2018年8月5日、千葉県の幕張メッセにて、『アイドルマスター』シリーズのイベント“THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2018 What is TOP!!!!!!!!!!!!!?”の2日目が開催。1日目に引き続き、中村繪里子さん(天海春香役)、今井麻美さん(如月千早役)、浅倉杏美さん(萩原雪歩役)、仁後真耶子さん(高槻やよい役)、若林直美さん(秋月律子役)、たかはし智秋さん(三浦あずさ役)、釘宮理恵さん(水瀬伊織役)、平田宏美さん(菊地 真役)、下田麻美さん(双海亜美・真美役)、原 由実さん(四条貴音役)、沼倉愛美さん(我那覇 響役)らに加え、ゲストとして赤羽根健治さん(プロデューサー役)、高橋李依さん(詩花役)も出演。歌唱や朗読劇、トークなどを行った。

 765プロの高木順二朗社長(声:大塚芳忠さん)による公演前の挨拶が行われ……というのはいつも通りだが、今回はサプライズで、961プロの黒井崇男社長(声:子安武人さん)が登場。黒井社長によるコミカルな前説に、客席から笑いが漏れた。

 公演の始まりを飾るのは、765PRO ALLSTARSによる『紅白応援V(ビクトリー)』。その後、キャスト陣の挨拶を経て、カメラに向かってアピールを競うことになった。自己推薦の結果、挑戦者として沼倉さん、たかはしさん、そして中村さん&下田さんのコンビの3組が選ばれるものの、たかはしさんのセクシーなアピールに対し、沼倉さんは戦意喪失。中村さん&下田さんのアピールも及ばず、大差でたかはしさんの勝利となった。

 続いて、前日と同様、全国のプロデューサー(『アイドルマスター』シリーズのファン)の声を聞く“プロデューサーボイス”のコーナーへ。テレビアニメでプロデューサー役を演じた赤羽根健治さんと、『アイドルマスター』総合プロデューサーの坂上陽三氏、サウンドプロデューサーの中川浩二氏、日本コロムビアの柏谷智浩氏が登場し、赤羽根さんのMCのもと、キャスト陣とともにトークをくり広げた。

 “これまでの765プロダクションの活動でいちばん心に残っていることは?”という質問では、2017年のプロデューサーミーティングや、DMM VR THEATERで行われた“MR ST@GE”、新木場スタジオコーストで行われた1stライブなどが挙げられた。MR ST@GEについて中川氏は、アイドルたちが現実世界に来たような、時代の進歩を感じたと明かした。アイドルたちの身長が実感できるという点からも注目で、2回目の公演に期待が寄せられた。

 この流れで、これまで行われた『アイドルマスター』シリーズのイベントやライブを振り返ることに。まず、『アイドルマスター』シリーズの原点のひとつとなる、2006年の赤羽会館でのイベント(アイドルマスターシークレットイベント)については、若林さんがゲームの映像を参考にして振り付けを行っていたというエピソードが披露された。また、2007年に行われたファンイベント”Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY”の話題も。
※以降、ファミ通.comの過去記事のリンクを掲載していますが、スマートフォンでは見られないものがあります。あらかじめご了承ください。

 パシフィコ横浜で行われた3rdライブについては、このライブで貴音役&響役としてデビューした原さんと沼倉さんが当時を振り返る。原さんは中川さんから、ライブは楽しむことを考えて臨むといいという助言を受けたこと、また沼倉さんは、ライブ出演時に髪型を響に寄せているのは、若林さんの影響ということを明かした。

 また、4周年ライブがインフルエンザで延期になったこと、5周年ライブで浅倉さんが初登場したことなどについても触れられた。浅倉さんは5周年ライブについて、不安を抱いているなかで、坂上さんらに不安を煽られたことを笑いながら語った。

 6周年ライブツアーなどの話題も出る中、赤羽根さんは、6周年ライブとアニメの収録が重なり、たいへんではなかったのか、と質問。これについては、今井さんと釘宮さんが、当時を思い出しつつ、苦労話を明かす。また、7周年ライブについては、下田さんが不安を抱いていたときに“ドヤ顔で行けばなんとかなる”というたかはしさんの助言を受け、気持ちが楽になったと述べた。

