天海春香が目の前にいる! MRで展開する新時代のライブパフォーマンス、『アイマス』初のMRライブ公演をリポート

2018年4月30日より神奈川県横浜市のDMM VR THEATERで公演中の“THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪ GROOVE☆”。そのこけら落とし公演の模様をダイジェストでお届け。

ゲーム内のライブが現実のステージ上に!

 2018年4月30日より、神奈川県横浜市のDMM VR THEATERにて、『アイドルマスター』(以下、『アイマス』)のライブ公演“THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪ GROOVE☆”が開催されている。

 この公演は、MR(Mixed Reality:複合現実)の技術を使い、現実のステージ上に3D&2DのCGで構成された仮想世界のセットやアイドルたちを投影し、現実世界と仮想世界を融合させたライブパフォーマンスを実現する、新時代のイベント。

 公演は2018年5月27日まで、全16日48公演(5月7日以降は毎週金〜日曜日のみ開催)となっており、日替わりで6人のアイドルたちが主演を務めている。本記事では、天海春香が主演のこけら落とし公演(初日の第1公演)の模様をダイジェストでお届けする。

MRステージならではのリアルなやり取りも

アイマス』のステージでは、アイドルを演じるキャストの皆さんが舞台に立つことが多かったが、今回はプロデューサー(『アイマス』におけるファンのこと)たちがいつもモニターなどを通して顔を合わせてきた、3DCGのアイドルによるパフォーマンスがくり広げられる。

 いわゆるAR(Augmented Reality:拡張現実)技術によって、本当にそこにいるかのように立体的に投影され、生身の人間のようになめらかに動くアイドルたち。VR(Virtual Reality:仮想現実)と異なるのは、現実世界に直接仮想空間を投影しているため、観客側がVRゴーグルなど特殊なガジェットを必要としないということ。

 そして映画やゲームとも異なり、ただ同じ映像を流す……というものではない。ステージ上に表現されたアイドルたちは、観客席にいるプロデューサーたちと直接コミュニケーションを取ることもできるのだ。MCパートでは、ステージの天海春香がプロデューサーたちにさまざまな質問を投げかけ、観客席からの返事に反応してさらにコメントを返す……といった、いつもの『アイマス』ライブと同じ光景も見られた。

 さて、前置きが長くなったが、ここからいよいよライブ本編である。

 まずは、お約束の音無小鳥(声:滝田樹里)による影ナレ。いつものように小粋な前説でガッツリ笑いを取り、CGで描かれた緞帳が開いて公演がスタートする。

 公演時間は1時間と短めだが、その間にユニット曲あり、主演アイドルのソロ曲あり、MCありと内容は盛りだくさん。メインとなるライブパートでは、765オールスターズの13人が3人〜5人ずつ登場して歌い、踊るユニット曲がゲームサイズで展開した。

じつはアイドルたちはそれぞれ、少しずつ違った動きをしているのもリアルっぽい!

 会場のDMM VR THEATERは、350人程度のキャパシティで箱としてはそれほど大きくないが、それだけに全体がステージに近くて誰もが臨場感溢れるパフォーマンスを楽しめる。また、観客席は後方に向かってなだらかに傾斜がついており、後ろの席の人たちもだいぶ見やすくなっていた。

 これからライブに行くプロデューサーもいるので、ユニット曲の詳細はお伝えできないのだが、ゲーム、アニメ、ライブでの人気曲がつぎからつぎへと登場。ゲームサイズで1曲あたり2分程度の構成になっているおかげもあって、ソロ曲も合わせて15曲も堪能できたのはうれしかった。

 一方、主演アイドルによるソロ曲(1曲目は『キラメキ進行形』)は、フルサイズで演じられていただけでなく、ステージ上にダンサーも参加。CGの春香と生身のダンサーさんによる、仮想世界と現実世界の競演という“MR ST@GE”のタイトルにふさわしいステージが実現されていた。

とくに間奏中のダンスパートは見応え満点! 『アイマス』史上最高のキレッキレなダンスが見られた。

 MCパートでは、「私のソロで皆さんが立ち上がってくれたのがうれしい!」と喜ぶ春香。しかし、歌の直前に「スタンドアップ!」と呼び掛けて皆を立たせていた人は誰だったか……と、プロデューサーたちも大爆笑していた。

 また、春香からプロデューサーたちにはいろいろな質問が投げかけられていた。ラストのソロ曲での動きの確認や、そこで着る衣装を選ばせるなど、まさにふだんと変わりないライブならではの光景だ。

 ちなみに、この公演では“赤いタータンチェックのスカート”が選ばれていたが、春香はもうひとつの候補であった“赤いベルトのパンツスタイル”も「今度選んでね!」とお願いしていた。

 MC後には再びユニット曲、ソロ曲のライブパートに。ラストを飾るソロ曲『乙女よ大志を抱け!!』では、リクエスト通り春香が赤いタータンチェックのスカート姿で登場し、大いに会場を沸かせていた。

約束の衣装で登場した春香。観客席とコール&レスポンスをしながらステージ上を躍動する!

 CGアイドルのライブのいいところは、衣装替えなどが一瞬で行えるために超ハイテンポで曲目が進行すること、ダンスパフォーマンスのキレのよさ(なお、ひとりひとり動きかたに違いがあった!)、ゲームやアニメでのイメージがそのまま投影されることなど。キャスト陣が演じてきたこれまでのライブもすばらしいものではあるが、MRライブのよさも存分に体感できた。

 近年、さまざまなコンテンツを通じて“ARアイドル”のイベントも開催されてきているが、今回は本気を出した『アイマス』の実力をまざまざと見せつけられた恰好。とくにMCパートでは、小さい会場であるがゆえアイドルと直接コミュニケーションできるチャンスが多く、プロデューサー諸君にとっても得難い機会となっている。公演はまだまだ続くが、早くも次回公演が楽しみである。

【2018年4月30日22時30分追記】本公演のスケジュール、画像などを追加しました。

 本公演の今後のスケジュールなどを記載する。

開催日時・場所
2018年4月30日 (月)~2018年5月6日(日)
2018年5月11日(金)~2018年5月13日(日)
2018年5月18日(金)~2018年5月20日(日)
2018年5月25日(金)~2018年5月27日(日)
第一部:開場12:00/ 公演13:00-14:00 (予定)
第二部:開場15:30/ 公演16:30-17:30 (予定)
第三部:開場19:00/ 公演20:00-21:00 (予定)
※1日3部構成

出演者
765PRO ALLSTARS
日替わり主演アイドル:天海春香/如月千早/萩原雪歩/菊地真/四条貴音/我那覇響

また、本公演では、“たるき亭×DMM VR THEATER”のコラボドリンク&フードや、オリジナルグッズなども販売中(下記画像を参照)。当該公演のドリンク&フードの販売は”開場時間の30分前”とのことだ。