シリーズ最新作『無双OROCHI3』が2018年9月27日に発売予定。それに向けて、これまでのストーリーを振り返りつつ、記事担当ライターの独断で選んだ注目キャラクターをご紹介!

 『無双OROCHI』シリーズは、コーエーテクモゲームスを代表するアクションゲームのひとつ。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズの世界が融合した異世界を舞台に、両シリーズで活躍する英雄たちが夢の競演を果たす。

 そんな人気シリーズの最新作『無双OROCHI3』が、今秋(プレイステーション4、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版は2018年9月27日発売予定、Steam版は2018年10月16日発売予定)ついに登場する。

 そこで本記事では、1作目『無双OROCHI』とその後日談を描いた『無双OROCHI 魔王再臨』、『魔王再臨』から数年後の世界を舞台にした『無双OROCHI2』、その完成形と言える『無双OROCHI2 Ultimate』のストーリーや注目のキャラクターをプレイバック。

『無双OROCHI』&『無双OROCHI 魔王再臨』のストーリー【※ネタバレあり!】

~『無双OROCHI』編~
 人間界に、突如降臨した魔王・遠呂智。彼は圧倒的な力で時空を歪め、三国志の世界と戦国の世を融合して新世界を生み出し、三國と戦国の英雄たちに戦いを挑んできた。

※画像は『無双OROCHI Z』

 ほとんどの勢力が遠呂智に破れて壊滅する中、希望を捨てず、抗う者たちもいた。蜀の若き将・趙雲。魏の主・曹操の子である曹丕。父・孫堅を人質に取られた呉の孫策。そして、戦国の魔王・織田信長である。

 彼ら反乱軍は、ときに敵対しながらも、国や時代の垣根を越えて手を取り合い、徐々に勢力を拡大。巨大な力を誇る遠呂智軍を少しずつ追い詰めていった。

 そしてついに、遠呂智の居城・古志城にたどり着く反乱軍の英雄たち。呂布や前田慶次など、遠呂智に与する強敵が立ちはだかるなか、英雄たちは協力して遠呂智の討伐に成功。遠呂智が生み出した異世界に、初めて平穏のときが訪れる。

~『無双OROCHI 魔王再臨』編~
 魔王・遠呂智を打倒して勝ち取った平和は、長くは続かなかった。遠呂智亡き後も、彼を慕う妲己たち残党軍が跋扈し、戦を続ける董卓や呂布、伊達政宗らの存在も相まって、世は再び乱れていった。

 残党軍や董卓たちに対して、魏・呉・蜀と戦国の英雄たちは、仙界から現れた太公望や伏犠、女媧たち仙人と協力。勢力ごとに、妲己や新たな騒乱を巻き起こす武将たちに対抗していく。

 英雄たちと妲己たちが雌雄を決する中、新たな敵・平清盛が暗躍していた。彼の悲願は、魔王・遠呂智の復活。平清盛の思惑に気づいた英雄たちは懸命に戦うも、遠呂智の復活を許してしまう……。

 復活した遠呂智を討伐するために、勢力や時代の垣根を越えて再び手を取り合う英雄たち。さらなる力を手に入れた遠呂智は、“真・遠呂智”として英雄たちの前に立ちはだかるも、これを撃破。一連の戦いを見守っていた仙人たちは、人間の力と可能性を認めて仙界へと帰って行った。

担当ライターによるストーリー&キャラクターの見どころ

 『無双OROCHI』と『無双OROCHI 魔王再臨』は、魏・呉・蜀・戦国の4つのストーリーで展開。それぞれ異なる武将たちの視点で、遠呂智と戦うシナリオが描かれます。

 最終的に遠呂智打倒を目指すのは共通ですが、蜀は趙雲と真田幸村の共闘、呉は兄・孫策と弟・孫権の敵対など、ふだん見ることができない夢の展開が堪能できるのは、『無双OROCHI』シリーズならではの醍醐味! 英雄たちの新たな一面が楽しめます。

 『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズの英雄たちが織りなすストーリーはもちろん、本作のオリジナルキャラクターもいい味を出しています。とくに、クールで誇り高い女媧と関西弁の卑弥呼がお気に入り♪ 女媧はもちろん、卑弥呼もストーリーに関わる重要な役を担っているので、プレイする際はぜひ注目を!

