大量のクリーチャー&新筐体が生み出す臨場感! 『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』プレ・ロケテストインプレッション

セガ・インタラクティブのガンシューティング、『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』のプレ・ロケテストが開催。そのインプレッションをお届けする。

 2018年1月19日、東京・セガ秋葉原3号館にて、セガ・インタラクティブのガンシューティング、『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』のプレ・ロケテストが開催された(2018年1月21日まで実施予定)。ここではそのインプレッションをお届けする。

今回のプレロケテストはセガ秋葉原3号館の1F、正面入口で実施中。専用筐体とチェーンソーを装備したクリーチャーのポップが目印だ。

新生『HOD』は筐体ギミックでも魅せる

 アーケードを代表するガンシューティングながら、久々の登場となった『HOUSE OF THE DEAD』(以下、『HOD』)シリーズ。最新作『SCARLET DAWN』でまず目を引くのは、やはりこれまでのシリーズとはまったく異なる筐体のデザインだろう。

『SCARLET DAWN』は体感型の筐体の中に入り、座ってプレイする。

 筐体の中に入ってプレイすることだけでもゲームへの没入感は増しているのだが、『SCARLET DAWN』の筐体には、ゲームの展開に応じて振動するイス、点滅する頭上のLED、足下から風が吹くなど、映画館の4DXのような機能が搭載されているのが特徴。また、設定によって銃撃音や爆発音といったSEを大幅にボリュームアップできる“爆音仕様”も搭載されており、こちらもまたゲームの迫力を増すための演出としてひと役買っている。

4DX機能や爆音仕様など、近年の映画館のトレンドを凝縮したような筐体内部。とくに爆音に関しては、いままでの体感系アーケードゲームでも味わったことがないぐらいのド迫力な音だった。

ガンデバイスは『HOD4』を踏襲したマシンガンタイプ。銃身の前方とサイドについているボタンを押すと、武器を切り替えられる。

筐体後部にもギミックを搭載。クリーチャーの目を押したり、筐体の前を人が通るとクリーチャーや筐体そのものが発光。さらに喋りだすことも。この筐体後部のギミックは、製品版ではさらにバリエーションが増加するとのこと。

筐体後ろからはプレイ中の画面を覗いて観戦することも可能。

ゲームの手触りは『HOD』シリーズそのもの

 今回のプレロケテストでは、クリーチャーが弱く生存しやすいノーマルモード、クリーチャーの質と量が大幅にアップするものの、武器を自由チェンジできるマスターモードのいずれかを選び、序盤の2ステージをプレイすることができた。2ステージといえどもおよそ15分に渡ってクリーチャーを撃ち続けることができ、ラストには巨大ボスが登場。さらに途中で力尽きてもクレジットを追加投入すればコンティニューが可能など、ロケテストとしてはかなりの長時間にわたってプレイが楽しめた。また、ステージはただ長いだけでなく、構成も凝った作りになっており、シャンデリアや樽、爆発物を撃ってクリーチャーを一網打尽にするギミック、バギーに乗って高速移動しながらクリーチャーを撃ち払うといったシーンが随所に挿入されつつ進行。プレ・ロケテストとは思えない、かなり”遊べる”内容になっていた。

ゲーム内で展開されるストーリーや世界観はこれまでのシリーズと地続き。『HOD4』をプレイした人にとっては見覚えのあるキャラクターもちらほらと出演している。

道中には攻撃に使えるギミックのほか、明らかにステージが分岐するような場所もいくつか見られた。

 銃撃の感覚は、メイン武器がマシンガンになった『HOD4』とほぼ同じ。連射が効きリロードも弾が切れればオートでリロードされるため、ノーマルモードならアバウトな照準でもサクサク進んでいけそうだった。一方、マスターモードのクリーチャーはなかなか耐久力があるうえ、一度に現れるクリーチャーの数が過去作よりも遥かに多いため、なるべくヘッドショットを狙ったり、自分に近い位置にいるクリーチャーや、攻撃モーションに入った個体から始末したりといったことを心がけないと、プレ・ロケテストとはいえノーコンティニューでクリアーは厳しいだろう。ただ、マスターモードには好きな武器を2種類持ちこめるという強みがあるので、これを積極的に活かしたいところだ。

マスターモード時に選べる武器はショットガン、火炎放射器、グレネードランチャー、手榴弾、レーザーガン、ロケットランチャーの6種類。

大量のクリーチャーが密集するような場面は持ちこんだ武器の格好の使いどころといえる。

味方を救助できるふたりプレイは、ひとりプレイと比べるとかなり生き延びやすい。ふたりで同じ敵を同時に撃ってスコアを稼ぐなど、協力プレイならではのテクニックも存在するようだ。

敵のバリエーションも豊富。まずはアーマーを剥がして肉体を露出させないとダメージが通らない巨大ボスを筆頭に、頭部を斧でガードするクリーチャー、素早い動きと爪による攻撃がやっかいな小型のクリーチャーなどが、要所でプレイヤーを待ち受ける。

 また、今回のプレロケテストでは実装されていなかったが、製品版ではAimeを使ってスコアの保存ができるほか、本作を“くり返し遊ぶ際にモチベーションになるもの”が用意される予定とのこと。そして2月に行われるJAEPOにはさらに開発が進んだバージョンがプレイアブル出展される予定なので、気になる人はそちらにも足を運んで見てほしい。

ロケテストをプレイするともらえるステッカーは、Aimeのサイズにジャストフィット。本作をやり込む予定の人は、ぜひAimeを『HOD』仕様にして製品版の稼動を待とう。