『逆転裁判4』ニンテンドー3DS版発売記念! 巧舟氏に訊く『逆転裁判4』アレコレ

2007年に発売されたニンテンドーDS用ソフト『逆転裁判4』。新人弁護士・王泥喜法介、最初の活躍を描く本作が、2017年11月22日にニンテンドー3DS用ソフトとしてリファインされて発売中だ。今回、本作の発売を記念して、『逆転裁判』シリーズの生みの親で『逆転裁判4』の原作・総監督を務めた巧舟氏にインタビューを決行! 『逆転裁判4』にまつわるアレコレを聞き出したぞ。 ※本記事は、週刊ファミ通2017年12月7日号(2017年11月22日発売)に掲載された内容を抜粋、再編集したものです。

巧舟(たくみ・しゅう)。『逆転裁判』シリーズの生みの親であり、脚本・ディレクターを担当。シリーズの『1』~『3』までの企画・脚本・監督を手掛け、最新作『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』を2017年8月に世に送り出した。『4』では原作と総監督を担当。

――ずばり、『逆転裁判4』のいちばんの見どころはどこでしょうか?

巧舟(以下、) “新章開廷”を合言葉に、新しい主人公・王泥喜法介が堂々登場。成歩堂龍一とはまた違った“熱さ”を秘めた彼の物語こそ、やはり見どころだと思います。また、『逆転裁判 蘇る逆転』から始まった“カガク捜査”の流れや、証拠品を全方向から調べたときに発見される“オドロキ”にこだわって、当時制作していました。

――王泥喜法介初登場となる本作ですが、彼が誕生する経緯や開発秘話を教えてください。

 『逆転裁判4』の“出発点”……それは、“成歩堂龍一の物語は『逆転裁判3』で決着がついたので、新しい主人公を登場させよう”というポイントで、すべてはそこから始まりました。オドロキくんの名前については、じつは当時“泥”という文字に物言いがつきましたが、“王”と“喜”の文字のカガヤキをもって説得した思い出があります。

――2007年の発売時の開発をいま振り返って、当時の思い出などはありますか?

 制作当時、世間で話題になっていた“裁判員制度”をゲームに取り入れるべし、というテーマがチームに課せられていました。そこから“メイスンシステム”が生まれたのですが、このシステムには当時、ミステリーゲームの見せかたとして“新しい可能性”を感じながら物語を作っていました。

――本作に収録されている、英語版『逆転裁判4』こと『Apollo Justice:Ace Attorney』のオススメポイントはありますか? また、英文は、巧さんが実際に読んでチェックしているのですか?

 日本語から英語へのテキストの翻訳は、シリーズをとても愛してくれているスタッフが担当しています。その甲斐あって、英語版のローカライズは、以前から海外で非常に好評です。同じシーンが英語ではどう表現されているか、比べてみるとおもしろいですよ。ちなみに、ぼくの専門はニホンゴなので、英語版は“おまかせ”です。

――巧さん自身、『逆転裁判4』の中でお気に入りのシナリオはありますか?

  第2話『逆転連鎖の街角』に思い入れがありますね。もともとは最初の『逆転裁判』より以前、1995年ごろに、ほかのゲーム企画のために考えたものが企画ごと消えてしまい、『逆転裁判4』開発時に、本作用にアレンジして復活させたという、ある種思い出深いシナリオです。

 家庭用ゲーム機では10年ぶりの発売となる『逆転裁判4』、主人公の王泥喜法介のほか、宝月茜やみぬきなど、魅力的なキャラクターも多数登場する。当時遊んだ人も、まだ遊んだことのない方も、この機会に触れてみてはいかがだろうか。



(C)CAPCOM CO., LTD. 2007, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.