バンダイナムコアミューズメントが展開する、東京・新宿にあるVRエンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”。同施設にて、2018年4月27日より、フィールドVRアクティビティ『ドラゴンクエストVR』が稼動開始する。

 『ドラゴンクエストVR』では、参加者が4人でパーティを組み、施設内の20m✕12mのアリーナを用いて冒険する。VRゴーグルをかけると、そこは『ドラゴンクエスト』の世界。参加者は戦士、魔法使い、僧侶となって、剣や魔法を使ってモンスターと戦っていく。

 同アクティビティの、戦士視点のプレイ映像を紹介しよう。なお、残念ながら、この映像に音楽は入っていないのだが、もちろん実際のプレイでは、心踊る音楽や効果音とともに冒険が楽しめる。

 戦士は、剣と盾を装備し、仲間を守りながら最前線で戦う役目。スライムやドラキーといったおなじみのモンスターと、至近距離で戦うという体験は、ほかでは味わえないものだ。

 今回の映像は戦士視点のものだが、魔法使いや僧侶として参加する場合は、基本的には後方で戦うので、プレイ感覚がまた少し異なる。利き手に持った杖を振り、ヒャドやバギといったおなじみの魔法をくり出すという体験も、また特別なものだ。

 ファミ通編集部は、稼動開始に先駆けて行われたメディア体験会に参加。詳しいプレイリポートは、下記の記事でお届けしているので、ぜひチェックしてほしい。

オリジナルキャラクターのホミリーがナビゲートしてくれる。
「スライムって、『DQ』の世界の中ではこんな大きさなんだ」と、世界のスケール感を知れるのも魅力。
仲間を回復できるのは僧侶のみ。ゆえに、僧侶が倒れないように戦士が守ってあげなければならない。
最後に待ち受けるゾーマを倒せるか!?