“E3 2018”一般チケット発売が2月12日より開始 “E3 Coliseum”の開催も決定

アメリカ・ロサンゼルスで2018年6月12日~14日に開催される世界最大規模のゲーム見本市E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)について、チケットの一般販売が2月12日正午(北米時間)より実施されることが発表された。併せて、Geoff Keighley氏がホストを務める“E3 Coliseum”も開催決定。

 アメリカ・ロサンゼルスで2018年6月12日~14日に開催される世界最大規模のゲーム見本市E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)について、チケットの一般販売が2月12日正午(北米時間)より実施されることが発表された。併せて、Geoff Keighley氏がホストを務める“E3 Coliseum”も開催決定。

 一般用チケットはE3公式サイトで販売される。E3の一般公開は昨年に続き2度目。E3 2016では、その前触れとなるファン参加型の無料イベント“E3 LIVE”を、E3会期中に会場近くのイベントスペースL.A. Liveで実施するといった試みを行っていた。

 また、併せてThe Game Awardsの主催者であるGeoff Keighley氏がホストを務めるイベント“E3 Coliseum”が、昨年に続き開催が決定している。“E3 Coliseum”は、開発者を招いてのパネルディスカッションやプレゼンテーションを実施するというもので、今年も2017年同様に3日間に渡って実施するとのこと。
 2017年は『Assassin’s Creed』最新作や『God of War』に関するプレゼンテーション、小島秀夫監督と映画『キングコング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督によるトークセッションなどが行われた。