 また、『無双OROCHI 魔王再臨』では、遠呂智を主人公に抜擢したストーリー(その名も“遠呂智”)がプレイできるのもミソ。このストーリーでは、『無双OROCHI』の前日譚が描かれます。なぜ遠呂智はふたつの世界を融合させたのか。なぜ遠呂智は英雄たちに戦いを挑んだのか。知られざる宿敵の願望の一端を垣間見ることができます。

 遠呂智のストーリーは、仲間になる武将こそ少ないものの、最初から遠呂智を操作できるのが大きな魅力。遠呂智はラスボスを務めただけあって、性能の高さは折り紙付き。並みいる敵を圧倒的な力で蹂躙する、まさに一騎当千のアクションが楽しめます! プレイする際は、ストーリーはもちろん、遠呂智のアクションも存分に堪能してください!!

女媧
仙界のクールビューティー。素早い剣さばきで敵を圧倒できるほか、無双ゲージを消費して放つアーツが強力!
卑弥呼
関西弁がキュート。嫌われ者の妲己を姉のように慕う姿も本当にかわいい。ほな、いくでー!
妲己
遠呂智の腹心。気まぐれで残忍な性格から多くの英雄たちに嫌われているが、卑弥呼にはやさしく振る舞う。心温まるふたりのやり取りは必見!
遠呂智
『無双OROCHI』シリーズにおける諸悪の根源。鎌のような武器を使って戦う姿は、中二心をくすぐられる。

『無双OROCHI2』&『無双OROCHI2 Ultimate』のストーリー【※ネタバレあり!】

~『無双OROCHI2』編~
 魔王・遠呂智との戦いから数年後……。三國と戦国の英雄たちは、突如現れた巨大な怪物・妖蛇と、復活を遂げていた魔人・平清盛に襲撃され、滅亡の危機を迎えていた。絶体絶命の危機に追い込まれた英雄たちは、馬超、司馬昭、竹中半兵衛が中心となり、決死の覚悟を持って妖蛇に挑む……。

※画像は『無双OROCHI2 Ultimate』

 善戦むなしく、人知を超えた力を持つ妖蛇の前に敗北した馬超たち。希望を失いかけた3人の前に、女仙・かぐやが現れる。彼女は、“時を渡る力”を持っており、馬超たちがかつて仲間を失った戦場へと連れていくという。3人はかぐやの力に半信半疑だったものの、一縷の望みをかけて過去へと飛んだ。

 同じ過ちはくり返さない。大切な仲間を取り戻すために、固く決意した馬超たちは、数々の戦いに介入し、失われた仲間たちの命を救うことに成功。太公望や伏犠、女媧ら仙界と、リュウ・ハヤブサ、ジャンヌ・ダルク、ネメアなど、異世界の住人たちの手も借りて、妖蛇に対抗する力を増やしていく。

 多くの仲間を救出し、妖蛇を滅ぼす兵器・八塩折を手に入れた馬超たちは、再び妖蛇との決戦に臨むことに。激闘の末、英雄たちはついに妖蛇を打ち倒すも、戦いは終わらなかった。妖蛇の巣に開けた新たな道の先に、八首の妖蛇から抜け出した邪悪な力が飛び去っていったのである。

 邪悪な力は、復活した8人の魔王・遠呂智だったが、英雄たちの中に遠呂智を恐れる者は誰ひとりとしていなかった。これまで乗り越えてきた数多の苦難が、彼らに勝利への自信を与えていたのである。英雄たちの力は、8人の遠呂智を凌駕したものの、遠呂智に宿る力は根強く、真・遠呂智となって甦った。

 遠呂智の討伐を目指す仙界軍の長・素戔嗚を破り、その力を示した英雄たちは、真・遠呂智が鎮座する魔窟の最奥へと辿り着く。そこで世界の命運を賭けた戦いに挑んだ英雄たちは、真・遠呂智を討ち滅ぼし、すべての記憶を忘れて元の世界へと帰って行った。

※『無双OROCHI2』はマルチエンディングを採用しており、最新作『無双OROCHI3』は、英雄たちが元の世界に帰還したストーリーの後日談が描かれる。なお、英雄たちが異世界に留まるエンディングも用意されており、『無双OROCHI2 Ultimate』の追加ストーリーは、英雄たちが留まった場合の後日談が明かされる。

