“new generations”に会える! 『アイドルマスター シンデレラガールズ』の“CG STAR LIVE”ゲネプロ公演&ミニトークショーリポート

2018年7月4日、東京・新宿にある国内最大級のVRエンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”にて行われた“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party”のゲネプロ公演の模様をお届けする。

 2018年7月4日、東京・新宿にある国内最大級のVRエンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”にて、“CG STAR LIVE”の第2弾コンテンツ“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party”のゲネプロ公演が開催された。

 CG STAR LIVEは、VR ZONE SHINJUKUで行われてる施設型CGキャラクターイベントのことで、観客が振るコンサートライトの色や声援により、その日の楽曲やトークの内容が変化するのが特徴だ。第1弾は、スマートフォン用アプリ『アイドリッシュセブン』の公演が行われた。その第2弾として、2018年7月13日から10月(予定)までの期間、『アイドルマスター シンデレラガールズ』を題材とした“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party”が開催される。公演の概要は下記の記事をご覧いただきたい。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』新曲も聞けるCGライブのリハーサル映像が公開! コラボグッズやコラボフード情報も

バンダイナムコアミューズメントは、国内最大級のVRエンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”にて、施設型CGキャラクターイベント“CG STAR LIVE”の第2弾コンテンツとして、2018年7月13日より公演を開始する“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party”のリハーサル映像を公開した。

 公演開始に先駆けて行われた今回のゲネプロ公演の後には、ライブに出演する“new generations”の3人を演じる、大橋彩香さん(島村卯月役)、福原綾香さん(渋谷凛役)、原紗友里さん(本田未央役)が登壇してのミニトークショーも行われた。

 本記事では、ゲネプロとミニトークショー両方の模様をお届けする。なお、記事内には公演に関するネタバレが含まれるので注意してほしい。

 イベントは、凛のナレーションによる公演の注意事項説明からスタート。ちなみに、「今回のアナウンスは私、渋谷凛が担当します」と話していたので、卯月や未央がナレーションを行うこともあるようだ。

 説明が終わると、今回のイベントのキービジュアルにも使用されている新衣装を纏った“new generations”(島村卯月、渋谷凛、本田未央)の3人がステージに登場し、1曲目の楽曲をパワフルに歌い上げた。

 その後に行われたMCは、自己紹介のほか、未央がステージを元気いっぱいに走り回ったり、凛が未央にツッコミを入れたり、そんなふたりを卯月が見守っていたり、3人の個性や関係性がうかがえる心温まる内容となっていた。

 ライブパートの2曲目に続いて、“教えて!シンデレラ”と“シャッターチャンスタイム”のコーナーへ。“教えて!シンデレラ”は、CG STAR LIVEの特徴である観客参加型の企画。入場時に貸し出されるコンサートライトの色で、アイドルに答えてもらいたい質問を選ぶというもの。プロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファン)たちが思い思いの色を上げるなか、今回の公演では、卯月が“最近あったうれしかったこと”、凛が“アイドル以外になってみたい職業”、未央が“もし無人島に何かひとつを持っていくなら?”の質問に回答していた。

 “シャッターチャンスタイム”は、その名の通り、ポーズを取っているアイドルを撮影できる時間。基本的に公演中は写真撮影NGだが、このときに限りOKとなる。なお、本公演は、オールスタンディングとなっているものの、“シャッターチャンスタイム”中は、前列、中列、後列の3つに分けて撮影タイムが設けられているので、後方の人も安心してほしい(後列の撮影中は、前列と中列がしゃがむような形)。また、撮影した画像はSNSへの投稿も可能となっているので、ぜひ自慢のベストショットを投稿しよう。

 その後にも、つぎに歌う楽曲の投票(※“教えて!シンデレラ”と同じくコンサートライトの色で希望する曲を指定する)や、ちょっとしたサプライズ企画、本公演のために制作された新曲『Stage Bye Stage』の披露など、盛りだくさんなライブとなっていた。

 今回の公演では、画面の中で見ていたアイドルたちが目の前で歌って踊っているということに加え、同じ行動をする場面だったとしても、アイドルたちの性格や特徴を表現するように微妙に違う動きをしていたりするので、本当にそこにいるように思ってしまうほどのリアルさを感じることができた。ぜひ、この不思議な感覚を体験してみてほしい。

 ゲネプロ公演の後には、上述の通り、大橋さん、福原さん、原さんがトークをくり広げた。公演を見た感想を聞かれた3人は、激しいダンスやステージを走り回る様子など、アイドルたちが活き活きと動く姿への喜びや驚きを語っていた。

 新衣装は、背中に付いている透明なリボンや、凛だけにある左ふとももの飾りがポイントとのこと。新曲の『Stage Bye Stage』については、「大人な雰囲気な楽曲」(原さん)、「“new generations”の成長を感じました」(大橋さん)と曲を聞いたときの印象を話していた。また、福原さんから曲名の『Stage Bye Stage』の“Bye”は、さよならの“bye-bye"からきているものの、寂しい意味ではなく、“絶対また会えるよ”というような前向きなメッセージが込められていることが明かされた。

 最後に3人は、CG STAR LIVEの特徴である、観客の反応によって歌唱する楽曲やトークの内容が変化することや、同じダンスでもアイドルによって微妙に違う動きについて触れつつ、「ぜひ、何度も足を運んでいただきたいです!」とアピールした。



(C) BNEI/PROJECT CINDERELLA