「すべてのプロレスを『ファイプロ ワールド』に!」プロレスラー&『ファイプロ ワールド』開発者がコラボ実現の経緯を語る!!

2018年1月3日に開催された“大プロレス祭り2018”で、新日本プロレスと『FIRE PRO WRESTLING WORLD(『ファイヤープロレスリング ワールド』)』(以下、『ファイプロ ワールド』)のコラボが発表された。今回は発表会の模様と、新日本所属のプロレスラー&『ファイプロ ワールド』開発者のインタビューを掲載する。

プロフィール

真壁 刀義(まかべ とうぎ)

新日本プロレス所属。“暴走キングコング”

KUSHIDA(くしだ)

新日本プロレス所属。“タイム・スプリッター”

松本 朋幸(まつもと ともゆき)

『FIRE PRO WRESTLING WORLD(ファイヤープロレスリング ワールド)』総監督

田村 季章(たむら としあき)

『FIRE PRO WRESTLING WORLD(ファイヤープロレスリング ワールド)』開発ディレクター

 2018年1月3日、プロレスファン、そしてプロレスゲームにとって革命的ともいえるコラボレーションが実現した。新日本プロレスが開催した、1.4東京ドーム大会の前夜祭的イベント“大プロレス祭り2018”。新年らしく、新日本プロレス所属の真壁刀義選手とKUSHIDA選手、そして1.4東京ドーム大会のアンバサダーを務めるSKE48の松井珠理奈による鏡開きで幕を開けたこのイベントで、スパイク・チュンソフトの『FIRE PRO WRESTLING WORLD(ファイヤープロレスリング ワールド)』(以下、『ファイプロ ワールド』)と新日本プロレスのコラボが発表されたのだ。

新年の鏡割りを行う、(写真左から)KUSHIDA選手、松井珠理奈、真壁刀義選手。

新日本プロレスとのコラボが実装されるPS4版は2018年夏発売予定!

 発表会には、『ファイプロ ワールド』総監督の松本朋幸氏と、『ファイプロ ワールド』開発ディレクターの田村季章氏が登場。大プロレス祭り2018に駆けつけたファンの前で、『ファイプロ ワールド』と新日本プロレスのコラボを発表。プレイステーション4(以下、PS4)版の『ファイプロ ワールド』に新日本プロレスの選手が実名で登場するほか、2017年の新日本プロレスをベースにしたストーリーモードが搭載されることが明らかになった。そして、PS4版の発売日が、2018年夏であることも初めて公開された。

『ファイプロ ワールド』と新日本プロレスのコラボを発表する、『ファイプロ ワールド』総監督の松本朋幸氏(写真中央)と田村季章氏(写真右から2人目)。

 『ファイプロ ワールド』のCMにも出演する真壁選手は、『ファイプロ』について聞かれると「知ってるに決まってんだろ? やっぱりハリケーン力丸だよな。あとビクトリー武蔵な」と、かつて使用していた(?)選手名を披露して会場を沸かせると、KUSHIDA選手も、「僕は『ファイプロ』がきっかけでプロレスを見るようになったんですよ。正月からいいニュースですね」と、少年時代のエピソードを披露しながら大喜び。そんな根っからの“ファイプラー”であるふたりが、『ファイプロ』開発陣がこの日のために用意した『ファイプロ ワールド』の真壁選手とKUSHIDA選手を使って対決を行うことに!

実名選手として入場する自分を見て大喜びのふたり。ちなみに入場曲も、選手オリジナルのものを採用。これはうれしい!

 両選手とも『ファイプロ』は久しぶりとあって、技を空振りしたり操作がおぼつかないシーンも見られたが、最後はKUSHIDA選手が自身のフィニッシュホールドである“バック・トゥ・ザ・フューチャー”を決めて見事に勝利。試合後は、『ファイプロ ワールド』特製のチャンピオンベルトが手渡され、初代『ファイプロ ワールド』王者に認定された。

自身のフィニッシュホールドで、ヘビー級の真壁選手から見事にピンフォールを奪ったKUSHIDA選手が初代『ファイプロ ワールド』王者に!

初代王者に、『ファイプロ ワールド』のCMでナレーションを務めるタグチジャパン監督の田口隆祐選手が挑戦表明! なお、この対決の模様は、サムライTVの番組『新日本プロレス大作戦』内でオンエア予定とのこと。

 発表会の最後に、『ファイプロ ワールド』と新日本プロレスのコラボについてのアピールを求められた松本氏は、「3つだけ言わせてください」と、新日本プロレスのIWGPヘビー級王者であるオカダ・カズチカ選手の試合後のマイクアピールを彷彿させるセリフに続いて、「ひとつ! 貴重なお時間をいただき、皆様ありがとうございました。ふたつ! 新日本プロレス様、今回のコラボ、ありがとうございました。3つ! ……とくにありません(会場笑&拍手)。……と言いたいところですが、今日は『ファイプロ』を作り続けて20年、『ファイプロ』一筋にがんばってきた、開発ディレクターの田村さんにひと言いただいてもよろしいですか?」と、『ファイプロ』の師匠である田村氏にマイクを預ける粋な演出。松本氏からマイクを受け取った田村氏は、「長年『ファイプロ』を作ってきましたが、まさか新日本プロレスさんとこんな大きなコラボをすることになるなんて、夢にも思っていませんでした。開発スタッフ一同、たいへん興奮しております。その気持ちをゲーム開発にぶつけて、皆さんが楽しんでいただけるモノを作っていきますので、ぜひ応援よろしくお願いします」と真面目に挨拶し、発表会を締めくくった。