ナツメアタリ(ブランド名:七福神)より2018年8月2日に発売予定の、プレイステーション4用サバイバルアクションゲーム『フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム』。本作に声優として出演した=LOVEの佐々木舞香さん、野口衣織さんへのインタビューをお届け。

 ナツメアタリ(ブランド名:七福神)より2018年8月2日に発売予定の、プレイステーション4用サバイバルアクションゲーム『フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム』。待望の日本語版となる本作は、吹き替えにも力が入っており、人気声優の松本梨香さんが、パメラ(ジェイソンの母)とトミー・ジャーヴィス少年を担当。声優ユニット“=LOVE”(イコールラブ)の佐々木舞香さんがカウンセラーのジェニー・マイヤーズ役を、野口衣織さんがヴァネッサ・ジョーンズ役をそれぞれ演じている。

 本稿では、発売“13日前”を記念して(?)、佐々木舞香さん、野口衣織さんのおふたりへのインタビューの模様をお届けしよう。

佐々木 舞香(ささき まいか)

代々木アニメション学院×指原莉乃プロデュースの声優アイドル“=LOVE(イコールラブ)”のメンバー。とにかく元気で明るい。趣味はアニメのグッズ集め。特技は声真似、好きな食べ物は白米。=LOVEへの意気込みは「私は声優さんが好きなので演技の仕事ができるようにがんばりたいです」。

野口 衣織(のぐち いおり)

代々木アニメション学院×指原莉乃プロデュースの声優アイドル“=LOVE(イコールラブ)”のメンバー。イコラブ唯一のショートカットで、かっこよさもかわいさも併せ歌唱力が抜群。小学校3、4年くらいのころに二次元にハマって、そこから二次元ひとすじ!

『フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム』とは
 『フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム』は、映画『13日の金曜日』シリーズをモチーフとした、オンライン対応のマルチプレイ・サバイバルホラーアクション。プレイヤーは殺人鬼ジェイソンの立場、あるいはキャンプに参加したカウンセラーの立場となり、ジェイソンなら全員の殺害を、カウンセラーなら脱出を目的にプレイを進めていく。

商品仕様
ジャンル:鬼ごっこ
プレイヤー人数:1~8人(オンライン)
CERO:Z (18歳以上対象)
価格(税込):5980円[税別]
メーカー:ナツメアタリ(ブランド名:七福神)
海外パブリッシャー:Gun Media
開発会社:Illfonic
発売日:2018年8月2日

公式サイト:http://7gof.tokyo
公式Twitter:@JP_Friday13Game

――まずは、このお仕事のオファーを受けたときの気持ちをお聞かせください。
佐々木私はこの作品については名前だけしか知らなくて、原作の映画も見たことがなかったんです。でも、ジェイソンはキャラクターとして有名じゃないですか。だからなんとなく怖いヤツっていう印象があって……「怖いゲームに出るんだ!」と思ったら、すごく自分自身も怖くなりました。たまたま友だちが海外版をプレイしていたので、「どういう感じのゲームなの?」と聞いたら、「おもしろいよ、死ぬところがいい!」って(笑)。いろいろな話を聞いてから臨めたので、収録はすごく楽しみでした。

野口私はゲーム実況などもよく見ているので、このゲームも知っていました。このゲームは、“卑怯さ”がすごく好きですね(笑)。映画自体も観たことがありますし、とても好きな作品です。私が演じたヴァネッサは、けっこう体力があって強そうなキャラクターですが、走ったりすると大きな音が立つので、すぐジェイソンにバレてしまうタイプ。でも、実況者さんでもけっこう使われている方がたくさんいて、そんなキャラクターの吹き替えができるのは光栄なことだと思いました。
――では野口さんは、自分が演じるのはわりと人気があるキャラクターだ、というところまでご存じだったんですね。
野口はい。後は、死んだ瞬間がすごくいい、ということも知っていましたよ(笑)。殺しかたにいろいろなパターンがあって、首が飛んじゃったりとか、トイレに水没させられたりとか……。
――楽しそうにお話しされますね(笑)。野口さんは、怖いのは平気なんですか?
野口好きなんですけど、苦手です。恐る恐る、でも見ちゃうタイプですね。
――オリジナル版の映画も、そんな感じでご覧になったのですか?
野口兄が観ていたのをたまたま観ていたんですが、怖くて逃げだした記憶があります。だから全部しっかり観たわけじゃなくて、チラッと観て「怖い、観れない!」って自分の部屋に戻ったという(笑)。

――おふたりが演じたキャラクターについて、改めてご自身の言葉で紹介していただけますか?
野口ヴァネッサは、セリフなどは強気な娘ですね。ほかの娘を煽ったりするシーンもあって、いじめっ子みたいな、心が強気な人だなという印象です。でもそんな彼女が、ジェイソンに会うと、キャーキャーワーワーと取り乱してしまうんですよ。そういうところが逆にリアルだなと感じました。あとは……ジャージが似合うキャラクターです(笑)。
――ご自分との共通点などはどうでしょう? 自分の引き出しの中から出てくる人物像でしたか?
野口いやまったく、真逆です。自分はそんなに心が強くなく、シャボン玉ですぐに割れちゃうので。そういう、人に対して強く出られるのはすごくいいなと思いました。

