2018年6月29日にサービス開始から1周年を迎えた、スマートフォン用アプリ『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』。同作のプロデューサーを務める狭間和歌子氏のインタビューの模様をお届けする。

 2018年6月29日、バンダイナムコエンターテインメントが配信するスマートフォン用アプリ『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』(以下、『ミリシタ』)が正式リリースから1周年を迎えた。

 『アイドルマスター ミリオンライブ!』(以下、『ミリオンライブ!』)のアイドルライブ&プロデュースゲームとして登場した『ミリシタ』。ゲームはもちろん、ラジオ、CD、ライブ、リアルイベントなどさまざまな施策が展開され、多くのプロデューサー(『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)たちを熱狂させてきた。

 そして1周年を記念して、6月29日からはゲーム内イベントのほか、東京・秋葉原でのリアル店舗とのコラボレーションイベントや、生配信トークイベント、など多くの企画が行われている。

 今回は、『ミリシタ』プロデューサーの狭間和歌子氏に、この1年の振り返りと、今後の展望などについてお話をうかがった。

狭間 和歌子氏(はざま わかこ)

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』のプロデューサー。ファンのあいだでは、わかちこPの愛称でおなじみ。

休むことなく進化を続けた『ミリシタ』

――まずは『ミリシタ』正式リリースから1年、これまでを振り返っての感想をいただけますか?
狭間「まだ1年しか経ってないのか……」というのが正直な感想です。企画開発はリリースよりももっと前から動いていたので、昨年(2017年)6月の正式リリースのときにさえ「まだリリースしていなかったんだっけ?」と思いました。

――ユーザーとは違う時間軸で動いているから、時間の流れの感じかたにもタイムラグがあるんですね。
狭間そうなんです。リリース後、“765プロライブ劇場”では日々いろいろな出来事がありました。それでも1周年を迎えることができたのは、支えてくれたプロデューサーの皆さまのおかげだと思っています。5thライブで流した『ミリシタ』の振り返り映像の最後のメッセージには、私たち開発チームの思いも込めさせていただきました。

――そういったものも含めて、随所に“仕込み”を続けてきた成果がつぎつぎと実を結んでいった1年だったというわけですね。
狭間リリース後、想定していたイベントやゲームのサイクルができあがるまでの時間は、プロデューサーの皆さまには歯がゆい思いをさせてしまい、申し訳なかったと思っています。

――ですが、一度サイクルが始まってからはかなりのハイペースでゲームが進化していきましたよね? イベント実施だけではなく、UI(ユーザーインターフェース)なども細かく変わっていきましたし。
狭間UIに関しては、開発チームがつねにプロデューサーの皆さまの反応を見ながらスピード感をもって調整してくれています。アップデート後、皆さまの反応をみて3日後に再度アップデートということもありました。

――なるほど。そうやって都度アップデートをくり返していった結果、多くのプロデューサーたちから支持される現在の姿になっていったと。

狭間ありがとうございます。あとは、リアルライブや実際のキャンペーン企画などと連動することで、『ミリシタ』で過ごす毎日をよりリアルに感じてもらうチャレンジをしてきました。初期から計画していたものもあれば、突発的に発生した絶好のタイミングにあわせて、急遽企画したものあります。本当は「全部当初から計画していたものです!」とカッコよく言い放ってみたかったのですが(笑)。試行錯誤もありましたが、プロデューサーの皆さまの反応に支えられて、さらにチャレンジしたいと思うことができました。

――ちなみに、もともと描いていたロードマップと現在の『ミリシタ』は、どのくらい一致しているのでしょうか?

狭間サービス開始時点で描いていたロードマップからはほぼ乖離していないです。むしろ、皆さまの声や、随時決定していくイベントやキャンペーンにあわせて追加していくものも多いので、当初よりボリュームアップしていると思います。

――加えて5thライブも大盛況でしたし、これ以上ないというタイミングで1周年を迎えたわけですが、記念イベントを実施するにあたって、裏側ではどのように企画が進んでいたのでしょうか?

