『アカとブルー Type-R』がJAEPO 2018にイベント限定仕様でプレイアブルで出展決定

タノシマスは、2018 年2月9日(金)~2月11日(日) より千葉県・幕張メッセで開催されるジャパン アミューズメント エキスポ2018(JAEPO 2018)に、現在開発中のアーケード用縦スクロール型シューティングゲーム『アカとブルー Type-R』を、サファリゲームズブースにてプレイアブルで出展することを明らかにした。

 タノシマスは、2018 年2月9日(金)~2月11日(日) より千葉県・幕張メッセで開催されるジャパン アミューズメント エキスポ2018(JAEPO 2018)に、現在開発中のアーケード用縦スクロール型シューティングゲーム『アカとブルー Type-R』を、サファリゲームズブースにてプレイアブルで出展することを明らかにした。今回は、スマートフォン版『アカとブルー』をもとに、EXA ARCADIAと呼ばれる新型ボードで動作させた特別仕様のものを参考出展という形でプレイアブル展示する。スマートフォン版との違いは以下の通り。

●敵機が放つ敵弾のスピードをコントロールパネル用に一部再調整
●プレイヤーのライフおよび BOMB エネルギーがステージ間持越し
●オート BOMB を廃止
●オーディオデータの高音質化

●一部背景テクスチャの高画質化
●画面解像度を 720pix(横)×1280pix(縦)に変更
●ステージ 1 の中型敵機および大型ボス、レーダー基地のディテール及びテクスチャ解像度の変更
●ステージ 2 の中型敵機および大型ボスのテクスチャ解像度の変更以下、プレイアブル内容
●画面比率は 16:9のまま
●プレイ可能なステージは まで
●使用できる自機はファイアバード(搭乗者:アカ・シンク)のみ

※上記はあくまでも参考出展であり、製品版の仕様とは異なります。

左側が『アカとブルー』のゲーム画像、右側が展示版『アカとブルー Type-R』のゲーム画像。

 また、現在公開されている『アカとブルー Type-R』のティザーサイトが、JAEPO 2018の初日(2月9日)、正午ごろより更新。キーヴィジュアルおよびキャッチコピーを変更するとのこと。『アカとブルー』でキャラクターデザインを担当している佐悠氏の新規描きおろしのヴィジュアルにアーケードに対するタノシマスの熱い想いを込めたキャッチコピーを加えての公開になるとのことなので、ご期待あれ。

exA-Arcadia について

 exA-Arcadiaシステムボードは日本国内だけでなく、世界中のあらゆるアーケードシーンに適応し展開できるように開発された Windows ベースのアーケードプラットフォーム。企業、同人を問わず、多彩なジャンルの有名タイトルを全世界から集め販売する予定となっている。exA-Arcadia システムの開発・販売はShowMeHoldings。
 現在、10のプロジェクトが進行しており、今後も続々タイトルがリリースされる予定だ。exA-Arcadia のおもな特徴は以下のとおり。

・ブラウン管および液晶モニター搭載の筐体に対応
・収益向上に繋げられるよう稼働後の従量課金を廃除
・発売後も不具合などのサポートを無料アップデートにて対応(アップデート時はネットワーク接続が必要)
・1 つの exA-Arcadia システムボードに最大4つのROM基板を同時接続が可能
(切替ることで 1 つの筐体で 4 つのゲームが稼動可能)

 なお、現在、exA-Arcadia システムボードおよびROM基板の価格は未定だ。

※exA-Arcadiaサイト(2月9日より開設予定)



(C)2017 , 2018 TANOSHIMASU CO., LTD.