一般社団法人ロケーションベースVR協会が、VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインを施行。13歳未満の子どもでも“注意事項”に準拠のうえ利用可能に

一般社団法人ロケーションベースVR協会がVRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインを発表した。

 ロケーションベースVRの運営に関わっている会社などにより構成される一般社団法人ロケーションベースVR協会が、VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインを制定。2018年1月5日より施行された。VRヘッドセットの使用に関しては、これまで13歳未満は非推奨とされていたが、今回のガイドラインでは、13歳未満の子どもに対するVRコンテンツの利用に際しては、“注意事項”にもとづいて、「保護者に同意を得た後、保護者の責任でご利用ください」(ガイドラインより)とされている。

 ロケーションベースVR協会が設定した注意事項は以下の通り。 

【注意事項】
・7歳未満のお子様にはご利用させないでください。
・VRコンテンツの内容について、保護者がふさわしくないと判断されるものはご利用させないでください。
・VRコンテンツのご利用時間について、連続20分のご利用に対し、10分から15分程度の休憩をとってください。
・斜視や複視、その他、視力の異常や眼科的疾患のあるお子様や、眼科に通われているお子様は、専門医に相談の上、ご利用ください。
・ご利用後にお子様の視力について異常が見られた場合、早急に専門医を受診してください。