2018年1月11日、任天堂が配信したWebプレゼンテーション番組“Nintendo Direct mini 2018.1.11”の中で、Nintendo Switch版『イースVIII -Lacrimosa of DANA- 』が日本一ソフトウェアから発売されることが発表。これまで『イース』シリーズを手掛けてきた日本ファルコムではなく、日本一ソフトウェアから発売されることになった経緯などについて、日本一ソフトウェアの新川社長と日本ファルコムの近藤社長が語るインタビューが公開された。

 2018年1月11日、任天堂が配信したWebプレゼンテーション番組“Nintendo Direct mini 2018.1.11”の中で、Nintendo Switch版『イースVIII -Lacrimosa of DANA- 』が日本一ソフトウェアから発売されることが発表。

 これまで『イース』シリーズを手掛けてきた日本ファルコムではなく、日本一ソフトウェアから発売されることに疑問を感じた人も多いのではないだろうか? その疑問への回答として、日本一ソフトウェアの公式サイト内に、日本一ソフトウェアの新川社長と日本ファルコムの近藤社長のインタビューが公開された。インタビューでは、日本一ソフトウェアから発売されることになった経緯が両社長より語られている。また、“そもそもイースシリーズとは何か?”ということについても解説が行われているので、シリーズファンはもちろん、これまでプレイしたことがない人も、ぜひチェックしてみよう。

※日本一ソフトウェア 新川社長 × 日本ファルコム 近藤社長 インタビューページ