バンダイナムコアミューズメントラボが10月1日に設立、VRや最新アーケードゲームなどリアルエンタメ機器専門の開発集団として

バンダイナムコアミューズメントは、VRアクティビティや最新技術を駆使した業務用ゲーム機など、各種アミューズメント機器の研究と企画開発を専門に行うバンダイナムコアミューズメントラボを、2018年10月1日付で設立することを発表した。

 バンダイナムコアミューズメントは、VRアクティビティや最新技術を駆使した業務用ゲーム機など、各種アミューズメント機器の研究と企画開発を専門に行う株式会社バンダイナムコアミューズメントラボを、2018年10月1日付で設立することを発表した。代表取締役社長は萩原 仁氏が就任することが予定されている。

 バンダイナムコアミューズメントラボの設立は、「リアルな場を活用し、バンダイナムコならではの施設やサービス、機器などのコンテンツの提供を行うリアルエンターテインメント事業強化の一環」(リリースより)を意図して実施されたもの。バンダイナムコスタジオの業務用分野における企画からソフト、ハードの開発、ネットワーク開発、運営までの一連の機能を分社化し、リアルエンターテインメント施設のコンテンツに特化してスピードと品質を高次元で両立する研究開発体制に再構築することで、バンダイナムコが提供するリアルなエンターテインメント体験の進化を図るという。

 VR ZONE 新宿やVR ZONE 大阪などに注目コンテンツを投入し続けているバンダイナムコアミューズメントだが、バンダイナムコアミューズメントラボの設立により、さらなる魅力的なコンテンツが期待できそうだ。

新会社の概要(予定)

商号:株式会社バンダイナムコアミューズメントラボ(BANDAI NAMCO Amusement Lab Inc.)
設立日:2018年10月1日
資本金:1000万円
本社所在地:東京都江東区永代 2-37-25 バンダイナムコスタジオ本社内
取締役候補:代表取締役社長 萩原 仁/取締役 清嶋 一哉/取締役 堀内 美康
監査役候補:名村 宏
従業員数:約160名(予定)
株主構成:株式会社バンダイナムコアミューズメント 100%
主な事業:リアルエンターテインメント施設向けコンテンツおよびアミューズメント機器関連の研究、企画開発に関する業務

※情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。