ファミ通調べにより、Nintendo Switchの国内推定累計販売台数が、500万台を突破したことが明らかとなった。

 ファミ通調べによると、Nintendo Switchの国内推定累計販売台数が、500万台を突破したことが明らかとなった。これは、2017年3月3日発売以降、発売から79週(約1年6ヵ月)での達成となる。あわせて、Nintendo Switch用ソフトの国内推定累計販売本数TOP5も開示されている。それによると、1位は『スプラトゥーン2』で、262万1928本になっている。

Nintendo Switch国内推定累計販売台数

(集計期間:2017年3月3日~2018年9月2日/販売週数:79週)

国内推定累計販売台数: 500万7368台

Nintendo Switch向けソフト 国内推定累計販売本数TOP5

(集計期間:各発売日~2018年9月2日)

順位/タイトル名/メーカー/発売日/推定累計販売本数
1位 スプラトゥーン2(任天堂)2017年7月21日発売 262万1928本
2位 スーパーマリオ オデッセイ(任天堂)2017年10月27日発売178万8228本
3位 マリオカート8 デラックス(任天堂)2017年4月28日発売 173万8502本
4位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂)2017年3月3日発売 106万5780本
5位 星のカービィ スターアライズ(任天堂)2018年3月16日発売 59万1721本
(※ファミ通調べ)