『ドラゴンクエストライバルズ』“勇者杯2018夏”の熱気をリポート&第4弾新カードパックについて二木Pを直撃!

人気の対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』。その公式全国大会“勇者杯2018夏”の熱気をお届けしつつ、大会終了後の二木(ふたぎ)プロデューサーに第4弾新カードパックについて直撃したぞ!

 『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターやモンスターのカードを駆使してバトルする、スマートフォン&PC(Yahoo!ゲーム)向けの対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』。たくさんのプレイヤーが日夜、対戦をくり広げているわけだが、そのてっぺんを決める公式全国大会“勇者杯2018夏”が2018年8月4日、東京・ベルサール秋葉原にて開催された。

 2018年5月開催の“勇者杯2018春”に続き、今回で2回目となる全国大会の決勝トーナメント会場は、開場と同時に多くのプレイヤーやファンで会場が埋め尽くされ、大盛況に。その熱気に負けないくらい盛り上がった対戦は、予選を8位で通過したススズ選手が優勝を収めたのだが、“勇者杯2018夏”の対戦の模様は、コチラの動画をご覧いただきたい。

 ここからは、現地に行った人しか体験できなかった会場の模様をお届けしていこう。まず会場に入ると、2メートルもの巨大なゴールデンスライム(バルーン)が来場者をお出迎え。会場内には物販コーナーや、おなじみ“LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場)”の出張版“LUIDA'S CAFE”、これまた人気の対戦ブース、さらには今回初出展となるリアルカード対戦卓など、決勝トーナメントの試合以外にも楽しめるものがたっぷり用意されていた。

会場のスクリーンでは、対戦の模様を中継。座席の後ろにもずらりと並んだ観覧者が対戦の行方を、固唾を飲んで見守っていた。MCのケンドーコバヤシさんとインパルスの板倉俊之さんが会場を盛り上げ、実況のMokson氏、解説のちょもす氏、civila氏、吉成由貴さんの的確な解説もバトルをさらにアツくしてくれた。

“勇者杯2018春”で優勝したTAKEcake選手の名前もまぶしい、優勝カップを展示。重量感がハンパない。

“LUIDA'S CAFE”では、『DQライバルズ』にちなんだイベント限定の食べ物や飲み物がズラリ。前列左から、ブラッドハンドのシェイブアイス、スライム エビマヨまん~エンゼルスライムver~、スライム肉まん。後列左から、ピサロのダークマター、ゼシカのBerryセクシービーム、ミネアのフルーツフォーチュンテラー、テリーのブルーソルティライチ。全部、おいしくいただきました!

リアルカード対戦卓は、『DQライバルズ』に登場するカードをリアルなカードで再現し、それを使って対戦を楽しむことができるもの。テリーでメラゾーマを使うなど、職業に無関係のカードもデッキに入れてオーケーという、リアルカードならではの特別ルールに。TCG好きにはなかなかたまらない内容で、ランクマッチの上位者もプレイされていたそうだ。

Lv99アカギ選手のトルネコが出したまほうのそろばんで、ゴールドマンがパパスに変身するなど、決勝の舞台にふさわしいドラマチックなバトルが展開。会場でも一進一退の攻防に歓声が湧いていた。

優勝を収めたススズ選手。好きなカードを1枚だけ、特別なイラストで作ってもらえる“伝説のカード錬金”に選んだのは、ベロニカでした!

 前回の“勇者杯2018春”では第3弾カードパック“不死鳥と大地の命動”の新情報が公開されたのだが、今回も第4弾カードパック“モンスターもりもり物語(ストーリー)”が電撃発表! モンスターに焦点を当てて、スライム系・ゾンビ系・ドラゴン系のモンスターの系統強化をコンセプトにした内容で、新システム“パワフルバッジ”の実装も明らかに。第4弾は2018年8月24日に配信されることも公開された。

 会場では占い師専用のレジェンドレアカード“しんりゅう”が公開されたが、『DQライバルズ』のカードライブラリでは、第4弾のさらなる新カードが公開されているので、気になる人はコチラをチェックしてほしい。また、アプリ内の“バトルチャンネル”でも決勝大会のバトルがどんどん公開されているので、戦略の研究に役立ててみよう。