~『無双OROCHI2 Ultimate』編~
 真・遠呂智がもたらした悪夢のごとき日々は終焉を迎え、三國と戦国の英雄たちは、互いに争わぬことを誓い合い、ようやく平穏な時代が始まろうとしていた。だが、妲己ら平穏を望まぬ者たちは、とある声に導かれるまま封印を解いてしまう。そこから現れたのは、邪悪な力を持った妖魔・玉藻前だった。

 玉藻前は、英雄たちの偽物を次々と生み出し、各地で争乱を巻き起こした。平和を誓い合ったはずの仲間に襲われ、困惑する英雄たち。戦いの中で、裏で糸を引く黒幕の存在に気づくも、英雄たちは玉藻前の策略により、ひび割れた“神鏡”の中に閉じ込められてしまう。

 力を合わせてなんとか神鏡から抜け出した英雄たちは、仙人たちの力を借りて玉藻前を一時的に封じることに成功する。だが、彼女を完全に封じるためには、ひび割れていない“完全な神鏡”が必要だった。神鏡は、かつて仙界を統べており、遠呂智に命を奪われた天帝の持ち物であるという。英雄たちは完全な神鏡を手に入れるべく、過去の仙界に旅立った。

 過去の仙界で、英雄たちは伏犠の友である仙界の将・応龍が玉藻前に謀られ、遠呂智へと変貌する姿を目の当たりにする。遠呂智の誕生は阻止できなかったものの、過去を変えて天帝を救った英雄たちは、完全な神鏡を持ってもとの時代へと帰還した。

 完全な神鏡の力を使い、玉藻前の正体が悠久のときを生き抜き、強大な力を得た妖獣・九尾の狐であることを暴いた英雄たち。彼らは九尾の狐が放つ妖気を追い、小田原城へと追い詰めた。そして決戦の地で九尾の狐を倒した英雄たちは、神鏡の中に彼女を永遠に封印するのであった。

担当ライターによるストーリー&キャラクターの見どころ

 『無双OROCHI2』のストーリーは、基本的に一本道で進行していき、いくつかのメインステージをクリアーすると、つぎの章に進める作りになっています。英雄たちがほとんど命を失っており、序盤の味方は馬超、司馬昭、竹中半兵衛の3人だけ。そんな絶体絶命の状況から、過去を改変し、散っていった仲間を救うストーリーは、テンションが上がりまくり! とくに、お気に入りの英雄を助けて仲間になったときの感動はひとしおです。

 また、とある理由から助けられなかった英雄たちも、関連したサブステージをクリアーすると、改変後のメインストーリーで救助可能に! メインストーリーだけでもかなりのボリュームですが、サブストーリーもふんだんに用意されており、遊び応えはかなりのもの。アンリミテッドモードやデュエルモードも合わせると、末永く楽しめますよ。

 ストーリーは遠呂智との決着はもちろん、新たな敵・玉藻前との戦いも見もの。彼女を倒す最中、過去の仙界で遠呂智の誕生秘話も明かされるので、『無双OROCHI3』のストーリーにつながらないとは言え、ぜひ『無双OROCHI2 Ultimate』のストーリーもプレイしておきたいところです。

 さらに、『DEAD OR ALIVE 5』のかすみや『アーランドのアトリエ』のステルケンブルク・クラナッハ、『ソウルキャリバー』のソフィーティア・アレクサンドルなど、新たなコラボキャラクターが参戦しているのもポイント! 頼りになる仲間として、原作さながらのアクションを駆使して戦闘で活躍してくれるので、原作ファンの方も必見です。

 興味のある方は、『無双OROCHI2』や『無双OROCHI2 Ultimate』をプレイして、最新作『無双OROCHI3』の発売にしっかりと備えてください!!

真・遠呂智
真の力を開放した遠呂智様。本作でもその圧倒的な力は健在で、操作キャラクターに選ぶと破壊神の力を堪能できる。
応龍
玉藻前に謀られて遠呂智に身を落とす仙界の将。双剣を使ったアクションは攻撃範囲が広く、かなり使いやすい。見た目もイケメン。
玉藻前
『無双OROCHI2 Ultimate』における黒幕。着物姿と古い言葉遣いがお気に入り! ほほ、わらわに勝てる者なぞ、おらぬのじゃ。
九尾の狐
玉藻前が正体を現した姿。こちらは妖艶でセクシーな姿の虜に。無双奥義などをよく見ると、揺れます!