ドット絵2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』Switch版が配信中。60fps動作し、新武器などの限定コンテンツも収録

アクションRPG『Hyper Light Drifter』のNintendo Switch版が先週末より配信中。Switch版での限定コンテンツも。

 Heart Machineが開発したアクションゲーム『Hyper Light Drifter』のNintendo Switch版が、2018年9月6日より配信中だ。本バージョンのパブリッシャーはAbylight Studiosで、価格は2500円。

 本作は、崩れゆく世界を冒険していく見下ろし型のアクションRPG。美しくドット絵で描き込まれたアート面や、ストーリーや直近の目標などもすべてイラストで抽象的に語られる謎多き物語などが特徴。プレイヤーは自身が抱える死に至る病の治療法を求めて放浪する“ドリフター”として、東西南北の4エリアに広がったダンジョンに挑む。

 Switch版は他バージョンに実装されたCo-op(協力)プレイモードなどが最初から実装されているほか、秒間60フレーム(60fps)の描画を実現。さらに限定コンテンツとして、新武器のBlade CasterとCrystal Shot、そしてチャレンジモード“Tower Climb”などが用意されている。