一般社団法人日本野球機構(NPB)は、Nintendo Switch用『スプラトゥーン2』を使用した、プロ野球12球団が参加する“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”(非賞金制大会・一律参稼手当有り)を開催することを発表した。

球団代表チームは“第4回 スプラトゥーン甲子園”からスカウト

 一般社団法人日本野球機構(NPB)は、Nintendo Switch用『スプラトゥーン2』を使用した、プロ野球12球団が参加する“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”(非賞金制大会・一律参稼手当有り)を開催することを発表した。期間は2019年春で、会場は東京都内を予定している。

 NPBでは、「すべての人々に野球とスポーツの新しい楽しみかた・関わりかたを提供する」という考えのもと、先日“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”開催を発表したばかり。NBPが野球コンテンツ以外のゲームタイトルを採用する“NPB eスポーツシリーズ”を行うのは、今回が初めてとなる。

 “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”は、『スプラトゥーン2』を使用した、プロ野球12球団対抗のeスポーツ大会で、各球団の代表12チームは、NPBが後援する“第4回 スプラトゥーン甲子園”の出場チームのうち、参加を希望するチームの中から、NPB及び各球団により選考を実施。募集はチーム単位となる。賞金が設定されているわけではないが、本大会及びプロモーション活動などへの稼働に対する手当を参加者一律で支払うとのことだ(金額は未定)。