小島秀夫監督が『DEATH STRANDING』について語る、ノーマン・リーダスが水の中を漂うシーンはプレイアブル 【PSX2017】

小島秀夫監督『DEATH STRANDING』の最新映像が公開。ソニー・インタラクティブエンタテインメント、アンドリュー・ハウス氏、マーク・サーニー氏、そして小島秀夫監督を交えてのトークが行われた。

 アメリカ・アナハイムにて、2017年12月9、10日(現地時間)に行われる、プレイステーションファンのためのイベント“PlayStation Experience 2017”。同イベントに先駆けて、発表イベント“PlayStation Presents”が開催され、先日の“The Game Awards 2017”で披露された小島秀夫監督『DEATH STRANDING』の最新映像を会場で改めて紹介。ソニー・インタラクティブエンタテインメント、アンドリュー・ハウス氏、マーク・サーニー氏、そして小島秀夫監督を交えてのトークが行われた。

『DEATH STRANDING』最新映像がお披露目! 新生児やクリーチャーらしき姿も【The Game Awards 2017】

全世界のゲームメディアが選ぶゲームアワード“The Game Awards 2017”が2017年12月7日(現地時間)にロサンゼルスにて開催。同アワードにて、小島秀夫監督率いるコジマプロダクションが開発を進めているプレイステーション4用ソフト『DEATH STRANDING』の最新映像が公開された。

『Death Stranding』約8分に渡る最新映像が公開に【The Game Awards 2017】

小島秀夫監督率いるコジマプロダクションが開発を進めているプレイステーション4用ソフト『DEATH STRANDING』の最新映像が、Youtubeに公開されている。

 小島秀夫監督によると、今回公開されたトレーラーは、プレイステーション4 Proの実機で動いているものとのこと。そして、後半の主人公(ノーマン・リーダス)が水中を漂うシーンは、プレイアブルだという。

 また、小島監督はアンドリュー・ハウス氏との親交にも言及。小島監督がアンドリュー・ハウス氏と食事をするときは、「仕事の話はしません。70年~80年代の欧米のテレビドラマの話をします」と、冗談めかして共通の趣味を明かしたあとで、アンドリュー・ハウス氏と、仕事をすることになったいきさつを紹介。小島監督が独立するときにいろいろなところからオファーがあったそうだが、「自由にモノづくりがしたいので、僕のことを理解しているところと仕事がしたかった」という小島監督は、アンドリュー・ハウス氏に会って「こんなものを作りたい作りたい」という相談をしたのだという。通常プロジェクトを始動させるときは、役員室でピッチ(プレゼン)をして、「これだけ売り上げを作ります」といった詳細な説明をしてから承認を得るものだが、このときアンドリュー・ハウス氏は、2、3分口頭で説明しただけなのに、「OK!」と言ってくれたという。「アンディーさんとは付き合いも長いし、信頼関係もあります。アンディーさんがいなかったら、『DEATH STRANDING』は生まれなかった」と、ふたりの深い信頼関係をうかがわせるエピソードを披露してくれた。

 そして、「アンディーさんといっしょにやりましょう」ということで、『DEATH STRANDING』のプロジェクトが始動することになる。それが、2016年1月なのだが、「企画は考えていたが、テクノロジーはないし、エンジンもツールもない」ということで、友だちであるマーク・サーニー氏に相談したところ、世界中のスタジオを回ることになった。そこで、ゲリラゲームズのCEOヘルマン・フルストと出会い、“DECIMA(デシマ)”を『DEATH STRANDING』のゲームエンジンとして採用することになったという。

 「昨年の1月当時は何もなくて、当時4人で仮事務所という状態でしたが、皆さんやさしくしてくれました」(小島監督)ということだが、「(これはいろいろなところで語っているのですが)ゲリラゲームズの皆さんはプレゼンが終わってひとつの箱をくれました。箱を開けてみると、中には“DECIMA(デシマ)”のソースコードがすべて入っていたんです。契約書もない状態で、“持って帰ってください”と言われたんですね。思わず泣きそうになって、ここと仕事をしたいと思いました」と、ゲリラゲームズとの印象的なやり取りを語ってくれた。

 『DEATH STRANDING』というゲームのテーマは“つながり”だという小島監督。「最初にアンディーさんとソニーさんとのつながりがあって、マークとのつながりがあって、さらに皆さんとのつながりがある」(小島監督)と、『DEATH STRANDING』がそういった“つながり”の上に成り立っていると吐露。会場から大きな拍手を受けた。

※配信番組をキャプチャーしたものです。