2018年1月ソフト・ハード売上ランキング速報 『モンスターハンター:ワールド』がソフトランキング首位に

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2018年1月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2018年1月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。集計期間は2018年1月1日~2018年1月28日(4週分)。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

ファミ通ゲームソフト・ハード売上ランキング1月速報

・「モンスターハンター:ワールド」がソフトランキング首位。さまざまな記録を塗り替える好調なスタート。

・ビッグタイトルの登場でハード市場にも好影響、プレイステーション4が11ヵ月ぶりの販売台数首位に。

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2018年1月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上データをまとめました。集計期間は2018年1月1日~2018年1月28日(4週分)です。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】
1位モンスターハンター:ワールド(PS4) カプコン 1,350,412本
2位スプラトゥーン2(Switch) 任天堂 219,595本
3位スーパーマリオ オデッセイ(Switch) 任天堂 190,252本
4位マリオカート8 デラックス(Switch) 任天堂 169,586本
5位ディシディア ファイナルファンタジー NT(PS4)スクウェア・エニックス 137,304本

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】
1位 プレイステーション4(合計)  330,137台(先月1位Nintendo Switch 993,318台)
2位 Nintendo Switch  269,047台(先月2位プレイステーション4(合計) 312,665台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】
1位 カプコン 142.7万本
2位 任天堂 115.2万本
3位 スクウェア・エニックス 20.5万本


【2018年1月期の家庭用ゲーム市場について】

 1月期のソフトランキングでは、「モンスターハンター:ワールド」(カプコン/2018年1月26日発売/PS4)が3日間の集計期間で135.0万本を売り上げ、首位を獲得しました。PS4ソフトで過去最高の初週販売本数となっただけでなく、累計でも歴代の記録を更新。パッケージ版の品薄といち早く遊べることから、ダウンロード版の販売も好調で、合算では200万本を超える勢いと推測されます。さまざまな記録を塗り替える立ち上がりで、今後の動きが注目されます。さらにハード市場でも、同タイトルの好調によりプレイステーション4の販売が拡大。月間で33.0万台を販売し、2017年2月期以来のハード販売首位となりました。

 一方、年始商戦においても、Nintendo Switchの勢いが続いています。月間ソフトランキング2位から4位には、Nintendo Switch向けタイトルがそろってランクイン。2位の「スプラトゥーン2」(任天堂/2017年7月21日発売/Switch)は累計が197.2万本に達し、2月期にはダブルミリオンに到達する見込みです。

 そのほかの新作では、5位の「ディシディア ファイナルファンタジー NT」(スクウェア・エニックス/2018年1月11日発売/PS4)や、7位の「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」(任天堂/2018年1月18日発売/Switch)がソフトランキングの上位に登場しました。

 2018年2月期には、「真・三國無双8」(コーエーテクモゲームス/2018年2月8日発売予定/PS4)や、「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」(バンダイナムコエンターテインメント/2018年2月8日発売予定/PS4・Xbox One)といった人気シリーズの新作が発売されます。2月10日からは幕張メッセで「闘会議 2018」も開催され、今後のゲーム業界の新たな展開に期待が集まります。

<ファミ通調べ>

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。
2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)

◆株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について
 株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:浜村 弘一)は2017年7月3日、カドカワ株式会社の100%子会社として設立。『ファミ通』や『B's-LOG』ブランドをはじめとする、様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営を行っています。情報誌や書籍の出版だけでなく、Webメディアやイベントの企画・運営、ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、ゲームマーケティング事業など、あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開しています。
公式サイトURL: http://gzbrain.jp