オープンワールドアクションアドベンチャー『Yonder』のPS4版が、日本一インディースピリッツで配信決定!【先出し週刊ファミ通】

海外で高い評価を得た、オープンワールドのアクションアドベンチャーが、日本一イ ンディースピリッツの最新作として登場!

 “日本一インディースピリッツ”は、おもしろくて斬新な海外のタイトルを発掘し、国内に移植・販売を行う日本一ソフトウェアのプロジェクト。その最新作として、海外のゲームスタジオPrideful Slothが企画・開発した『Yonder』が、2018年2月22日にプレイステーション4用ソフトとして配信されることが決定した。日本でのタイトルは、『Yonder 青と大地と雲の物語』で、価格は2000円[税抜](2160円[税込])。本作の舞台は、黒い霧に覆われた自然豊かな島ジェメア。大海原を航海していた主人公は、嵐に遭遇して島に漂着。そこで出会った妖精のエアリーに導かれ、島を覆う黒い霧を晴らすために冒険をくり広げていく。

 詳細は、週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle



(C)2017-2018 Prideful Sloth Pty Ltd. All Rights reserved. ※画面は開発中のものです。