狭間『ミリシタ』1周年のお祝いは劇場内外でプロデューサーの皆さまといっしょに盛り上げたいと考えておりました。そのため、アプリ内のイベント“BRAND★NEW★PERFORM@NCE!!!”では、全プロデューサー総獲得イベントptで豪華報酬がもらえる“総合アニバーサリーミッション”を設けてみんなで盛り上げる企画をご用意いたしました。また、リアルに盛り上がれる場も提供したいと考え、本当に多くの方々にご協力いただき秋葉原スタンプラリーや公開生配信を実施することになったんです。

――先日(2018年6月30日)の生配信では、“THE IDOLM@STER MILLION LIVE 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!”のライブ音源がアプリ内で実装されたり、『ミリシタ』に“詩花”(※)が登場する、というサプライズニュースもありましたね。

狭間そうなんです。プロデューサーの皆さまにも喜んでいただけたようで、よかったです。

※詩花……プレイステーション4用ソフト『アイドルマスター ステラステージ』で登場765(ナムコ)プロダクションのライバル事務所・961(クロイ)プロダクションに所属する新人アイドル(声:高橋李依さん)。

――続いて新曲の『UNION!!』についてもうかがっていきます。これはどういう位置付けの曲として制作されたのでしょうか?

狭間『UNION!!』は、『ミリシタ』の1周年を記念した新曲です。半年ほど前から「1周年を皮切りにどういう展開をしていくか、どういう楽曲にするか、どういう衣装にするか」ということを関係者みんなで打ち合わせして詰めていきました。

――昨年末あたりから、すでに動き出していたんですね。

狭間話し合いの中で「3つのタイプ(Princess、Fairy、Angel)を表現したい」という方向性になり、テーマを“かわいく、カッコよく、無邪気に、みんなで新しい世界に飛び出そう!”に決めました。そのテーマをもとに、衣装デザインや楽曲の方向性を決めていったんです。

――そんな中で誕生した『UNION!!』を最初に聴いたとき、どのような印象でしたか?

狭間壮大で臨場感のある雰囲気がすばらしく、広い会場で「ライブの最後に聴きたい!」と思ったことを覚えています。逆に『Brand New Theater!』のときは「ライブの最初に聴きたい!」と思ったんですよ。

『ミリシタ』の目指す未来とは?

――メルカリとのコラボもいよいよ動きだしましたが、そもそもこの企画は、どのような経緯で実現したのでしょうか?
狭間『ミリシタ』1周年を記念して、「プロデューサーの皆さまがもっと交流できる場を作りたい」と思い企画しました。『アイマス』には“名刺交換”という文化があります。名刺同様、自分の担当アイドルを表現し、交換できるものを用意することで、より多くのコミュニケーションが生まれてほしいと思いました。

――リアルなところで『アイマス』を感じられるのは、プロデューサーにとってもうれしいことですよね。狭間さんご自身が「こんなものがあるといいな」というアイテムはありますか?
狭間私自身もアクセサリーを作るのが好きなのですが、(白石)紬や、(春日)未来のヘアーアクセサリーをみてみたいと思っています。女子視点で恐縮ですが、アイドルたちが実際に身に付けているものと同じものが欲しいですよね。

――週刊ファミ通の『ミリシタ』特集のインタビュー(2018年6月28日発売の、週刊ファミ通7月12日号に掲載)で麻倉ももさん(箱崎星梨花役)や香里有佐さん(桜守歌織役)にうかがったときも、そのようなお話をされていました。
狭間5月に開催したアプリ内イベント“プラチナスターツアー~花ざかりWeekend●~”(※)後、女性のプロデューサーさんも少しずつ増えてきている印象を持っています。この企画にはぜひ女性プロデューサーの皆さまにも参加していただきたいと思っています。

※●は花びらマーク

――週刊ファミ通の『ミリシタ』1周年記念特集では、アンケート企画も掲載していましたが、結果をご覧になられていかがでしたか?

狭間2000人もの方にご回答いただけたことに加え、PLv平均150以上、LP平均765と、ご回答いただいた平均レベルの高さに驚きました。回答を通じてプロデューサーの皆さん熱い思いが伝わって、うれしい気持ちで胸がいっぱいです。本当にありがとうございます!