 2013年のいわゆる“冬フェス”について柏谷氏が、8thライブについて中村さんが振り返った後、2014年のさいたまスーパーアリーナのライブについて、たかはしさんが語る。たかはしさんは、がんばりすぎて2日目の公演の記憶がない、という思い出を明かした。
※2018年8月5日23時15分追記:さいたまスーパーアリーナライブの年号を2014年に修正いたしました。

 プロデューサーたちの長年の夢だったドーム公演が叶った10thライブや、『ミリオンライブ!』のメンバーとともに出演した“ハッチポッチフェスティバル”などを振り返って、このコーナーが終了。最後に、“TOPとは何か?”と聞かれた坂上さんは、“誰からも”で始まる『自分REST@RT』の一節を引用してみせた。

 朗読劇のコーナーでは、765プロの面々が、全国のアイドルたちが集う“レインボーサマーアイドルフェスティバル”に出演する、というドラマが展開。歌やコントなど、なんでもありのステージという黒井社長の説明を受けて、亜美、真美、あずさ、伊織、やよい、雪歩のチームと、春香、千早、貴音、真、響、律子のチームに分かれてアイドルたちが話し合うこととなった。亜美真美による『おはよう!朝ごはん』の歌唱や、千早によるダジャレの披露、“女の子の禁断の恋愛”(脚本は音無小鳥)を描くドラマの実演、そして星井美希(声:長谷川明子さん)からのビデオメッセージの上映などを行って準備を進めるなか、765プロの面々は詩花(声:高橋李依さん)と出会う。彼女の言葉を受けて、アイドルたちが本当にやりたいことという原点に立ち返り、最後はプロデューサーに感謝を述べた。なお、朗読劇について印象的なシーンを聞かれた高橋さんは、“女の子の禁断の恋愛”における、真と響の恋愛シーンを挙げた。

 ここからライブコーナー、というところで、キャスト陣は衣装替えのためにいったん退場。すると、入れ替わりで赤羽根さんと『アイドルマスター ステラステージ』 の開発陣が壇上に現れ、同作について語った。開発陣の面々は以下の通り。

  • 開発プロデューサー:加藤正隆氏
  • ディレクター:押山萌香氏
  • リードアニメーター:飯島弘道氏
  • リード背景アーティスト:富田智子氏
  • リードキャラクターアーティスト:阿部貴之氏
  • シナリオディレクター:東義人氏
  • プログラマー:土井良文氏
  • サウンドディレクター:佐藤貴文氏

 最初のお題は、ストーリーや世界観の構築について。これについては、スタッフどうしで話し合ってコンセプトを決めるところから開発が始まるという。また、女の子のかわいい仕草などについてもスタッフが挙げ、それをアニメーションとして取り入れているのだそうだ。ちなみに、本作に“愛すべき敵役”961プロが登場することになったのは、加藤氏の要望だったという。
 つぎの話題は、キャラクターのモデリングについて。これについては阿部氏が、髪の表現にこだわったと明かす。ただ、髪が長いキャラクターは難しく、なかでもとりわけ貴音は、ウェーブ感の表現も含めて苦労したそうだ。阿部氏は、“貴音がストレートヘアーになってほしい”と要望したが、果たして、この願いが聞き入れられることはあるのだろうか?
 また、詩花についての話題も。詩花の泣きボクロはもともとデザインの段階では存在せず、モデリングを行う際に参考にしたイラストに、印刷時のゴミがついたものをホクロと誤認したとのこと。しかし、泣きボクロがあったほうが、詩花の設定に深みが出るということで、修正せず、そのまま進行することになったという。
 プログラマー泣かせの“バグ”についても、おもしろい話が。土井氏によると、ある日、あずさ(765プロ最大)の胸が揺れなくなってしまったらしい。これはなぜかというと、揺れが小さくなったのではなく、胸の大きさのパラメータが千早(765プロ最小)並になってしまっていたのが理由のようだ。また、スカートの中(加藤氏によると、スパッツを履いているらしい)が見えるのも、本作ではバグ扱いとのこと。

