Rayark珠玉の2タイトル『DEEMO -Reborn-(仮題)』と『Cytus α』をお届け【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年8月9日号(2018年7月26日発売)では、台湾の実力派スタジオ、Rayarkの新作特集をお届けする。

 スマートフォン向けリズムゲームで数々の話題作を生み出した台湾のゲームメーカー、Rayark。週刊ファミ通2018年8月9日号(2018年7月26日発売)では、そんなRayarkの家庭用ゲーム機向けの新作特集をお届けする。

 1本目は、プレイステーション4/プレイステーション VR対応ソフト『DEEMO -Reborn-(仮題)』(発売元はUNTIES)。昨年発表されて話題を集めた『DEEMO』の3D展開だが、その最新情報を紹介する。もう1本は、本邦初公開となる『Cytus α(サイタス アルファ)』(発売元:フライハイワークス)。Rayarkのデビュー作である『Cytus』が、フルリメイクされてNintendo Switch向けに登場するのだ。スマートフォン版から一新された“進化形”に注目。RayarkのCEOにして、ゲーム事業を統括するユウ・ミンヤン氏のインタビューも必見です。

 詳細は週刊ファミ通2018年8月9日号(2018年7月26日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle



(C)Rayark Inc. DEEMO(R)
Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
(C)Rayark Inc. CYTUS ALPHA(R)
Published by Flyhigh Works Co., Ltd. ※移植開発:株式会社エスカドラ
※画面は開発中のものです。