紹介。小高氏と打越氏に加え、パブリッシャーを務めるイザナギゲームズの梅田慎介氏、ディベロッパーを務めるグランディングの二木幸生氏を交え、開発の経緯や作品の魅力などについて語っていただいたインタビューもお届け!

 詳細は週刊ファミ通2018年10月18日号(2018年10月4日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle