田中琴葉復帰! さらに新曲『咲くは浮世の君花火』のお披露目も 『アイドルマスター ミリオンライブ!』5thライブDay2リポート

2018年6月3日、埼玉県・さいたまスーパーアリーナにて開催された、『アイドルマスター ミリオンライブ!』のライブ“THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!”Day2の模様をお届け。

19人のアイドルたちが華やかに彩る5thライブ!

 2018年6月3日、埼玉県・さいたまスーパーアリーナにて『アイドルマスター ミリオンライブ!』のライブ、“THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!”Day2が開催された。『アイドルマスター ミリオンライブ!』の5周年記念ライブの2日目となる本公演には、田所あずささん(最上静香役)、Machicoさん(伊吹翼役)、稲川英里さん(大神環役)、田村奈央さん(木下ひなた役)、上田麗奈さん(高坂海美役)、大関英里さん(佐竹美奈子役)、角元明日香さん(島原エレナ役)、愛美さん(ジュリア役)、駒形友梨さん(高山紗代子役)、種田梨沙さん(田中琴葉役)、小岩井ことりさん(天空橋朋花役)、諏訪彩花さん(徳川まつり役)、藤井ゆきよさん(所恵美役)、野村香菜子さん(二階堂千鶴役)、浜崎奈々さん(福田のり子役)、桐谷蝶々さん(宮尾美也役)、夏川椎菜さん(望月杏奈役)、山口立花子さん(百瀬莉緒役)、渡部優衣さん(横山奈緒役) が出演した。本記事では、その模様をお届けする。

『ミリシタ』1周年を記念した新曲『UNION!!』の初披露も! 『アイドルマスター ミリオンライブ!』5thライブDay1リポート

2018年6月2日、埼玉県・さいたまスーパーアリーナにて、『アイドルマスター ミリオンライブ!』のライブ、“THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!”Day1が開催された。

 1日目同様、開演時間とともにスクリーン脇のモニターに永吉昴(声:斉藤佑圭さん)のシルエットが映し出され、影ナレがスタート。最後に「開演に向けて、しまって行こうぜ!」の掛け声でプロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)たちを煽り、ソロ曲『HOME RUN SONG♪』が流れると、会場はペンライトで緑一色に。

 続いてモニターには、765プロライブシアターの劇場事務員、青羽美咲(声:安済知佳さん)のシルエットが現れ、いつもの諸注意兼前説が行われた。今回は、先輩事務員の音無小鳥から「バラエティー要素を入れてみよう」助言を受けたらしく、社長のモノマネを披露。なかなかのクオリティーで、狙い通り会場中に笑いを巻き起こしていく。なお、会場内での野球もやはり禁止されていた……。

 いつもながら前説にはもったいないくらいの手の込んだ前説を経て、いよいよオープニングへ。BGMが流れた瞬間から、会場総立ちである。この日もオープニングナンバーは『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』(以下、『ミリシタ』)のテーマ曲『Brand New Theater!』。本日出演する、19人のキャストたちが勢揃いして、さいたまスーパーアリーナの広大なステージを彩る。

 歌い終わると、ステージ前方にいたFairyチーム(田所さん、愛美さん、野村さん、小岩井さん、藤井さん、山口さん)を乗せた足場がせり出し、そのまま『FairyTaleじゃいられない』のイントロが始まる。『ミリシタ』初のチームオリジナル曲であり、ソロパートでの凜々しいパフォーマンスが特徴的なこの曲で、観客席のプロデューサーたちのハートをガツンと掴んでいた。なお、この曲はかなりダンスが難しいらしく、一部のアイドルたちからは曲名にかけて“FairyTaleが踊れない”と嘆かれていたそうだ。

 ふたりのハーモニーが美しい穏やかなバラードの『虹色letters』(Cleasky=角元さん、桐谷さん)、原曲と異なる編成で元気に歌い上げられた『ドリームトラベラー』(種田さん、諏訪さん、渡部さん、愛美さん、Machicoさん)とユニット曲が3曲続いた後は、ソロパートへ。

