2018年8月ソフト・ハード売上ランキング速報、ソフトは『スプラトゥーン2』が260万本、ハードはNintendo Switchが6ヵ月連続トップに!

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2018年8月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2018年8月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。集計期間は2018年7月30日~2018年8月26日(4週分)。

以下は、リリースを引用して掲載

ファミ通ゲームソフト・ハード売上ランキング8月速報

・月間ソフトランキングトップは「スプラトゥーン2」。累計販売本数は260万本で、トリプルミリオンも視野に。

・Nintendo Switchが19.9万台販売、累計500万台に迫る。

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2018年8月国内家庭用ゲームソフトとハードの売上データをまとめました。集計期間は2018年7月30日~2018年8月26日(4週分)です。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】
1位 スプラトゥーン2(Switch) 任天堂 96,639本
2位 メイド イン ワリオ ゴージャス(3DS) 任天堂 90,121本
3位 マリオカート8 デラックス(Switch) 任天堂 86,897本
4位 太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!(Switch) バンダイナムコエンターテインメント 77,761本
5位 世界樹の迷宮X(クロス)(3DS) アトラス 75,834本

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】
1位 Nintendo Switch 199,473台(先月1位 Nintendo Switch 242,733台)
2位 プレイステーション4(合計) 86,061台(先月2位 プレイステーション4(合計) 92,032台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】
1位 任天堂 58.2万本
2位 バンダイナムコエンターテインメント 22.5万本
3位 スクウェア・エニックス 11.7万本

【2018年8月期の家庭用ゲーム市場について】
月間ソフトランキングでは発売から14ヵ月目に入った「スプラトゥーン2」(任天堂/2017年7月21日発売/Switch)が、9.7万本を売り上げ、月間ソフトランキングの首位を獲得。同ソフトの累計販売本数は260万本を突破、トリプルミリオンも視野に、継続的な人気タイトルであることが伺えます。新作では、「メイド イン ワリオ ゴージャス」(任天堂/2018年8月2日発売/3DS)が9.0万本を販売し、2位となりました。そのほかのソフトでは、5位に「世界樹の迷宮X(クロス)」(アトラス/2018年8月2日発売/3DS)、6位に「プロ野球 ファミスタ エボリューション」(バンダイナムコエンターテインメント/2018年8月2日発売/Switch)が入っています。

ハード市場では、Nintendo Switch本体が19.9万台を売り上げ、6ヵ月連続で月間販売台数首位となりました。同ハードの累計販売台数は496.6万台に達し、500万台が到達間近となっています。
なお2位のプレイステーション4は、月間8.6万台を販売。累計販売台数は697.9万台に達し、こちらは700万台到達が目前となっています。

2018年9月期には、「ウイニングイレブン 2019」(KONAMI/2018年8月30日発売/PS4)や、「無双OROCHI3」(コーエーテクモゲームス/2018年9月27日発売予定/Switch・PS4)、「FIFA19」(エレクトロニック・アーツ/2018年9月28日発売予定/Switch・PS4・Xbox One・PS3)といった人気シリーズ最新作が登場します。9月20日からは「東京ゲームショウ2018」も開催され、年末に向けたゲーム市場の活性化が期待されます。
<ファミ通調べ>

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。
2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。
(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)

◆株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について
株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:堀 健一郎)は2017 年7 月3 日、カドカワ株式会社の100%子会社として設立しました。
『ファミ通』『B's-LOG』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Web メディアの運営といったゲームメディア事業を展開。さらに、プロゲーマーチームのマネジメントや、ゲームイベントの企画・プロデュースを中心としたe スポーツ事業など、あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業に取り組んでいます。