歌舞伎町で桐生さんとLINEのやり取りもできちゃう!? 黒田崇矢氏&開発陣も絶賛の『龍が如く』リアル体験型ゲーム『100億の少女誘拐事件』の完成度

リアル脱出ゲームなどを手掛ける株式会社SCRAPのが『龍が如く』と『リアル捜査ゲーム 歌舞伎町探偵セブン』コラボし、現実世界の歌舞伎町で、『龍が如く』の主人公である桐生一馬と協力して事件を捜査するゲーム『100億の少女誘拐事件』が爆誕! 以下では、2018年7月18日、プレス向けに開催された記者発表会の模様をリポートする。

 2018年7月18日、『龍が如く』シリーズ初となる、リアル体験型ゲーム『100億の少女誘拐事件』(7月19日よりプレイ可能)の記者発表会が、東京・歌舞伎町にある“東京ミステリーサーカス”にて行われた。この東京ミステリーサーカスとは、言わば株式会社SCRAPの本拠地と言っても過言ではない施設。複数の脱出ゲームが遊べるほか、今回のコラボ作のベースとなる『リアル捜査ゲーム 歌舞伎町探偵セブン』の拠点としても使用される場所にもなっている。

 イベントリポートを行う前に、まずはリアル体験型ゲームである、『神室町探偵セブン』がどんなものなのかを説明しておこう。与えられた依頼書の指示に従い、歌舞伎町にあるバーやホストクラブなどのさまざまな施設に実際に足を運ぶ。そして、そこで得られヒントや謎、暗号の解読をすることで事件の真相に迫るというのが大まかな概要だ。そして今回は『龍が如く』とのコラボということで、その際に桐生一馬とLINEで連絡を取り合い、協力して捜査をすることができるという。

 そんなコラボコンテンツ『100億の少女誘拐事件』の発表会には、株式会社SCRAP代表取締役社長の加藤隆生氏、『龍が如く』シリーズチーフプロデューサーの横山昌義氏、『龍が如く』シリーズのプロデューサーの佐藤大輔氏が登壇。さらにゲストとして、桐生一馬の声優を務める黒田崇矢氏と、『龍が如く』大好き芸人のNOモーション。のふたりが登場。それぞれが、『100億の少女誘拐事件』を実際に遊んでみた感想を述べていった。

 ゲストも含め、登壇したメンバーはいずれも「おもしろい!」と大絶賛。「巨大なゲームセンターで『龍が如く』を遊んでいるかのようだった」、「実際の街で遊ぶことが斬新」などというコメントも寄せられた。気になる『100億の少女誘拐事件』のストーリーだが、それは実際に遊ぶことで堪能してほしい。ただし、横山氏によれば「『龍が如く』シリーズの時間軸とリンクさせるとムリが生じるので、そこは気にせず、楽しく遊べることを優先して作ってもらった」とのことなので、ファンも安心して楽しめるはずだ。

そもそも加藤氏は、『龍が如く』シリーズのファンということで、「『龍が如く』とコラボをしたくてリアル捜査ゲームを作ったと言っても過言ではない」とコメント。企画段階では社内で「リアル『龍が如く』」と呼称していたそうだ。

今回のコラボのプレゼン段階では、どんな形になるのかピンと来ていなかったという、監修を担当した横山氏。しかし、最初に提示されたシナリオを読んで「これはおもしろくなる!」と確信したとのことだった。

横山氏と同様に当初は不安視していたという佐藤氏。しかし、実際に歌舞伎町を歩き、リアルなお店に入って物語を進めると、すぐに没入して楽しめたとのこと。「『龍が如く』をやりこんでいれば、何となく街の形がわかるので、捜査がラクになるかも?」という趣旨のコメントも!

黒田氏は「抵抗なく入れる台本で桐生を演じられた」とコメント。お墨付きをもらえたことで、『龍が如く』ファンは大安心だろう。ちなみに実際に『100億の少女誘拐事件』を体験してみたところ「炎天下のなかを歩くのが苦にならなくなったほどおもしろい」とのこと。謎が解けたときには、街に響き渡るほど大声を出すほどテンションが上がったようだ。

モノマネ掛け合い芸人のNOモーション。のふたりは、桐生一馬と真島吾朗に扮して登場。黒田氏に、よりモノマネを似せるためのコツを伝授してもらっていた。『100億の少女誘拐事件』を体験した際には、「スマートフォンに指示が来たりする仕掛けがあるなんて!」と驚いたそう。

 依頼書を片手に、歌舞伎町の街を歩いて指定された場所へと向かう。この捜査のおもしろさは、『龍が如く』シリーズにも通じるものなので、『龍が如く』ファンならすんなり没入できるハズ! なお、街を歩き回るので、飲み物やタオル、帽子など、熱中症対策グッズはぜひとも用意して挑みたいところ。ゲームの途中で自由に休憩や食事ができるのも特徴のひとつだ。

 ちなみに、『100億の少女誘拐事件』のプレイ時間は約2時間を想定しているとのこと。プレイ料金は、初回限定のバインダー付きチケットが2500円で、通常チケットは2000円。バインダーは『リアル捜査ゲーム 歌舞伎町探偵セブン』と共通なので、同作を遊んだことがある人は通常チケットを購入すればOKだ。プレイ可能時間は平日:12:10-22:00、土日祝:10:10~22:00となっているが、曜日によって受付終了時間とチェックポイントの終了時間が異なっているので、公式サイトをチェックしよう。また、プレイを始める時間によっては待ち時間が発生することもあるので、下記の公式サイトで念のために予約をしておくといいだろう。