『スプラトゥーン2』ウデマエXはレート制? オクト・エキスパンションに3号が登場!? 新映像からさまざまな要素に迫る!

2018年3月9日、朝の“Nintendo Direct 2018.3.9”で、突如公開された『スプラトゥーン2』のVer.3.00アップデートと、有料追加コンテンツ“オクト・エキスパンション”の情報。公開された映像からVer.3.00と、“オクト・エキスパンション”の謎に迫ってみたい。

 2018年3月9日、朝の“Nintendo Direct 2018.3.9”で、突如公開された『スプラトゥーン2』のVer.3.00アップデートと、有料追加コンテンツ“オクト・エキスパンション”の情報。その後の、Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)』へのイカ(インクリング)参戦もあり、うれしさと驚きで朝から興奮したイカ好きな人たちも多かったのではないだろうか。今回は、公開された映像から“オクト・エキスパンション”の謎に迫ってみたいと思う。若干ながら、『スプラトゥーン2』のヒーローモードのネタバレ要素もあるので、ご注意を。

『スプラトゥーン2』ウデマエX追加! タコが主人公のヒーローモード、有料追加DLC“オクト・エキスパンション”2018年夏配信決定!【Nintendo Direct】

2018年3月9日、任天堂がWebプレゼンテーション番組“Nintendo Direct 2018.3.9”を放送。その中で、『スプラトゥーン2』の新情報が公開。

『大乱闘スマッシュブラザーズ』新作、Nintendo Switchでついに発表! 2018年に登場【Nintendo Direct】

“Nintendo Direct 2018.3.9”の最後で、『大乱闘スマッシュブラザーズ』の新作を告知する映像が公開された。

ウデマエXのシーンに隠された意味深な“計測中”

 ……と書いておきながら、映像順的にもVer.3.00のアップデートについて軽く触れたい。2018年4月下旬予定のVer.3.00アップデートでは、ギアが100種類以上が追加。2017年11月のVer.2.00アップデート(“スーパー!なアップデート”という名称で呼ばれた)で追加された、秋冬ものを中心としたギア140種類に続く追加で、今回はおそらく春夏ものが中心の様子。前作にあったギアに加え、新作ギアも多数あるようだ。

 新ステージは、前作にも登場したショッツル鉱山とモンガラキャンプ場、そして初登場となるスメーシーワールドの3つが公開された。ステージ部分の映像は短かったが、内容からはショッツル鉱山にはベルトコンベアーの近くにスポンジ、モンガラキャンプ場にはインクレールやスポンジが追加されていることがわかる。モンガラキャンプ場のインクレールは、スタート地点前に追加されており、スタート地点からまっすぐ進むか、右に進むかでルートが分かれていたが、橋だけでなくインクレールの移動手段が加わったことで、より激戦になることが予想される。

前作では、対岸で撃ち合うことが多かったポイントに足場が追加。壁に上りやすくなり、高台からの攻撃も高台への急襲もしやすくなっている様子。

 ヒーローモードでは、特定の条件を満たすことで、タコツボキャニオンにアオリちゃんが登場するようになる。4号(『スプラトゥーン2』のヒーローモードの主人公)の話をしていたりと、ヒーローモードクリアー後のような印象を受ける。……となると、最深部であのボスと再戦しようとした場合、急遽サングラスをかけ直すのだろうか?

 そして、Ver.3.00の中でガチイカ勢でもっとも大きな話題となるのが、ウデマエXの追加だろう。動画では、“エクストリームなプレイヤーを集めた、より挑戦的なウデマエ”とのことだが、気になるのが動画内に出ていた、ウデマエXへの上昇時の“計測中...”という表示。これは、リーグマッチやフェスなどでリーグパワー、フェスパワーを計測するときにも表示されるものだが、ウデマエX内ではリーグパワーやフェスパワーのように、バトル結果に応じたパワーの上下(いわゆるレート)が表示されるようになるのだろうか? また、映像ではS+9からXに上がっていた。ウデマエXはS+カンストから上がるというわけではないようで、もしかしたらS+10以上がXになるのかもしれない。続報を待ちたい。

 忘れてはいけないのが、映像内で流れていた新曲。『スプラトゥーン』Twitterによると、バトルの新曲が2曲追加されるとのことだが、そのひとつが映像で流れていたものだろう。前作の『スプラトゥーン』を遊んでいたプレイヤーにとっては若干懐かしさを感じさせるチップチューンの曲調で、おそらくは前作でもアップデートで曲が追加されたバンド“ABXY”の新曲だと思われる。しかし、『スプラトゥーン2』は前作から2年後の世界。もしかしたら、ABXY本人たちではなく、ABXYのフォロワーのようなバンドかもしれない。