 『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION』シリーズ収録の新曲で構成されたソロパート、“元気!”な流れからのトップバッターは、熱血と言えば……の高山紗代子、『Only One Second』(駒形さん)。パワフルな歌声と、最後に見せた指を天に突き上げる決めポーズでプロデューサーたちを魅了していた。

 そして『WE ARE ONE!!』(浜崎さん)では、「自分史上最高のコール」を要求されたプロデューサーたちが最強の絶叫で応えるプロレスのような構図が、『Hearty!!』(藤井さん)では反対にステージと客席がいっしょになって楽しむという、アイドルの個性どおりのライブ空間が展開された。

 しかし、個性と言えば横山奈緒も負けてはいない。『Home is a coming now!』(渡部さん)は、奈緒(演じる渡部さんも)の地元である大阪をテーマにしたユニークな歌。曲中に、チャリンコ(自転車)に乗ったおばちゃんが登場したりする演出もあり、会場中が爆笑していた。そんなソロパート第1部の最後を締めたのは、『Border LINE→→→▽』(▽はハートマーク)(山口さん)。それまでと一転して、アダルティーな雰囲気を前面に押し出した曲となっており、舞台裏では「品のあるエロさ」と噂されていたらしい……。

 ここでMCパート(その1)へ。MCは3つのチームが交代で担当することになっていて、まずはFairyチームの6人が登場し、それぞれのキャラクターで自己紹介を行った。その後、今回の衣装“シャイニートリニティ”の話題になり、藤井さんの思いつきでひとりずつ“セクシーに”クルッと回ることに。言い出しっぺの藤井さんは、回った後に倒れ込むセクシーアピールをしたものの、ほかのメンバーたちから「弱ってるの?」と総ツッコミを受けるという憂き目に遭ってしまった。合掌。

 ステージ上で、FairyチームからAngelチームにバトンタッチして披露されたのは、『Angelic Parade♪』(エンジェルスターズ=Machicoさん、田村さん、稲川さん、夏川さん、桐谷さん、角元さん)。1日目とは異なるキュートな歌声を披露して会場をほっこりとさせていた。

 そして、ここで新曲がお披露目に。Princessチームの5人による新ユニット“閃光☆HANABI団(駒形さん、浜崎さん、上田さん、大関さん、渡部さん)”の『咲くは浮世の君花火』である。ユニット名や曲名からも想像できるように、お祭り感満載でこれからの季節にピッタリの元気な楽曲。ダンスなども合わせてライブの新定番になりそうな予感を漂わせていた。

 さらにユニット曲が2曲、『Good-Sleep, Baby▽』(▽はハートマーク)(Machicoさん、田村さん、夏川さん、角元さん)では、ステージの両翼に広がってアイドルたちがかわいく歌い上げ、『HOME,SWEET FRIENDSHIP』(駒形さん、田所さん、愛美さん、山口さん、稲川さん、原曲はリコッタ)は原曲よりもちょっとオトナな雰囲気で歌い上げていた。間奏では、スクリーンがカメラのデジタルファインダー風になり、パシャッと写真を撮る演出も。

 第2ブロックのソロパートは、『プリンセス・アラモード』(諏訪さん)、『満腹至極フルコォス』(大関さん)、『たんけんぼうけん☆ハイホー隊』(稲川さん)、『スポーツ!スポーツ!スポーツ!』(上田さん)という編成。

 『プリンセス・アラモード』ではまつりらしい、メルヘンチックな世界観が展開。アウトロでは会場の皆で大合唱が行われていた。人が食べるのを見るのが好きな美奈子を象徴するお料理ソング『満腹至極フルコォス』、「ハイホー ハイホー ヘイヘイホー!」のコールとダンスが楽しい、環らしさ全開の元気なナンバー『たんけんぼうけん☆ハイホー隊』とハイテンションな流れが続く中、トリを務めたのは筋肉コールでプロデューサーたちのハートを鷲掴みにする、トレーニング礼賛ソング『スポーツ!スポーツ!スポーツ!』。まだ半分しか終わっていないのに、このテンションでプロデューサーたちは最後まで走りきれるのか……と、いらぬ心配をさせられるほどのノリだった。

