2018年2月10日~11日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”。2日目となる2月11日、ゲーム音楽ステージでは、 “ペルソナ・ダンシング・闘(to)ナイト”が開催。『ペルソナ3』、『ペルソナ4』、『ペルソナ5』および関連タイトルの楽曲が、DJ WAKAによるリミックスで披露された。

 2018年2月10日~11日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”。2日目となる2月11日、ゲーム音楽ステージでは、 “ペルソナ・ダンシング・闘(to)ナイト”が開催。『ペルソナ3』、『ペルソナ4』、『ペルソナ5』および関連タイトルの楽曲が、DJ WAKAによるリミックスで披露された。

DJの商売道具といえる(?)MacBookも、最新作『P3D』&『P5D』仕様のブルー&レッド。

 『P3』のオープニングアニメーションとともにダンスフロアはオープン。いきなりの人気曲Burn My Dreadに、観客のボルテージは出だしから最高潮! 月夜のような青&黄の照明も気分を大いに盛り上げる。

 満面の笑みを浮かべるDJ WAKAの手で、曲はSoul PhraseWiping All Outとスライドしていき、みんな大好き「ベイベベイベベイベベイベ」(『Mass Destruction』/『P3』戦闘曲)がカットイン! 同じく特徴的な“きゅっきゅっ”音は生スクラッチで再現された。

 続いて時代が『P4』に移ると、DJ WAKAのヘッドフォンも“青→黄色”にカラーチェンジ。Shadow WorldPursuing My True Selfとオープニングテーマが披露されたのち、Heavenのやさしいメロディで熱狂は一旦Chill Out……。

 かと思いきや、ここでスクリーンに映し出されたのは『P4U』! Best FriendsMissions For The Brilliant Executorなど、血沸き肉躍るチューンの数々がフロアに再び火を入れる。

 そんな『P4U』メドレーの締めを飾ったのは『P4』本編の通常戦闘曲でもあるReach Out To The Truth』(※)! たしかに「バトルといえばこの曲」というシリーズファンも多いだろう。粋な構成に、客席からは悲鳴に近い歓声が上がった。

※『Reach Out To The Truth -in Mayonaka Arena-』、『Reach Out To The Truth -First Battle-』のリミックス。

 ここで舞台は『P3』と『P4』のキャラクターが総集結する『PQ』の世界へ迷い込み、オープニング曲MAZE OF LIFEなどが披露。客席も青か黄色、より好きな色のサイリウムを振って盛り上がる。

 『P4D』オープニング曲Dance!から、『P4』のナンバーが再開。specialistYour Affectionと続いた後、キッチュなエフェクトとともに全ての人の魂の詩がフェードイン。ただしこちらはElectronica In Velvet Room (“P4D”ver.)。ベルベットルームのミステリアスな雰囲気はどこへやらで、楽しそうに踊るイゴールたちが目に浮かぶ。

 そして、記憶に新しいイントロが重なっていき……。

 Wake Up, Get Up, Get Out Thereがスタート! 怪盗団の反骨真を煽るようなスクラッチがかっこいい!!

 ここからは怒涛の『P5』ラッシュが続く。パレスや日常を彩る名曲の数々が披露されたのだが、緊迫したBGMにあわせて「もうすぐバレンタインだもんな」というニコ生コメントが流れたのには笑ってしまった。

 『P5』リミックスは、流麗な曲入りが本当にすばらしかった! もちろんどのタイトルもかっこよかったのだが、『P5』はとくにそう感じたのだ。戦闘終了時のBGM勝利からのフェードインは、曲と曲の境目がまったく分からないほどで、リザルト画面をスタイリッシュに駆ける主人公の走りを体現したかのよう。

 そんなステージもいよいよ終わりが近づいてきた。屈指の人気曲Life Will Change(予告状後のパレスBGM)が流れ、本編同様にクライマックスに突入する会場! もちろん、RUN, RUN, RUN!で手に汗握る逃走劇もしっかり再現されている。

 ……では、怪盗団が盗んだ“オタカラ”とはなんだったのか。

 それは5月24日発売ペルソナ5 ダンシング・スターナイトペルソナ3 ダンシング・ムーンナイトのPV! それぞれの新曲GROOVY(P5D)、Our Moment(P3D)にあわせてクールに決めるS.E.E.S.&怪盗団。会場の我々もまた、DJにあわせて気持ちよく身体を揺らした直後。キャラクターたちの楽しい気持ちが、表情や動きから心底伝わってくる。

 『ペルソナ』シリーズファンなら、いやファンでなくともテンション上がりっぱなしの50分間だった。何より印象的だったのは、DJ WAKAの満面の笑顔。身振り手振りも加えながら、観客の心をひとつにまとめ上げていくていく。ステージの様子は、ニコ生タイムキャスト視聴が可能だ。熟練のDJの御業は、画面越しにも心を盗んでくれるはず。ぜひご視聴いただきたい。

闘会議2018 ゲーム音楽ステージ[DAY2]