『Fate/Grand Order Arcade』のオープンニングセレモニーで、塩川洋介氏やゲームセンターいかみ氏、クイック石倉氏、植田佳奈さんが稼動開始を祝う

2018年7月26日、セガ秋葉原3号館にて、同日に全国稼動をスタートさせたセガ・インタラクティブのアーケードゲーム、『Fate/Grand Order Arcade』(以下、『FGOアーケード』)のオープニングセレモニーが行われた。ここではその模様をお届けする。

 2018年7月26日、セガ秋葉原3号館にて、同日に全国稼動をスタートさせたセガ・インタラクティブのアーケードゲーム、『Fate/Grand Order Arcade』(以下、『FGOアーケード』)のオープニングセレモニーが行われた。ここではその模様をお届けする。

『Fate/Grand Order Arcade』 本日(7月26日)より稼動開始、スマートフォン用『Fate/Grand Order』にて聖晶石10個が配布

FGO ARCADE PROJECTは、本日(7月26日)より、アーケードゲーム『Fate/Grand Order Arcade』の稼動を、全国のアミューズメント施設ならびにゲームセンターで開始したことを発表した。

『FGOアーケード』は、本日7月26日から全国のゲームセンターで稼動を開始した“英霊召喚チームバトル”。プレイヤーどうしが3対3で戦う“グレイルウォー”のほか、シングルプレイの“グランドオーダー”、オンデマンド印刷で排出される物理カードの“召喚”などが楽しめる。

テープカット+『Fate』シリーズ生みの親からの激励メッセージで船出を祝福

 本イベントは、まずセガ秋葉原3号店の開店直前(9時20分~)に、1階入り口にて『FGOアーケード』の稼動を祝したテープカット&ゲーム概要の紹介を実施。イベントには『FGO』PROJECT クリエイティブプロデューサーの塩川洋介氏、『FGOアーケード』のディレクター、ゲームセンターいかみ(伊神公博)氏、『FGOアーケード』のマーケティングディレクター、クイック石倉氏、そして『FGO』ではイシュタル役を務める声優の植田佳奈さんが登壇。植田さん、塩川氏の出演は事前に告知されていなかったこともあって、イベント来場者を沸かせていた。

左から植田さん、塩川氏、いかみ氏、クイック石倉氏。

出演陣のあいさつが終わると、塩川氏が『FGOアーケード』の持つ魅力、“3DCG化された躍動するサーヴァント”、“セイントグラフ&概念礼装の物理カード化”などを、スライドを使って改めて紹介。

アーケードの対戦ゲームを“やりこむ”プレイヤーとしても有名な植田さんは、今日の稼動が楽しみすぎて朝4時半に起床。「今週末は“FGO”フェスがあるのでいないんですけど、来週あたりからはゲームセンターに出没するつもりです」と、抱負(?)を語った。

テープカットは出演者全員が発売中の『FGOアーケード』手袋を装着して実行。

 テープカットが無事に終了すると、『Fate』シリーズの生みの親ともいえる、TYPE-MOONの代表&キャラクターデザインの武内崇氏、シナリオライターの奈須きのこ氏から到着したコメントや、“原作”であるスマートフォン版『FGO』での聖晶石10個配布といった、『Fate』シリーズならびに『FGO』ファンにとってうれしい情報が立て続けに到着。会場は大いに盛り上がったが、そろそろセガ秋葉原の開店時間=『FGO』アーケードの稼動が近づいているということで、1Fでのイベントは終了。出演者とイベント整理券をゲットできた来場者は、4Fの『FGOアーケード』コーナーへと移動した。

『FGOアーケード』の稼動を記念し、11時にさっそく配布された聖晶石。

植田さんが読み上げた奈須きのこ氏、武内崇氏のコメントはこちら。なお『FGOアーケード』公式サイトの”お知らせ”でも確認することができる。 https://arcade.fate-go.jp/news/2018-07-26-3/

 4Fでは出演者が筐体にサインを書き込んだほか、記念グッズの配布+出演者によるお出迎えというサービスでイベント来場者を『FGOアーケード』コーナーへと誘導。そしてゲームプレイが可能になった朝10時になった瞬間、イベントのプログラムもすべて終了。2017年の発表以来、大きな話題を提供し続けてきたアーケードゲーム期待の新作が、ついに稼動をスタートさせた。

サインの入った筐体は、セガ秋葉原3号館4F、『FGOアーケード』のコーナー最奥に行けば確認できるはず。

出演者によるお出迎え時には、ゲームセンターいかみ氏のシンボルとも言える(?)、七色に光るキャップにタッチしてから筐体に向かう来場者も見られた(げん担ぎ?)。