 その流れでMCパート(その2)へ。担当はPrincessチームの7人。“プリンセス”のイメージである“おしとやか”なイメージとは若干(?)異なる、元気系キュートなメンバーが集っており「これ本当にプリンセス?」と、みずからツッコんでしまうほど。そのせいか、大関さん発案の“自分がかわいいと思うポーズ”を7人で披露した際、会場からはなぜか笑いが起こっていた……。なお、浜崎さんがライブでスカート姿を披露するのは今回が初だったとのこと。

 ライブはいよいよ後半戦へ。まずは小岩井さんみずからが作詞作曲を手掛けた、切ない曲調が印象的な『Sister』、タイトルどおり美也のような“ふわっとした”気持ちになれる『ふわりずむ』(桐谷さん)、そして、ひなたの出身地である北の大地を思わせるようなやさしく温かみのあるバラード『スノウレター』(田村さん)と、ソロ曲が3曲。

 続くユニット曲もバラードの『昏き星、遠い月』(夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-=野村さん、小岩井さん、藤井さん、山口さん)。原曲同様、ステージ上で真に迫るドラマを演じながらの熱唱に、観客席からは終幕とともに大きな拍手が。

 一転、ふたたび元気全開モードに切り替わって披露されたのは『Princess Be Ambitious!!』(プリンセススターズ=種田さん、諏訪さん、駒形さん、浜崎さん、上田さん、大関さん、渡部さん)。圧倒的元気パワーに、観客席のテンションも再点火していた。

 そしてここでソロパートへ。ラテンっ娘なエレナ節全開で、コール&レスポンスが多く盛り上がりっぱなしの『シャクネツのパレード』(角元さん)、杏奈らしいピコピコサウンドを取り入れつつ、正統派アイドルらしいかわいらしい歌詞やダンスが堪能できる『ENTER→PLEASURE』(夏川さん)、疾走感溢れるハイテンションな歌とダンスでプロデューサーたちを魅了したポップソング『ロケットスター☆』(Machicoさん)と、王道のアイドルソング3連発となった。

 そのままMachicoさんがステージに残って、Angelチーム担当のMCパートに。ほかのアイドルの自己紹介中も皆でわちゃわちゃと楽しそうな6人だったが、楽しく騒ぎすぎてなんと途中で「トーク終了の時間です」のカンペが出されてしまうことに。噛んでも「“エンジェル反省”します!」と笑わせてくれる、元気たっぷりのメンバーたちのやり取りをプロデューサーたちも大いに楽しんでいたようだった。

 そしてライブも終盤に。『ミリシタ』でも人気のユニット曲が登場する。

 最初は『ジレるハートに火をつけて』(灼熱少女(バーニングガール)=種田さん、上田さん、藤井さん、稲川さん、桐谷さん)。じつは2017年3月12日に行われた4thライブ3日目でもこの曲が演じられたのだが、そのときはセンターを務めていた種田さんが病気療養中だったため、そのスペースをぽっかり空けたフォーメーションで歌われていた。今回、種田さんの復帰で晴れて原曲メンバーの5人が揃い、パフォーマンスを見せてくれたことに自然と大きな歓声が沸き上がっていた。

夢の武道館でミリオンスターズの絆が星のように瞬く3時間30分! 『アイマス ミリオンライブ!』4thライブDay3リポート

2017年3月12日、『アイドルマスター ミリオンライブ!』のライブ、"THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!! DAY3 Starlight Theater"が、東京の日本武道館で行われた。本記事では、その模様をお届けする。

 続いては、“新世代歌姫達の饗宴”から始まり、現在までさまざまな編成で歌われてきた定番曲『Blue Symphony』(諏訪さん、大関さん、野村さん、小岩井さん)。今回も、会場中を蒼く染めながら、新たな編成で新たな可能性を見せてくれた。

