『星と翼のパラドクス』スクウェア・エニックスが放つアーケード市場10年目の新規IP【先出し週刊ファミ通】

スクウェア・エニックスの完全新作アーケードゲーム『星と翼のパラドクス』。週刊ファミ通2018年2月22日号(2018年2月8日発売)では、本作のゲームシステムの詳細とともに、プロデューサー・丹沢悠一氏のインタビューを実施。併せて、キャラクターデザインを務める貞本義行氏のコメントも掲載している。

 スクウェア・エニックスがアーケードゲーム市場に本格参入してから10年の節目となる2018年。完全新規IP『星と翼のパラドクス』の開発が明らかになった! 8対8で展開するチームバトルとなる本作は、可動式の大型筐体で楽しむアクションゲーム。開発を『ガンスリンガー ストラトス』のバイキングが担っているほか、サンライズも制作チームとして参加。キャラクターデザインに貞本義行氏、メカニックデザインに形部一平氏を起用しており、超豪華なクリエイター陣が結集して作り上げている。週刊ファミ通2018年2月22日号(2018年2月8日発売)では、『星と翼のパラドクス』のゲームシステムの詳細とともに、プロデューサー・丹沢悠一氏のインタビューを実施。さらに、貞本義行氏のコメントも掲載している。

 詳細は、週刊ファミ通2018年2月22日号(2018年2月8日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle

(C) SQUARE ENIX SUNRISE
(C) 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. / SUNRISE
※画面は開発中のものです。