水口哲也氏の新作タイトル『TETRIS EFFECT』が発表。プレイステーション4用タイトルで、プレイステーション VRにも対応。2018年秋発売予定とのこと。

 2018年6月7日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、E3のカウントダウン番組を配信。その中で、水口哲也氏の新作タイトル『TETRIS EFFECT』が発表された。プレイステーション4用タイトルで、プレイステーション VRにも対応。PS4 Proでプレイする場合、4K解像度/60fpsで楽しめる。2018年秋発売予定とのこと(海外向けの発表であり、日本での発売については現時点で言及されていない)。

 発表に合わせて公開された公式サイトによると、『TETRIS EFFECT』には30以上のステージが収録されているという。各ステージは、それぞれ音楽やグラフィックが用意されており、プレイを通じて、それらは進化していく。モードは、“マラソン”、“スプリント”、“ウルトラ”といったおなじみのもののほか、新しいモードも収録。

 また本作には、“Zone”という新しいシステムが入っており、Zoneに入ることで、プレイヤーは時間を止められるという(テトリミノの落下も止まる)。このZoneを利用すれば、ピンチな状況から逃れたり、さらにラインを消したりできるというわけだ。

 同作はE3 2018にプレイアブル出展される予定。また、海外のPlayStation Blogによると、体験版の配信も計画中とのことだが、日本でも配信されるのだろうか? 続報に期待したい。