 ライブコーナーでは、まず美希が登場。『アイドルマスター ステラステージ』映像による『マリオネットの心』が披露された。
 ライブパートは、『ToP!!!!!!!!!!!!!』、『そしてぼくらは旅にでる』、『星彩ステッパー』、『Vertex Meister』、そして高橋さんのソロである『Blooming Star』と、ここまでは1日目と同じ構成。高橋さんが歌いきると、舞台上で感極まり、中村さんが抱きしめてあげていた。そんな高橋さんは、「何かあったら社長に相談しなさい」と、黒井社長役の子安さんに声をかけてもらったことを明かした。

 ここからは2日目ならではの変更点。プロデューサーたちが選んだユニットとして、律子&あずさの“パジャマパーティー”による『シャララ』と、やよい、千早、雪歩、真の“ダブルデート”による『アマテラス』が披露された。 
 765PRO ALLSTARSでの『MUSIC♪』を終えたところで、前述のユニット曲について振り返る。“ゴッド&キング”のコンビによる『シャララ』については、4周年ライブで歌ったときの演出でもう一度やりたい、というリクエストを出したという。一方、ダブルデートについて語った仁後さんは、“声が千早なのに表情がうれしそうな今井さんそのもの”というギャップが印象に残ったとのことだ。

 『shy→shining』を経て、赤羽根さんと高橋さんが再び登場。それぞれが仲間との絆、そしてプロデューサーたちへの感謝を述べた。今井さんや沼倉さんを始め、感極まる人も多く、体調不良で出演が危ぶまれたという浅倉さんも涙をこぼした。そんな中で、浅倉さんの直後に挨拶をした平田さんは、浅倉さんといっしょに演技をして彼女を喜ばせ、場の空気を変えた。このあたりのチームワークは、長い付き合いがなせる技だ。
 そうして迎えた最後の演目は、女性陣による『THE IDOLM@STER 2nd-mix』。本イベントは、シリーズの顔とも言える楽曲で幕を閉じた。

 公演の最後には、高木社長から新情報が。『ステラステージ』がセール価格で販売されるほか、『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』に『ToP!!!!!!!!!!!!!』(ダウンロードは期間限定で無料)と“トップ!クローバー衣装+”が追加されることが判明。本曲が13人ライブ対応曲であることが表す、スペシャルMVも上映された。また、 “MR ST@GE”の第2弾が、2018年9月から始まることも公開となった。

 本記事のタイトルは、最後の挨拶で沼倉さんが発した言葉だ。そう、まさにそれだ。恐らくキャスト陣も、そしてプロデューサーたちも、『アイドルマスター』がずっと続いてほしいと思っているはずだ。だとすれば、プロデューサーにできることは、彼女たちを応援し続けることだ。俺たちだって、ずっとずっと『アイマス』がやりたいんだ! その気持ちを胸に、これからもプロデューサーとして過ごしていきましょう!

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2018 What is TOP!!!!!!!!!!!!!?”2日目セットリスト(※敬称略)
1.紅白応援V(ビクトリー)(765PRO ALLSTARS)
2.ToP!!!!!!!!!!!!!(765PRO ALLSTARS)
3.そしてぼくらは旅にでる(仁後真耶子、中村繪里子、浅倉杏美、たかはし智秋)
4.星彩ステッパー(釘宮理恵、下田麻美)
5.Vertex Meister(若林直美、原 由実、沼倉愛美、平田宏美、今井麻美)
6.Blooming Star(高橋李依)
7.シャララ(パジャマパーティー(若林直美、たかはし智秋))
8.アマテラス(ダブルデート(今井麻美、浅倉杏美、仁後真耶子、平田宏美))
9.MUSIC♪(765PRO ALLSTARS)
10.shy→shining(765PRO ALLSTARS)
11.THE IDOLM@STER 2nd-mix(中村繪里子、今井麻美、浅倉杏美、仁後真耶子、若林直美、たかはし智秋、釘宮理恵、平田宏美、下田麻美、原 由実、沼倉愛美、高橋李依)