2018年1月25日(木)~1月29日(月)の期間、台北世界貿易センターで開催中の台北ゲームショウ2018。一般公開日3日目となる2018年1月28日、PlayStationブースで、カプコンのプレイステーション4ソフト『モンスターハンター:ワールド』のステージが行われた。

 2018年1月25日(木)~1月29日(月)の期間、台北世界貿易センターで開催中の台北ゲームショウ2018。一般公開日3日目となる2018年1月28日、PlayStationブースで、カプコンのプレイステーション4ソフト『モンスターハンター:ワールド』のステージが行われた。2018年1月26日にワールドワイドでのリリースを迎えた『モンスターハンター:ワールド』だが、その人気は台湾でも絶大。PlayStationブースで行われたステージには、会場を埋め尽くす観客が訪れ、異様な熱気に包まれた。

ステージには、『モンスターハンター:ワールド』のプロデューサーの辻本良三氏、ディレクターの徳田優也氏が登壇。台湾でもふたりの認知度は高いようで、登場とともに会場には大歓声が!
ステージ中盤には、徳田氏と台湾の人気タレント・シェージェーリンさんのほか、ふたりのユーザーを交えて“電影走るは トピカガチ”をデモプレイ。

 ステージの最後には、『モンスターハンター:ワールド』と『ストリートファイターV アーケードエディション』とのコラボ企画が発表! これは、リュウとさくらのセット装備を手に入れるためのクエストを配信するというもの。企画は、第1弾と第2弾に分かれており、第1弾は2018年2月中旬にリュウのクエストを配信。『ストリートファイターV アーケードエディション』のセーブデータがあれば、ひと足先にこのクエストをプレレイできるとのこと。

 ステージでは、本コラボに関する特別映像が公開。映像の中では、リュウとさくらのセット装備を身に着けた状態でのアクションが披露された。有料のジェスチャーとして波動拳や昇竜拳も用意されており、こちらは実際にダメージが入り、昇竜拳の無敵時間も再現されているようだ。この無敵時間、使いかたによってはプレイに役立つことも……!? ちなみに、第2弾のさくらのセット装備のクエストについては、詳細は後日の発表になるとのこと。日本向けの施策についてはとくに言及がなかったが、追加情報を待ちたいところだ。

 世界発の新情報が飛び出してものすごい熱気に包まれた本イベント。最後に辻本氏が「台湾には熱いファンの皆さんがいらっしゃいますが、シリーズで初めて繁体字版のローカライズができました。どうか楽しんでいただけたらと思います。僕らも日本に帰ったらプレイしますので、今度はオンライン上で会いましょう!」と台湾ファンにメッセージを送り、イベントの締めとなった。

1月29日15:00 修正
記事タイトル・本文中にて、発表内容を“リュウとサクラの重ね着装備”と表記しておりましたが、正しくは“セット装備”となります。関係者並びに読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。