 ユニット曲の最後を飾ったのは『STANDING ALIVE』(浜崎さん、田所さん、田村さん、夏川さん)。メンバーたちの絆を歌ったさわやかなロックナンバーで、ラストに備えて上がりすぎたテンションを少し落ち着かせてくれた。

 ソロパートもこれがラスト。最後はバラード4連発となった。お嬢さまキャラクターの裏に隠れた千鶴の素直な感情が歌われた『ムーンゴールド』(野村さん)、アコースティックギターを手に、弾き語りのような素朴なメロディーにパワフルな歌声を響かせた『スタートリップ』(愛美さん)、琴葉らしい真っ直ぐな心情を歌った『シルエット』(種田さん)、そして圧倒的な歌声を響かせ会場中が聞き惚れた『SING MY SONG』(田所さん)。『シルエット』では、歌いながらときおりうれしそうな表情を見せていた種田さんの姿が印象的だった。

 いよいよ本編最後のMCパート。オープニング以来、19人全員がステージへ上がり、本公演で歌った楽曲を振り返り、最後の曲として『Dreaming!』を全員で熱唱する。そして曲が終わり、ステージからアイドルたちが退場して数秒、照明が落ちた瞬間……早くも響き渡る「アンコール!」の声。すると、その声に応えるように青羽美咲による影ナレがスタート。そう、“業務連絡”という名の最新情報紹介である。

 2日目は、1日目でも公開された新情報に加え、この日のライブでも披露された新曲『咲くは浮世の君花火』を収録した最新CD『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 10 閃光☆HANABI団』(2018年7月25日発売予定)、および1日目のアンコールで初公開となった新曲『UNION!!』を収録した『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 11 UNION!!』(2018年8月29日発売予定)の発売が公開された。

 さらに、なんと2019年に“6th LIVE”として単独ライブツアーが行われることが決定! 詳細は後日公式サイトなどで発表されるとのこと。

祝『ミリシタ』1周年! 52人全員のアニバーサリーカードが実装決定、リアルイベントやコラボカフェも発表

バンダイナムコエンターテインメントは、スマートフォンアプリ『アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ』のサービス1周年を記念し、ゲーム内外でのイベントを発表した。

『アイドルマスター ミリオンライブ!』2019年に単独大型ライブツアーが開催決定! 『ミリシタ』の新キービジュアルも公開

バンダイナムコエンターテインメントは、『アイドルマスターミリオンライブ!』の6thライブとして、2019年に単独大型ライブツアーを開催することを発表した。

 ざわめきが収まらないさいたまスーパーアリーナ。そんな中、「もうひとつ大事なお知らせ」が美咲からあるようだったのだが、この日もまた“楽屋”が騒がしいようで……。というわけで、1日目と同様、ここでスペシャルコミュ映像がモニターに映し出される。そこには、莉緒、翼、ジュリアの姿が。マジメなジュリアをからかったりしながらライブを振り返っていると、そこに新衣装“ヌーベルトリコロール”を着て静香が登場する。恥じらいながら「どうですか?」とモニター越しに尋ねてくる静香に「かわいい!」と声を揃えるプロデューサーたち。

 その流れで、全員で新衣装を着てアンコールに登場することに。さっそく19人のアイドルたちがステージに現れ、『UNION!!』を熱唱。1日目で初披露となった新曲だが、絶妙なタイミングで観客席からコールが入るのはさすがのひと言である。

 続くMCパートで新衣装の話になると、プロデューサーが何も言わずとも「せーの」の掛け声で一斉にクルッとターン。プロデューサー感涙である。また、ここで『ミリシタ』1周年を記念した新キービジュアルも公開される。そこで、渡部さん曰く「個人的趣味」で、描かれた5人のアイドルたちに同じポーズをとってもらうことに。箱崎星梨花役の麻倉ももさんは1日目に出演しており、この公演は不在だったため、代わりになぜか藤井さんが入って笑いを誘っていた。