――佐々木さんはいかがですか?
佐々木ジェニーはですね、まずキャラクター表をもらったときに、“クール女子”って書いてあったんですよ。「リーダーシップがあって冷静」みたいな内容が書いてあったのですが、いざ台本を見てみると、ほとんど叫んでばかりで、クールな部分はあまり表現されていませんでした(笑)。いつもは相手に対して言いかたもキツく、「なんとかしなさいよ!」みたいな上から目線なんですけど、いざとなるとすごく焦って「殺されたくない!」となって、クールな部分がなくなってしまうんです。
――そういう、クールな人の取り乱した感じを表現するというのは、とても難しそうですね。
佐々木わたし自身、もともとクールでもないですし、叫ぶようなタイプではないんです。ゲームの収録の経験もまだまだなので、やっぱり難しかったです。

――その難しい役を演じるうえで、工夫されたことなどはありましたか?
佐々木以前、うまく感情を入れて叫ぶにはどうすればいいのか、松本梨香さん(※)に相談したときに、「想像力が大事」と教えていただいたんです。そのときは、「あなたが飼っている動物が崖から落ちそうになっていて、がんばったけどけっきょく手を放してしまった、という場面を想像してみて」と言われて。それで、実際に松本梨香さんが犬役を演じて、レッスンしてくださったんです。その経験は本当に大きかったですね。今回の収録でも、ジェイソンに襲われる恐怖、暗い森の中でひとりぼっちだという恐怖を、しっかり想像しながら叫びました。

※本作でパメラ役などを演じている松本梨香さんは、代々木アニメーション学院声優タレント科特別講師も務めており、=LOVEのメンバーへのレッスンも行っている。

――とくに苦労したセリフや、苦労した感情表現などは、ありましたか?
野口攻撃されるときのうめき声や悲鳴などは、1パターンだけではなくて、10種類も15種類も、いっぱいバリエーションがあるんです。これは、オリジナルの音声を聞いて練習、聞いて練習……というのを、1から15までくり返して収録しました。ただヴァネッサって、うめき声などに嗚咽が入るんですよ。「オエッ!」ってやりながら収録していたら、自分も本当に気持ち悪くなったりして、すごくたいへんでした(笑)。「ここはどうやって表現するのがいいんだろう?」と悩みつつ、涙目になりながら「オエッ、オエッ!」って(笑)。
――ではゲームではぜひヴァネッサを攻撃して、野口さんの渾身のうめき声を聞いてほしいということで、プレイヤーはそこに注目ですね(笑)。佐々木さんはいかがですか?
佐々木難しかったところは、尺を合わせる部分ですね。オリジナルの英語を訳すと、日本語では短かったり、逆に長すぎたりするんです。入りきらないから削ろうとか、余っちゃうから追加しよう、といった作業を、セリフごとにやっていました。長ゼリフだと英語版のセリフがいつ終わるのかわからなくて、「アレ? いまどこを読んでいるんだろう?」となったりして(苦笑)。
――では最後に、発売を楽しみに待っているファンに、アピールしたい部分やメッセージがありましたらお願いします。
佐々木今回は声優陣もすごく豪華で、そこを楽しみにしてくださっている方も多いと思います。『13日の金曜日』シリーズを好きな方はもちろん、この作品から入る方でも、怖さはものすごいと聞いていますので、ぜひ楽しみにしていてください。
野口『13日の金曜日』というタイトルで、7月の13日発売なので(※)、記憶にもきっと残りやすいと思いますし、ぜひお手に取っていただければと思います。時間内に逃げ切れる生存ルートもあり、“ジェイソンキル”といって、協力プレイでジェイソンを倒すこともできるんですよ。だからぜひ、ジェイソンを倒す気持ちで遊んだら楽しいんじゃないかな? みんなでグルになってジェイソンをボコるぞ、みたいな(笑)。ぜひ“ジェイソンキル”を目指してがんばってみてください!
※インタビューを収録した時点での情報。その後、発売日が2018年8月2日に変更となりました。【2018年7月20日12:30追記】

「フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム」発売記念キャンペーン実施決定!
 本作の発売を記念して、今回インタビューに応えてくれたイコラブのおふたりを始めとする豪華声優陣のサイン入り台本が当たるキャンペーンが実施される。パッケージ版「フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム」に同封されている応募券をはがきに貼って応募すると、抽選で以下の賞品が当たる。応募締切は2018年10月31日消印有効となるので、欲しい人はお早めに。そのほか応募要項の詳細などは、ソフトに同梱される応募券をチェックしてほしい。
●サイン入り台本A:3名
トミー(青年)役:矢尾一樹さん
トミー(少年)役・パメラ役:松本梨香さん
AJメイソン役:乃木坂46 衛藤美彩さん
●サイン入り台本B:2名
ジェニー役:=LOVE 佐々木舞香さん
ヴァネッサ役:=LOVE 野口衣織さん