『ストリートファイターV アーケードエディション』発売記念イベントをリポート! 綾野プロモーションプロデューサーやプロゲーマーも来場

2018年1月18日、東京都梅島のゲオ梅島店にて、『ストリートファイターV アーケードエディション』の発売記念イベントが実施された。

 2018年1月18日、東京都梅島のゲオ梅島店にて、『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)のイベントが実施された。

 『ストV AE』は2018年1月18日に発売となった、『ストV』の最新バージョン。旧バージョンから新プレイアブルキャラの追加やバトルバランスの変更が施され、大幅にリニューアルした内容となっている。

 本イベントはその発売日に合わせ、『ストV AE』の対戦やトーナメント大会が体験できる催しとして、ゲームショップのゲオ梅島店の店内にて実施された。会場にはカプコンの綾野プロモーションプロデューサーに加え、プロゲーマーのときど選手とマゴ選手が登場。イベント開始時間の13時には、発売日を心待ちにしていた『ストV』ファンが多数来場し、一体となって体験会を楽しんだ。

体験会はゲオ梅島店の店内の一角に設けられた特設会場にて実施。

綾野氏(写真奥)はお馴染みの春麗コスプレで登場。ときど選手(写真中央)は所属するチームのユニフォーム姿で来場した。

写真手前がマゴ選手。ゲストプレイヤーふたりは交代で来場者との対戦を楽しんだ。

 イベント最初のプログラムは対戦会。現地にはプレイステーション4版の対戦台が2セット用意され、来場者が交代制で新バージョンの対戦を体験した。

 ひとつの対戦台では片方の席にゲスト選手が座り、来場者と対戦。ときど選手は豪鬼やリュウ、マゴ選手は新キャラクターのさくらを使用し、対戦相手と会話をかわしつつ和やかな雰囲気で対戦が楽しまれた。

 また対戦台のすぐ近くでは綾野氏がマイクを持ち、試合を見つつキャラやゲームシステムの解説を披露。ゲスト選手と交代で来場者の対戦相手も務めた。

 対戦会に続いてのプログラムはトーナメント大会だ。出場希望者は対戦会が行われている間に募り、16時の大会開始時間には17名の希望者が集結。対戦台2セットを使用し、2試合先取制、敗者復活なしのシングルイリミネーショントーナメントが争われた。

 出場者の中には、初めて『ストV』をプレイするという初心者プレイヤーから、すでに本作を購入してから訪れたと思われる動きを見せる選手もおり、腕前はさまざま。発売されたばかりの新作ということもあり、多くの選手は探り探りの雰囲気の中での真剣勝負を楽しんだ。

 トーナメントは序盤は2台進行し、ベスト4からは1台進行に移行。多くのギャラリーが見守る中、大会の終盤戦が争われた。
 決勝戦に進出したのはちょぐ選手(バイソン)とはいね選手(ガイル)。バイソンがガイルのソニックブームをかいくぐって気持ちよくラッシュを仕掛けるシーンが目立ち、終始バイソンが優勢。最後はダッシュストレートからの派生中段攻撃がヒットしてフィニッシュとなり、ちょぐ選手が優勝となった。

来場者の希望により、大会終了後にはゲストプレイヤーふたりによるエキシビジョンマッチが披露。

 以上で本イベントの全プログラムが終了。お開きとなったあと、綾野氏とゲストプレイヤーふたりに“新しくなった『ストV AE』において期待していること”をお聞きしてきたので、そのコメントを掲載しよう。

綾野氏 『ストV AE』にはアーケードモードを追加するとともに、パッチで“チームバトルモード”を実装しました。こちらはオフライン専用の機能となっており、ゲームシステムで3vs.3~5vs.5のチーム戦ができます。いままで対戦シーンではシングル戦を中心に盛り上がってきましたが、これからはオフラインのチーム戦も楽しんでもらい、もっと横のつながりが広がってくれるとうれしいですね。そのほか、ゲーム内ではチャレンジコンテンツとしてビューティフルジョーのコスチュームが手に入るモードなどを配信します。対戦だけではなく、ひとりで遊べるモードにも期待してほしいと思います。

ときど選手 僕らはあまりストーリーモードをやらない身なのですが、プレイヤー人口の裾野を広げるためには、その辺りをもっと強化してほしいですね。開発陣には「そんなことわかってるよ!」って言われてしまうかもしれませんが(笑)。『ストV AE』にはひとりでも楽しめるモードとして、すごい強い豪鬼を倒すモードがあります。初心者がいきなり対戦に挑むのは少し敷居が高い部分があるので、そういうソロプレイモードをダウンロードコンテンツなどで充実させていってほしいですね。

マゴ選手 オンライン周りに期待していますね。『ストV』を初めてプレイした人が対戦に興味を持ったときには、“どんなもんだろ”って感覚でネット対戦をやると思います。そのときに、ゲーム進行のテンポがよくなかったり、マッチングであまりにも強いプレイヤーとあたったりしてしまうと、どうしてもプレイするモチベーションが減ってしまうので、その部分がよりよくなると、うれしいですね。もうひとつ、上級者に向けて、ランクマッチにさらに上のリーグが欲しいです。現在いちばん上のリーグが“グランドマスター”となっていますが、もっと上があってもいいと思います。ランクマッチをやる理由が欲しいですね。綾野さんよろしくお願いします(笑)。