 最後にキャスト陣ひとりひとり、キャラクターとして、キャストとしてあいさつを行い、本当に最後の楽曲『Thank you!』へ。ふたたび会場総立ち。歌詞の中でライブでの感謝も伝える、締めにふさわしい楽曲とともに、5年目の周年ライブは幕を閉じた。

 新たなメンバー(白石紬役の南早紀さん、桜守歌織役の香里有佐さん)を加え、充実一途を感じさせてくれた今回の周年ライブ。それぞれが自分の役割を意識しながら、同時に主役として振る舞う難度の高いアイドルミッションも、いまや自然にこなしている印象だ。2019年には、ライブ“ツアーが開催され、さらなるステージへの進化も期待される。ゲーム『ミリシタ』での新曲展開も含め、これからも765プロライブ劇場から目を離せない日が続きそうだ。

“THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!”Day2 セットリスト(※敬称略)

  1. Brand New Theater!(MILLIONSTARS)
  2. FairyTaleじゃいられない(フェアリースターズ:田所あずさ、愛美、野村香菜子、小岩井ことり、藤井ゆきよ、山口立花子)
  3. 虹色letters(Cleasky:角元明日香、桐谷蝶々)
  4. ドリームトラベラー(種田梨沙、諏訪彩花、渡部優衣、愛美、Machico)
  5. Only One Second(駒形友梨)
  6. WE ARE ONE!!(浜崎奈々)
  7. Hearty!!(藤井ゆきよ)
  8. Home is a coming now!(渡部優衣)
  9. Border LINE→→→▽(山口立花子)
    ※▽はハートマーク
  10. Angelic Parade♪(エンジェルスターズ:Machico、田村奈央、稲川英里、夏川椎菜、桐谷蝶々、角元明日香)
  11. 咲くは浮世の君花火(閃光☆HANABI団:駒形友梨、浜崎奈々、上田麗奈、大関英里、渡部優衣)
  12. Good-Sleep, Baby▽(Machico、田村奈央、夏川椎菜、角元明日香)
    ※▽はハートマーク
  13. HOME, SWEET FRIENDSHIP(駒形友梨、田所あずさ、愛美、山口立花子、稲川英里)
  14. プリンセス・アラモード(諏訪彩花)
  15. 満腹至極フルコォス(大関英里)
  16. たんけんぼうけん☆ハイホー隊(稲川英里)
  17. スポーツ!スポーツ!スポーツ!(上田麗奈)
  18. Sister(小岩井ことり)
  19. ふわりずむ(桐谷蝶々)
  20. スノウレター(田村奈央)
  21. 昏き星、遠い月(夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-:野村香菜子、小岩井ことり、藤井ゆきよ、山口立花子)
  22. Princess Be Ambitious!!(プリンセススターズ:種田梨沙、諏訪彩花、駒形友梨、浜崎奈々、上田麗奈、大関英里、渡部優衣)
  23. シャクネツのパレード(角元明日香)
  24. ENTER→PLEASURE(夏川椎菜)
  25. ロケットスター☆(Machico)
  26. ジレるハートに火をつけて(灼熱少女:種田梨沙、上田麗奈、藤井ゆきよ、稲川英里、桐谷蝶々)
  27. Blue Symphony(諏訪彩花、大関英里、野村香菜子、小岩井ことり)
  28. STANDING ALIVE(浜崎奈々、田所あずさ、田村奈央、夏川椎菜)
  29. ムーンゴールド(野村香菜子)
  30. スタートリップ(愛美)
  31. シルエット(種田梨沙)
  32. SING MY SONG(田所あずさ)
  33. Dreaming!(MILLIONSTARS)
  34. UNION!!(MILLIONSTARS)
  35. Thank You!(MILLIONSTARS)

[2018年6月21日14時40分 記事訂正]
記事内の表記に誤りがあり、記事を修正いたしました。読者並びに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。



(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.