2018年8月29日(水)~9月2日(日)の間、神奈川県・横須賀市にて開催中の『ポケモンGO』のリアルイベント“Pokemon GO Safari Zone in YOKOSUKA”の様子をお届けする。

 2018年8月29日(水)~9月2日(日)の間、神奈川県・横須賀市にて『ポケモンGO』のリアルイベント“Pokemon GO Safari Zone in YOKOSUKA”が開催中。
 市内の3つの会場となる“ヴェルニー公園”、“三笠公園”、“くりはま花の国”では、ふだんはなかなか出会えないアンノーン、そして日本では出現しないトロピウスなどが特別に出現。会場の周辺でも、珍しいポケモンが続々と登場した。

 さらに、イベント専用のスペシャルリサーチが用意されているほか、ヴェルニー公園からほど近いドブ板通りにはピカチュウ&イーブイが登場するイベントも! また、商店街で500円以上の買い物をすると横須賀オリジナルステッカーがもらえる連動企画が行われるなど、横須賀市を挙げてのイベントとなっている。

 『ポケモンGO』はもちろんのこと、横須賀観光も同時に楽しめてしまう本イベント。その内容をまとめてご紹介しよう。

※本イベントは事前に行われた抽選で当選された方のみが参加可能。抽選の当落の可否に関わらず、イベント期間中は世界中でキャモメが、日本全国ではラルトス、ナマケロ、ヒンバス、ダンバルなどの珍しいポケモンに出会いやすくなっている。

オープニングセレモニーにピカチュウ&イーブイが登場!

 まずはヴェルニー公園にてオープニングセレモニーがスタート。横須賀市長の上地克明氏が開催を宣言すると、そこへピカチュウとイーブイがなかよく登場! 上地市長をあいだに挟んでの写真撮影タイムとなった。

 オープニングセレモニーが終了すると、プレイヤーたちはみんな一斉にポケモンを捕まえに走り出す! ……までもなく、すでにあたり一帯に大量のポケモンたちが出現していた。

抽選で選ばれたとはいえ、プレイヤーたちはかなりの数!

エリアごとに出現するポケモンが異なる!

 今回記者が訪れたのは、“ヴェルニー公園”と“三笠公園”。そしてこれらの近辺にある通り。これらの場所で確認したポケモンは以下の通り。なお、本イベントでは抽選で当選し、各会場でチェックインをしたプレイヤーのみ、出会えるポケモンの出現率が変わるようだ。下記はチェックインをした際の出現情報となっている。

ヴェルニー公園

【確認できたポケモン】
・トロピウス
・アンノーン(K、O、S、Y、!)
・ナマケロ
・ラルトス

トロピウスとアンノーンのほか、ナマケロやラルトスが大量に見られた。

三笠公園

【確認できたポケモン】
・トロピウス
・アンノーン(A,G、U、!)
・ナマケロ
・ダンバル

トロピウスとアンノーンのほか、ナマケロとダンバルが多く見られた。

公園周辺(商店街など)

【確認できたポケモン】

・ピカチュウ
・イーブイ
・キモリ
・アチャモ
・ミズゴロウ
・タネボー
・ハスボー
・キバニア
・チルット
・ヒンバス
・ナマケロ
・ダンバル
・ラルトス
・キャモメ

 上記は記者がふたつの公園を回った結果出会えたポケモンたちだが、公式のアナウンスにあった珍しいポケモンはひと通り捕まえられたように思う。アフリカ限定で捕まえられるトロピウスは公園内での出現だが、出現する頻度は高かった。そして、公園の周辺の商店街や道路などでは、数多くの種類の珍しいポケモンたちと遭遇した。公園だけではなく、周辺を回るのも重要だ。

 さらに本イベントでは、限定のスペシャルリサーチタスクが獲得できる。その内容はナマケロ・ラルトス・ダンバルをそれぞれ10匹捕まえること。これを達成すると、それぞれの最終進化系であるケッキング・サーナイト・メタグロスが出現する。

 スペシャルリサーチタスクはもうひとつ、たまごを3個孵化するというものがあるので、会場間を移動するときは『ポケモンGO』を起動したままにしておこう。すべてのタスクを完了すると、なんとポケモンの強化に必要な“ほしのすな”が10万ももらえる! イベントに参加していれば自然と大量のアメを入手するはずなので、ここでもらえる“ほしのすな”を使ってケッキング・サーナイト・メタグロスなどを強化してあげよう。

アンノーンの組み合わせで“YOKOSUKA GO!”が浮かび上がる

 ヴェルニー公園と三笠公園で捕まえたアンノーンの種類はぜんぶで、“A、G、K、O、S、U、Y、!”の8種類。異なる種類のアンノーンを見ると、その組み合わせで何かの言葉になるのではないかと考えてしまうのは記者だけではないはず。
 途中からうすうす勘づいてはいたが、開催地である横須賀にちなんで“YOKOSUKA GO!”というメッセージになっているようだ。

 1か所に留まっていてもアンノーンが全種類そろわないということは、早い段階で多くの参加者が気付いた様子で、ヴェルニー公園と三笠公園のあいだには、つねにそれぞれに移動する人たちで溢れていた。
 ところで、記者がヴェルニー公園から三笠公園に向かっているとき、すれ違いざまに「ヴェルニー公園にラルトスはいましたか?」と尋ねてきたご婦人と「たくさんいましたよ」、「まぁありがとう、こっちにはダンバルがいるわよ」なんて会話をした。見知らぬ人が当然のごとく『ポケモンGO』プレイヤーだと確信して話しかけてきてくれる、いま自分はそんな空間にいるのだと思うと、最高にワクワクした。

横須賀の街並みも同時に楽しもう!

 『ポケモンGO』を120%楽しめるのはもちろん、ポケモンを探して移動することで横須賀の観光もできてしまうのが本イベントの魅力のひとつ。ヴェルニー公園では横須賀ならではの海が見えたり、三笠公園では、戦艦三笠も見られ、くりはま花の国では、花畑が広がっている。そのような風景はもちろん、周辺施設や商店街も街を上げて、本イベントを盛り上げている。遊んでるうちにお腹がすいたら、横須賀名物“横須賀海軍カレー”を食べたり、横須賀ならではの雰囲気を堪能してみよう。

街中にも『ポケモンGO』の要素がたっぷり。BGMも流れていた。

 そして欠かせないのがドブ板通り。かなりインパクトのある名前が付いた通りだが、実際は綺麗で明るい雰囲気の商店街だ。イベント期間中は12時~17時のあいだ、1時間おきにピカチュウとイーブイがこのドブ板通りに遊びに来るのだ! ちなみに、この日は12時がピカチュウ、13時がイーブイ、というように2匹が交互に遊びに来てくれた。

 通りを少し歩いて行ったところにあるイベントスペースで、ピカチュウ&イーブイといっしょに写真撮影が可能。手を握ったり、寄り添ってみたり、ハグしたりと2匹ともかなりサービス精神旺盛なので、ちょっと休憩がてらピカチュウ&イーブイに会いに来るのもいいだろう。

▲ドブ板通りにはゲーム内でもピカチュウ&イーブイが出現するので、うまく調整すればこんな写真も撮れちゃう。

 そして、移動の際は、必ず画面ではなく周りの風景に目を向けてほしい。また、まだまだ暑い時期なので水分補給は忘れずに! 疲れたときには、涼しい場所で休憩をとって、快適な“Pokemon GO Safari Zone in YOKOSUKA”を楽しもう。