『機動戦士ガンダム』シリーズ、ハリウッド実写版の制作が発表、サンライズとLEGENDARYが共同開発

本日(2018年7月6日)、『機動戦士ガンダム』シリーズがハリウッドで実写映画化されることが発表された。

 本日(2018年7月6日)、『機動戦士ガンダム』シリーズがハリウッドで実写映画化されることが発表された。こちらは、アメリカ・ロサンゼルスで開催中の“Anime Expo 2018”の“サンライズパネル”にて明らかにされたもの。サンライズとともに“共同開発”を手掛けるのは、『パシフィック・リム』シリーズや『ジュラシック・ワールド』など、数々の大作を世に送り出してきたLEGENDARY。

 1979年にテレビ放送を開始してから来年(2019年)で40周年を迎える『機動戦士ガンダム』。日本を代表するIP(知的財産)のひとつで、満を持してのハリウッド実写化と言えるかもしれない。公開時期も含め、残念ながらその詳細は一切明かされていないが、まあ期待しないわけにはいかないわけで……。続報に期待したい。