『モンスターハンター:ワールド』×『ファイナルファンタジーXIV』スペシャルコラボステージリポート 新大陸にメテオの雨が降る!?

2018年7月15日、千葉県・幕張メッセにてカプコンの世界的ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MH:W』)のイベント“狩猟感謝祭2018”が開催された。会場内のステージにて行われた、スペシャルコラボステージの模様をお届け。

 2018年7月15日、千葉県・幕張メッセにてカプコンの世界的ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MH:W』)のイベント“狩猟感謝祭2018”が開催された。本記事では、会場内のステージにて行われた、スクウェア・エニックスの人気MMORPG『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)とのスペシャルコラボステージの模様をお届けする。なお、ステージの模様は映像配信されているので、気になる人は公式Webサイトなどからアーカイブ映像をチェックしてほしい。

関連記事

『モンスターハンター:ワールド』狩猟感謝祭2018リポート! 巨大造形あり、コラボあり、公式タイムアタック大会ありのハンターの祭典

2018年7月15日、千葉県・幕張メッセにて『モンスターハンター:ワールド』の一大イベント、狩猟感謝祭2018が開催された。その模様をリポート。

10年来の交流から生まれた奇跡のコラボ

 ステージには『MH:W』のプロデューサー・辻本良三氏、エグゼクティブディレクター/アートディレクター・藤岡要氏、ディレクター・徳田優也氏、そして『FFXIV』のプロデューサー/ディレクターを務める吉田直樹氏が登壇。2018年8月2日の大型無料アップデート第4弾から実施される『MH:W』と『FFXIV』とのコラボ情報やコラボにいたるまでの経緯などを紹介した。

左から順に、辻本氏、吉田氏、藤岡氏、徳田氏。吉田氏がステージに登場すると、多くのファンからは黄色い歓声が飛んでした。

『FF』シリーズではおなじみのモンスター・ベヒーモスの討伐クエストが登場。受注条件はユルめだが、かなり手強い相手になるという。なお、8月後半には、より高難度のベヒーモス討伐クエストの配信が予定されている。

 辻本氏、藤岡氏の両名と吉田氏は『MHP 2nd G』が発売されたころから交流があり、当時はこの3名にスクウェア・エニックスからもう1名を加えた4名で、よく『MHP 2nd G』を遊んでいたという。このときのラージャン2頭討伐クエストでカプコン側をスクウェア・エニックス側がサポートしまくったというエピソードは、約10年経った現在でもことあるごとに蒸し返されているそうだ。

会場では、吉田氏が思わず「ずるい。『蒼天のイシュガルド』のオープニングでしょ、これ」とコメントしたプロモーション映像も公開された。

 今回のコラボのきっかけは、約8年に前吉田氏が『FFXIV』のプロデューサーに就任した時期にまでさかのぼる。そのニュースを見た辻本氏が吉田氏に「『モンハン』で応援できることがあれば言ってほしい」と提案し、吉田氏が「いまのままでは『モンハン』に頼るだけになってしまうので、『FFXIV』をしっかり立て直してから、お互いにメリットがあって、お互いにしかできないことをやるということを目標にがんばります」と返答。そして、『FFXIV』が圧倒的な人気を獲得し、『MH:W』が発売されて『モンハン』もワールドワイドな作品へと成長を遂げたいま、ついにコラボが実現したのだ。

本来は汎用性のない特注のシステムを作ることはスタッフに嫌がられることが多いというが、『FFXIV』コラボはむしろ積極的に意見や提案が出て内容が“盛られていった”そうだ。

吉田氏は、コラボを楽しみにしているファンに向けて「開発チームが会社の垣根を超えて本気を出すとどうなるのかというのを楽しんでほしいです」と、コメント。

 ベヒーモス討伐クエスト以外に、ベヒーモスの素材で作成できる『FFXIV』の竜騎士をイメージしたコラボ武器“ゲイボルグ”、猟虫“ドラゴンソウル”、防具“ドラケンシリーズ”が登場。また、コラボオトモ装備“モーグリネコシリーズ”や環境生物“サボテンダー”なども用意されている。これらのほかにもコラボ要素はまだまだ用意されているとのこと。続報をお楽しみに!