任天堂から発売中のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』。『スプラトゥーン』公式Twitterで、2018年2月28日10:00時に配信予定のブキのバランス調整などを含む“更新データVer.2.3.0”の情報が公開された。

 任天堂から発売中のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』。『スプラトゥーン』公式Twitterで、2018年2月28日10:00時に配信予定のブキのバランス調整などを含む“更新データVer.2.3.0”の情報が公開された。

 今回のアップデートでは、プロモデラーMG&RGの弾が落とす飛沫の数が増えたり、リッター4K系(カスタム&スコープ含む)のフルチャージ時の弾速が約50%早くなっていたりと、細かい調整が加わっている印象だ。その中でも、今後の使い勝手が変わりそうなもののひとつが“ジャンプビーコン”。今回のアップデートで、新たに“設置場所の周囲にいる相手プレイヤーが、味方全員のナワバリマップに表示される”という機能が加わった。これまではスーパージャンプの移動先になる機能だったビーコンだが、今後は、ステージのあちこちに置くことで、相手の動きをチーム全体で把握できるようになるというのは、戦略の変化を生む可能性がある。逆に、相手にビーコンを置かれた場合は、これまでより早く破壊する必要が出てくるだろう。また、“サブ性能アップ”のギアパワーがこの機能に影響を与えるのかも気になるところ。

 もうひとつの使い勝手が変わりそうな変更点が、マルチミサイルの“構えてから発射するまでの間、ZLボタンを押すとイカ状態になって移動できるように”というもの。これまではマルチミサイルを構えた後は、ゆっくりとした移動しかできなかったため、発動の瞬間を相手に狙われることが多かった。しかし、イカになって移動できるとなれば、相手の攻撃を避けることはもちろん、新たな使いかたが発見されるかもしれない。

【2018年2月28日13時10分追記】

 『スプラトゥーン』公式Twitterにて、昨日発表した内容で、スプラシューターコラボのスペシャル必要量が210ポイントに下がったことが抜けていたということが発表された。スプラシューターコラボは、『スプラトゥーン2』発売後に多くのユーザーが使っていたが、スペシャル必要量が230と大幅に上昇されたこともあり、使用するユーザーが減っていた。必要量が210になったことで、以前よりも使うユーザーが増えそうだ。

 アップデートの一部は下記の写真で掲載。そのほか、詳細はオフィシャルサイトをご覧いただきたい(→コチラ)。

 ちなみに、これまでのアップデートの詳細発表時は、『スプラトゥーン』公式Twitterで次回のアップデートの時期が告知されていたが、今回は次回のアップデート告知がなかった。これまでは、ほぼ月イチペースでのアップデートが多かったが、今後はアップデートのスパンが変わるのかもしれない。