“アドバンスドテクノロジーラボ”が先鋭的VR・MRコンテンツを体感できるイベントを12月19日に開催

オープンイノベーションスペース“アドバンスドテクノロジーラボ”は、2017年12月16日に“ATL SHOWCASE フェス 2017”を開催。イベントでは先鋭的なVR・MRコンテンツの体験イベントや、コンテンツ製作者によるトークセッションなどが行われる。

 リクルートテクノロジーズが運営するオープンイノベーションスペース“アドバンスドテクノロジーラボ”は、2017年12月16日に“ATL SHOWCASE フェス 2017”を開催。先鋭的なVR・MR コンテンツの体験イベントやコンテンツ製作者によるトークセッションなどが実施される。体験会は申込性で、入場は無料。特設サイトより受付が行われている。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

 株式会社リクルートテクノロジーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)が運営するオープンイノベーションスペース「アドバンスドテクノロジーラボ(以下:ATL)」にて、2017年12月16日(土)14時から「ATL SHOWCASE フェス 2017」を開催します。
 ATLでは2017年6月のオープン以降、クリエイターや開発者を”ATL客員研究員”として迎え、最新のVR開発用機材に加えてモーションキャプチャー等の設備を無償提供し、研究開発を支援しています。本イベントではATL客員研究員が制作したVRコンテンツを中心にMR、モーションキャプチャーデータを用いた映像作品など全12作品を展示、いずれも”先鋭的”なVR・MRコンテンツの体験が可能です。また、各作者によるライトニングトークも実施、制作秘話などをお話します。

■当日体験できるVR・MRコンテンツについて
 ATLの設備を活用し、そこで作られた ATL 客員研究員の作品を展示するのが、「ATL SHOWCASE」サイト。当日はサイト内のコンテンツは全て体験可能です。

※イメージ写真

・仮想世界内のスイカを、現実世界の人が割るという逆転の発想のスイカ割り「そこに西瓜はあるのかい」
・Hololensを通して焼き芋を焼くほっこり体験「HoloTakibi」
・仮想世界で延々と遠くまで歩いたはずなのに、現実世界では元の場所に戻るという不思議体験「VR錯覚ターン」
・プリンに醤油をかけたらウニの味がするのか?VIVEとロボットアームを使った作品にあなたは騙される!?
・Hololensからも2作品。作者本人に開発エピソードを聞いてみては?
・VIVEコントローラーを振って走ったり、パンチしたり、ジェンガしたり、ATLなら機材無料でこんな作品が個人で作れます!

 などなど、約12の作品を当日は体験可能な状態でお待ちしております!
 全作品、作品の作者本人にもお越しいただいきますので、開発時のエピソードや技術ネタで話が盛り上がるかもしれませんね!
 各作者によるライトニングトークも予定しています。(LT開催時間は追ってご案内します)

 簡易な食事やアルコールなどもご用意してお待ちしております!

HoloTakibi
HoloLens を通じたたき火と焼き芋体験

踊麺 -オド・メン-
モーションキャプチャーによる拉麺ツイスト

VR錯覚ターン
空間認識を錯覚させて歩かせるRedirected

■「ATL SHOWCASE フェス 2017」開催概要
イベント名:ATL SHOWCASE フェス 2017
開催日程:2017年12月16日(土) 14:00-19:00
     ※ライトニングトーク初回は15時開始予定
開催場所:アドバンスドテクノロジーラボ
     〒150-0012 東京都渋谷区広尾 3-12-36 ワイマッツ広尾ビル 4F
     最寄駅:恵比寿駅(徒歩7分) 広尾駅(徒歩15分)
主催:株式会社リクルートテクノロジーズ
その他:一般参加者のイベント参加のお申込みは下記からお願いします。
    https://peatix.com/event/324877/view