――印象的な回答などはありましたか?

狭間私自身の回答は“プレイ感覚が気持ちいい楽曲は?”『花ざかりWeekend●』で、“苦戦している楽曲は?”『IMPRESSION→LOCOMOTION!』でした。実際のアンケート結果でも、どちらも上位にランクインしていて、「プロデューサーの皆さまといっしょなんだ」と嬉しくなりました。

――『IMPRESSION→LOCOMOTION!』はダントツでしたね(笑)。『花ざかりWeekend●』は、どこがお好きなんですか?

狭間自然と踊りだしたくなるようなノリノリのダンス調が好きで気持ちだけは踊りながらプレイしています(※実際にはプレイに集中できるよう肘は固定しているとのこと)。

――そのほか、気になるものはありましたか?

狭間いちばん好きな衣装は?”について、『ミリシタ』は衣装バリエーションが多いため、もっと回答が分散すると予想していました。個人的には"スパーキングミュージック!"ジュリアのアナザーカラー衣装のカラーコントラストが好みです。

――『ミリシタ』は、アイドルたちとの“ふれあい”にも力を入れられていますが、“いちばん好きなコミュは?”についてはいかがですか?
狭間メインコミュやイベントコミュに回答が集中すると予想していたので、メモリアルコミュが選ばれたことは驚きました。ただ、メモリアルコミュは、アイドルひとりひとりとの出会いやキャラクター性がクローズアップされているため、私自身もいちばんオススメしたいコミュです。ぜひ、まだ見てない方もチェックしてみてください。

――ちなみに、狭間さんのオススメのメモリアルコミュを教えてください。
狭間私のオススメは、“桜守歌織さんのメモリアルコミュ1”です。「私をこんな風にした責任……とってくださいね?」という歌織さんの控えめながら、プロデューサーに全面の信頼を寄せる姿がかわいくて。

――貴重なご意見ありがとうございます。少し話は変わりますが、『ミリシタ』では大神環役の稲川英里さんが講師役となってゲームを詳しく解説してくれる動画“ミリシタ塾”を配信したり、フルオートでライブをクリアーしてくれる"オートライブ機能"の実装など、リズムゲームが得意ではない人にもとっつきやすい印象があります。これらを採用したのはどういった意図があったのでしょうか?
狭間プロデューサーの中には「リズムゲームが苦手」という方や「“MILLION MIX”でプレイできないから」とアプリ内イベントを敬遠される方もいらっしゃるようです。そのような方に、『ミリシタ』のリズムゲームは“プレイスキルではなく自分にあったプレイ体験でコースを選択できること”、“コース関係なくイベント報酬カードが手に入ること”を伝えたいと思いました。忙しいときには“お仕事”や“ふれあい”なども用意しています。ひとりひとりが自分のプレイスタイルにあわせて『ミリシタ』を楽しんでほしいと願っています。

――そういった施策によって、『ミリシタ』を楽しむ人が続々と増えていってほしいですね。ちなみに、今後の『ミリシタ』の動きについて、何か教えていただくことはできますでしょうか?

狭間そうですね……。いますぐに言えることはないのですが……。そう言えば、来週ごろに解禁したいと思っている情報がいくつかありまして、よろしければその情報をファミ通さんの媒体で公開させていただきたいのですが、いかがですか?

――おお、それはぜひお願いします! どんな情報がいただけるのか、楽しみです!! それでは、最後に『ミリシタ』が1周年を迎え、さらなるステップに進む『ミリオンライブ!』が、つぎの1年で目指すものについてコメントをお願いします。

狭間『ミリシタ』1周年をきっかけに、ライブや楽曲、キャンペーンなどを通じて『ミリオンライブ!』の魅力をさらに“広く”、“深く”伝えていくことが目標です。これからの1年、アイドルたちはかわいく、カッコよく、無邪気に、みんなで新しい世界に飛び出していきます。『ミリシタ』2周年を迎えたときに、私たちもいまの1年を飛び越えたと感じられるよう、チーム一同、全力で駆け抜けていきたいと思います。